英語Ⅱ

科目基礎情報

学校 奈良工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 英語Ⅱ
科目番号 0023 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 3
開設学科 機械工学科 対象学年 2
開設期 通年 週時間数 3
教科書/教材 Genius English Communication II Revised (大脩館書店), Data Base 3000 (桐原書店), 総合英語「Forest」第7版(桐原書店)(いずれも1年次に購入済み), Genius English Communication Ⅱ 学習ノート
担当教員 前田 哲宏

目的・到達目標

1.英語を通じて、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を持つことができる。
2.英語を通じて、平和・音楽、動物、心理、哲学、科学技術などに関する情報や考えなどを的確に理解することができる。
3.英語を通じて、平和・音楽、動物、心理、哲学、科学技術などに関する考えや概要を適切に伝えることができる。
4.言語の使用場目や目的に合わせて、語彙・文法事項を適切に運用することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1(コミュニケーションへの関心・意欲・態度)教科書本文のトピックに関心を持ち、ペアワークやグループワークにリーダー的立場として取り組んでいる。教科書本文のトピックに関心を持ち、ペアワークやグループワークに積極的に取り組もうとしている。教科書本文のトピックへの関心も薄く、ペアワークやグループワークができない。
評価項目2(外国語表現の能力)教科書本文を読み、内容を英語で要約して話したり、平易な表現を用いて学んだことや考えたことについてまとまりのある文章を書くことができる。教科書本文を読み、内容の要約を英語で書くことができる。教科書本文を読み、内容の要約を英語で書くことができない。
評価項目3(外国語理解の能力)教科書本文を聞き、推測しながら情報や考えなどを理解することができる。教科書本文を読んで概要や要点を読み取ることができる。教科書本文を読んで概要や要点を読み取ることができない。
評価項目4(言語や文化についての知識・理解)目標文法事項の形・意味・用法を理解して、正確に自己表現ができる。目標文法事項の形・意味・用法を理解し、ある程度正確に自己表現ができる。既習文法事項の形・意味・用法が理解できず、単語の羅列になってしまう。

