国語Ⅱ

科目基礎情報

学校 奈良工業高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 国語Ⅱ
科目番号 0020 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 3
開設学科 機械工学科 対象学年 2
開設期 通年 週時間数 3
教科書/教材 「新高等学校 現代文B」(明治書院)「新高等学校 古典B」(明治書院)/「新国語便覧(新版四訂)」(第一学習社)、「常用漢字ダブルクリア」(尚文出版)、「作文・表現ハンドブック」Ⅰ・Ⅱ(第一学習社)、「新精選古典文法 改訂版」(東京書籍)
担当教員 松井 真希子,鍵本 有理

目的・到達目標

1. 高等学校2年生相当の漢字力や語彙力を身につけている。
2. 小説について、登場人物の心情の変化を読み取ることができる。また、自身の経験にひきつけて感想を述べることができる。
3. 評論文について、筆者の意見を的確に把握し、正確に要約することができる。また、筆者の意見に対して、自身の意見を、根拠をもって表現することができる。
4. 日本の伝統的な言語文化について興味・関心を持ち、その価値に気づくことができる。
5. 文語のきまり、漢文訓読のきまりを身につけている。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1話し手の指示や意見を的確に聞き取り、正確にまとめることができる。 聞き手を意識しながら、自身の意見や与えられた文章を、適切な声の大きさ、明瞭な発音で、述べたり読んだりすることができる。 話し手の指示や意見を的確に聞き取ることができる。 聞き手を意識しながら、自身の意見や与えられた文章を、述べたり音読したりすることができる。 話し手の指示や意見を聞くことができない。 聞き手を意識せずに、自身の意見や与えられた文章を、声の大きさや発音に気を留めずに述べたり音読したりする。もしくは活動時に発言しない。
評価項目2書物や文献に対して、批判的に読解し、自身の意見を抱き、正確に表現することができる。書物や文献に対して、自身の意見を抱き、表現しようと工夫することができる。書物や文献に対して、自身の意見を表現することができない、もしくは文章表現として著しい誤りがある。
評価項目3初見の文章について、内容を理解しながらスムーズに音読することができる。初見の文章について、句としてのまとまりを意識しながら音読することができる。初見の文章について、単語ごとに細切れに音読する。
評価項目4言葉に関心を持ち、疑問に感じた言葉を即座に調べ、習得することができる。 高校卒業程度の語彙力(漢検準2級~2級程度)を有しており、適切に運用することができる。 言葉に関心を持ち、疑問に感じた言葉を自主的に調べることができる。 高校在学程度の語彙力(漢検準2級程度)を有しており、適切に運用することができる。 言葉に関心がなく、初見の語であっても自主的に調べることがない。 中学校卒業程度の語彙力(漢検3級程度)を有しており、高校在学程度の語彙を誤って運用することがある。
評価項目5日本の伝統的な言語文化について興味・関心を持ち、その価値に気づくことができる。日本の伝統的な言語文化について、興味・関心を持つことができる。日本の伝統的な言語文化について興味・関心を持ったり、その価値に気づくことができない。
評価項目6文語のきまり、漢文訓読のきまりを身につけている。文語のきまり、漢文訓読のきまりについて、調べることができる。文語のきまり、漢文訓読のきまりについて、全く理解できない。

学科の到達目標項目との関係

準学士課程(本科1〜5年)学習教育目標 (3) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
他者との相互理解や相互伝達を円滑なものにするために、理解力や表現力とそれらを支える思考力や感性を培う。また、言語文化への理解を深め、多様な価値観を知ることを通して、豊かな人間性を育む。
授業の進め方と授業内容・方法:
高等学校第2学年に相当する国語の力を身につけるため、高等学校用の教科書を使用し、様々な文章を読み、多様な考えに触れる。自分が感じたり、考えたりしたことを口頭や文章によって表現する機会、クラスメイトの意見や考えに触れ、検討や議論を通して自分の考えを深める機会をもつ。
現代文は通年で週2時間、古典(古文・漢文)は前期または後期の半期集中で週2時間、授業を行う。
注意点:
関連科目
国語の運用能力は、人文や社会科学系の科目ばかりでなく、自然科学系の科目の基礎にもなる。
学習指針
授業中は発問を多くするので、積極的な発言や質問ができるよう準備しておくこと。
また、作文や創作の時間を有効に使えるように、日頃から問題意識を持って自分や自分の身の回りの世界に目を向けておくこと。毎週現代文の時間の冒頭で小テストをする。
自己学習
授業前に教科書の下読み、知らない言葉の下調べは必ず行うこと。プリント課題にも必ず取り組んでおくこと。
古典については毎時間、予習をすること。教科書の本文を写し、大事な注なども写しておく。そして、意味や訳のわからなかったところを授業で補い、ノートに記入するようにするとよい。
事前学習
現代文、古典ともに「自己学習」の箇所に記載の通り、予習を必ずしておくこと。
特に古典について、現代語訳については、授業ではポイントのみ重点的に取り上げるので、それ以外の箇所は必要に応じ自分で訳を書いてみること。
事後発展学習
現代文については本文を繰り返し読み込み、不明な部分がないようにする。また、自分で本文の要点を整理したり要約したりするのもよい。
古典については講義内容をノートにまとめておく(自分への参考書を作成するつもりで)。プリント課題等のある場合は、次の授業時までに解いておく。