学科の到達目標項目との関係

準学士課程(本科1〜5年)学習教育目標 (3) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
「読む・書く・話す・聞く」の4技能を総合的に学習し、1年次に身に付けた基礎的な文法、構文の学力に基づいて、発展的に発話力や読解力や作文力や語彙力を身につけることを目的とする。国際社会に必要な異文化や異なる考え方に対する理解を促すとともに、「考える力」の育成を目指す。
授業の進め方と授業内容・方法:
できるだけ授業はペアワークやグループワークの形で行う。教科書本文の要約をリスニング活動として行い、大意を把握してから本文の精読に移る。精読活動は主にグループで行い、グループ内で互いに考え、協働学習をすすめる。
教材毎に、精読、速読、コミュニケーションに重点を置いて指導するが、文法力や作文力や発話力の更なる育成を目指す。精読では、文法や構文に留意して正確な英文解釈、内容把握をさせる。速読では、英語の流れに従って、短時間に正確にポイントを把握させる。コミュニケーションでは、積極的に英語を運用させる。
注意点:
関連科目:英文読解Ⅰ
学習指針:
新出単語・連語は必ず予習すること。各レッスンのまとめにある文法事項を理解し、作文できるようにすること。毎週実施される単語テストは語彙力をつけるために必要であるので真剣に取り組むこと。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス、Lesson 1
Hanamizuki
日米交流の架け橋としてやってきたハナミズキ。今日も平和を願いながら咲き誇る。Itの用法(1)[It seems that~, It takes / costs~]。have/get+目的語+過去分詞。
2週 ガイダンス、Lesson 1
Hanamizuki
日米交流の架け橋としてやってきたハナミズキ。今日も平和を願いながら咲き誇る。Itの用法(1)[It seems that~, It takes / costs~]。have/get+目的語+過去分詞。
3週 ガイダンス、Lesson 1
Hanamizuki
日米交流の架け橋としてやってきたハナミズキ。今日も平和を願いながら咲き誇る。Itの用法(1)[It seems that~, It takes / costs~]。have/get+目的語+過去分詞。
4週 Lesson2 Learning Language, Learning Self 外国語を学ぶことはその背景にある文化も含めて学ぶこと。受動態[群動詞, It’s said/believed~, get +過去分詞]。受け身の受動態[being+過去分詞]
5週 Lesson2 Learning Language, Learning Self 外国語を学ぶことはその背景にある文化も含めて学ぶこと。受動態[群動詞, It’s said/believed~, get +過去分詞]。受け身の受動態[being+過去分詞]
6週 Lesson2 Learning Language, Learning Self 外国語を学ぶことはその背景にある文化も含めて学ぶこと。受動態[群動詞, It’s said/believed~, get +過去分詞]。受け身の受動態[being+過去分詞]
7週 Lesson2 Learning Language, Learning Self 外国語を学ぶことはその背景にある文化も含めて学ぶこと。受動態[群動詞, It’s said/believed~, get +過去分詞]。受け身の受動態[being+過去分詞]
8週 前期中間試験 授業内容を理解し、試験問題に対して正しく解答することができる。
2ndQ
9週 Special Issue 国際交流プログラム Asian Youth Forumで扱われるテーマについて教科書外の教材(英字新聞等)を用いて英語を通して学習する。
10週 Special Issue 国際交流プログラム Asian Youth Forumで扱われるテーマについて教科書外の教材(英字新聞等)を用いて英語を通して学習する。
11週 Special Issue 国際交流プログラム Asian Youth Forumで扱われるテーマについて教科書外の教材(英字新聞等)を用いて英語を通して学習する。
12週 Lesson 3 Nature Technology 自然からヒントを得て、より地球に優しい技術が生まれる。複合関係詞[複合関係代名詞, 複合関係形容詞, 複合関係副詞]。関係副詞[非制限用法]。
13週 Lesson 3 Nature Technology 自然からヒントを得て、より地球に優しい技術が生まれる。複合関係詞[複合関係代名詞, 複合関係形容詞, 複合関係副詞]。関係副詞[非制限用法]。
14週 Lesson 3 Nature Technology 自然からヒントを得て、より地球に優しい技術が生まれる。複合関係詞[複合関係代名詞, 複合関係形容詞, 複合関係副詞]。関係副詞[非制限用法]。
15週 前期末試験 授業内容を理解し、試験問題に対して正しく解答することができる。
16週 試験返却・解答 試験問題を見直し、理解が不十分な点を解消する。
後期
3rdQ
1週 Lesson 4 Ahmed’s Gift of Life 子供を失った父親は意外な方法で戦争にNOを突きつけた。仮定法[I wish~, as if~, were to~, if S should~, if it were not for~, if it had not been for~]。
同時に、教科書では語られていないイスラエルとパレスチナの問題をドキュメントと映画を通じて学ぶ。
2週 Lesson 4 Ahmed’s Gift of Life 子供を失った父親は意外な方法で戦争にNOを突きつけた。仮定法[I wish~, as if~, were to~, if S should~, if it were not for~, if it had not been for~]。
同時に、教科書では語られていないイスラエルとパレスチナの問題をドキュメントと映画を通じて学ぶ。
3週 Lesson 4 Ahmed’s Gift of Life 子供を失った父親は意外な方法で戦争にNOを突きつけた。仮定法[I wish~, as if~, were to~, if S should~, if it were not for~, if it had not been for~]。
同時に、教科書では語られていないイスラエルとパレスチナの問題をドキュメントと映画を通じて学ぶ。
4週 Lesson 4 Ahmed’s Gift of Life 子供を失った父親は意外な方法で戦争にNOを突きつけた。仮定法[I wish~, as if~, were to~, if S should~, if it were not for~, if it had not been for~]。
同時に、教科書では語られていないイスラエルとパレスチナの問題をドキュメントと映画を通じて学ぶ。
5週 Lesson 8 Emotions Gone Wild 動物も人間と同じように複雑な感情を持っているのだろうか?。There構文[There+be以外の動詞]。関係代名詞(2)[二重限定]。
6週 Lesson 8 Emotions Gone Wild 動物も人間と同じように複雑な感情を持っているのだろうか?。There構文[There+be以外の動詞]。関係代名詞(2)[二重限定]。
7週 Lesson 8 Emotions Gone Wild 動物も人間と同じように複雑な感情を持っているのだろうか?。There構文[There+be以外の動詞]。関係代名詞(2)[二重限定]。
8週 後期中間試験 授業内容を理解し、試験問題に対して正しく解答することができる。
4thQ
9週 文法のまとめ 分詞の用法、分詞構文等
10週 文法のまとめ 分詞の用法、分詞構文等
11週 Lesson 9 Michael J. Sandel on Kant: Freedom and Morality サンデル教授が語るカントにとっての自由と倫理とは? 。倒置。不定詞(2)[独立不定詞]。省略。
自由と道徳的価値について考える。
12週 Lesson 9 Michael J. Sandel on Kant: Freedom and Morality サンデル教授が語るカントにとっての自由と倫理とは? 。倒置。不定詞(2)[独立不定詞]。省略。
自由と道徳的価値について考える。
13週 Lesson 9 Michael J. Sandel on Kant: Freedom and Morality サンデル教授が語るカントにとっての自由と倫理とは? 。倒置。不定詞(2)[独立不定詞]。省略。
自由と道徳的価値について考える。
14週 Lesson 9 Michael J. Sandel on Kant: Freedom and Morality サンデル教授が語るカントにとっての自由と倫理とは? 。倒置。不定詞(2)[独立不定詞]。省略。
自由と道徳的価値について考える。
15週 学年末試験 授業内容を理解し、試験問題に対して正しく解答することができる。
16週 試験返却・解答 試験問題を見直し、理解が不十分な点を解消する。

評価割合

定期試験小テスト提出物合計
総合評価割合702010100
基礎的能力702010100