学修単位の履修上の注意

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 現代文 ガイダンス
古典 ガイダンス(ノートの取り方) 説話「児の飴食ひたること」「大江山」
現代文 シラバスの内容を理解する。
古典 ノート作りの意義について理解できる。説話の面白さを理解することができる。
2週 現代文 評論(1) 見田宗介「幸福について」①
古典 物語(1) 『竹取物語』「かぐや姫の昇天」①
現代文 評論の基本的な読み方を習得する。
古典 古典の代表的な作品について、あらすじを理解できる。基本的な古典単語についての知識を身につける。
3週 現代文 評論(1) 見田宗介「幸福について」②
古典 物語(1) 『竹取物語』「かぐや姫の昇天」②
現代文 筆者の主張を的確に把握できる。
古典 古典作品の内容を読みとり、訳すことができる。『竹取物語』に込められたテーマを考える。
4週 現代文 小説(1) 中島敦「山月記」①
古典 古文の窓  漢文訓読(1年の復習)
現代文 李徴と袁傪の人柄が説明できる。
古典 敬語から主語を考えることができる。漢文訓読の基本的なきまりを身につける。
5週 現代文 小説(1) 中島敦「山月記②
古典 故事・逸話「矛盾」「推敲」
現代文 李徴の心情の変化と自己分析について説明できる。
古典 再読文字などのある漢文を訓読できる。故事成語について知る。
6週 現代文 表現活動(1) 「作文・表現ハンドブック」Ⅰ①
古典 随筆(1) 『徒然草』「雪のおもしろう降りたりし朝」「城陸奥守泰盛は」
現代文 原稿用紙を正しく使う事ができ、書き言葉や接続詞を正しく運用できる。
古典 随筆に込められた情趣や主題について理解できる。
7週 現代文 表現活動(1) 「作文・表現ハンドブック」Ⅰ②
古典 随筆(1) 『徒然草』「これも仁和寺の法師」
現代文 読み手を意識した文を書くことができる。
古典 話の面白さと結末について理解できる。
8週 前期中間試験
授業内容を理解し、試験問題に対して正しく解答することができる。
2ndQ
9週 前期中間試験返却・解説
現代文 評論(2) 長谷川眞理子「コンコルドの誤り」①
古典 史話・史伝 『史記』「鴻門之会」①
試験問題を見直し、理解が不十分な点を解消する。
現代文 本文中のキーワードが把握できる。
古典 日本と外国文化との関連に関心を持つことができる。登場人物の関係を理解できる。
10週 現代文 評論(2) 長谷川眞理子「コンコルドの誤り」②
古典 史話・史伝 『史記』「鴻門之会」②
現代文 筆者の主張を理解した上で、自身の意見が述べられる。
古典 漢文訓読の上で注意すべき語法・語句の知識を身につける。
11週 現代文 小説(2) 髙橋源一郎「白紙」①
古典 史話・史伝 『史記』「鴻門之会」③
現代文 場面の展開と、登場人物の心情について、正しく読み取ることができる。
古典 漢文の内容を理解し、歴史書の面白さを味わうことができる。
12週 現代文 小説(2) 髙橋源一郎「白紙」②
古典 物語(2) 『源氏物語』「光源氏誕生」
現代文 母と子の関係について考えを深めることができる。
古典 古典常識や敬語に関する知識を身につける。登場人物の人間関係を理解できる。
13週 現代文 表現活動(2) 「作文・表現ハンドブック」Ⅰ③
古典 物語(2) 『源氏物語』「小柴垣のもと」①
現代文 構想メモを活用して、自分の意見や考えをまとめることができる。
古典 『源氏物語』の「若紫」のあらすじを理解できる。
14週 現代文 表現活動(2) 「作文・表現ハンドブック」Ⅰ④
古典 物語(2) 『源氏物語』「小柴垣のもと」②
現代文 段落分けのルールを理解し、与えられた課題について作文することができる。
古典 内容や登場人物の心情が理解できる。重要古語や敬語の知識を身につける。
15週 前期末試験 授業内容を理解し、試験問題に対して正しく解答することができる。
16週 前期末試験返却・解説 試験問題を見直し、理解が不十分な点を解消する。
後期
3rdQ
1週 現代文 評論(3) 高階秀爾「「間」の感覚」① 現代文 全体の構成や展開を理解することができる。
2週 現代文 評論 (3) 高階秀爾「「間」の感覚」② 現代文 筆者の主張に対して、自身の意見を述べることができる。
3週 現代文 小説(3) 井上ひさし「ナイン」①
現代文 登場人物の関係と時間の流れを整理することができる。
4週 現代文 評論(3) 井上ひさし「ナイン」② 現代文 正太郎に対する印象の違いを説明することができる。
5週 現代文 評論(3) 井上ひさし「ナイン」③
現代文 英夫や常雄の立場を自分に置き換えて、考えを深めることができる。
6週 現代文 表現活動(3) 「作文・表現ハンドブック」Ⅱ①
現代文 読み手を意識した文章を書くことができる。
7週 後期中間試験 授業内容を理解し、試験問題に対して正しく解答することができる。
8週 後期中間試験返却・解説
現代文 小説 (4) 夏目漱石「こころ」①
試験問題を見直し、理解が不十分な点を解消する。
現代文 夏目漱石について、概略が説明できる。
4thQ
9週 現代文 小説(4) 夏目漱石「こころ」② 現代文 「私」の心情の変化を軸に、場面を正確に把握できる。
10週 現代文 小説(4) 夏目漱石「こころ」③ 現代文 「私」の心情と態度を関連づけて、その過程を正確に辿ることができる。
11週 現代文 小説(4) 夏目漱石「こころ」④
現代文 「K」が自殺した動機について、自分の意見が述べられる。
12週 現代文 小説(4) 夏目漱石「こころ」⑤ 現代文 『こころ』について、正確な日本語で感想文が書ける。
13週 現代文 小説 (4) 夏目漱石「こころ」⑥ 現代文 『こころ』に対する感想について意見交換し、考えを深めることができる。
14週 現代文 表現活動 (4) 「作文・表現ハンドブック」Ⅱ②
現代文 作文全体の構成を考えて適切に段落分けをして、600字の作文を書くことができる。
15週 学年末試験 授業内容を理解し、試験問題に対して正しく解答することができる。
16週 学年末試験返却・解説 試験問題を見直し、理解が不十分な点を解消する。

評価割合

試験課題小テスト合計
総合評価割合702010100
現代文能力4914770
古典能力216330