政治・経済

科目基礎情報

学校 奈良工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 政治・経済
科目番号 0034 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 機械工学科 対象学年 3
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 /配布教材 配布プリント
担当教員 藍澤 光晴

目的・到達目標

1.「民主政治と選挙制度」について基礎的事項を理解し、有権者として適切に行動できる。
2.「日本国憲法」について基礎的事項を理解している。
3.経済のしくみについて基礎的事項を理解している。
4.奈良県の産業と経済についてその現状と課題を認識し、その解決について考察できる。
5.「国際社会」について基礎的事項を理解している。
6.科学や工学と社会のむすびつきについて基礎的事項を理解している。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1「民主政治と選挙制度」について基礎的事項を理解した上で、有権者としてルールを順守し、適切に行動できる。「民主政治と選挙制度」について基礎的事項を理解している。「民主政治と選挙制度」について基礎的事項を理解していない。
評価項目2「日本国憲法」について基礎的事柄を理解し、望ましい社会の在り方について展望できる。「日本国憲法」について基礎的事柄を理解している。「日本国憲法」について基礎的事柄を理解していない。
評価項目3経済のしくみについて基礎的事項を理解した上で、日本経済の現状と課題を整理することができる。経済のしくみについて基礎的事項を理解している。経済のしくみについて基礎的事項を理解していない。
評価項目4奈良県の産業と経済についてその現状と課題を認識した上で、その解決策を考察し、他者に説明できる。奈良県の産業と経済についてその現状と課題を認識し、その解決について考察できる。奈良県の産業と経済についてその現状と課題を認識していない。 7.科学や工学と社会のむすびつきについて基礎的事項を理解している。
評価項目5「国際社会」について基礎的事項を理解した上で、国際社会において日本が果たすべき役割について考察し、他者に説明できる。「国際社会」について基礎的事項を理解している。「国際社会」について基礎的事項を理解していない。 8.科学や工学と社会のむすびつきについて基礎的事項を理解している。
評価項目6科学や工学と社会のむすびつきについて基礎的事項を理解した上で、技術者が社会で果たすべき役割を考察することができる。科学や工学と社会のむすびつきについて基礎的事項を理解している。科学や工学と社会のむすびつきについて基礎的事項を理解していない。

学科の到達目標項目との関係

準学士課程(本科1〜5年)学習教育目標 (1) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
私たちが現在生活している社会について、その仕組み、ルールを学ぶ。単なる暗記科目としてではなく、「生きた」学問として政治・経済を捉える。選挙権年齢が18才以上に引き下げられたことを踏まえて有権者として身に付けるべき知識・考え方を習得する。また、今年度はCOC+における地域理解教育の一環として奈良県の産業や企業を調べ、地域へ理解を深めるとともに地域課題の解決について考えていく。
授業の進め方と授業内容・方法:
教科書・穴埋めプリントを用いた講義を中心にすすめる。適宜、視聴覚教材の利用やグループ活動を行う。前期は、民主主義と選挙の仕組み、経済のしくみと地域経済ついて、後期は、国際社会や科学技術と社会の関係について学ぶ。
注意点:
関連科目:地理、歴史Ⅰ・Ⅱ、人文・社会科学特論、現代社会と法、技術者倫理(専)、地域と文化(専)
学習指針:授業をよく聞くこと。授業とは関係のない私語や携帯の利用は慎むこと。
自己学習:到達目標を達成するためには、授業以外でも教科書を読むなど、授業内容についての理解を深める必要がある。特に、授業後の復習を欠かさないようにすること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 民主主義の基本原理 民主主義の基本原理について基礎知識を理解し、説明できる。
2週 日本国憲法の基本原理 日本国憲法の基本原理について基礎知識を理解し、説明できる。
3週 基本的人権の保障 基本的人権の保障について基礎知識を理解し、説明できる。
4週 日本の政治制度 日本の政治制度について基礎知識を理解し、説明できる。
5週 日本の政党政治 日本の政党政治について基礎知識を理解し、説明できる。
6週 日本の選挙制度 日本の選挙制度について基礎知識を理解し、説明できる。
7週 有権者の基礎知識 有権者としてとるべき行動、ルールについて基礎知識を理解し、説明できる。
8週 前期中間試験 授業内容を理解し,試験問題に対して正しく解答することができる。
2ndQ
9週 奈良県経済の現状と課題 奈良県経済の現状と課題を理解し、説明できる。
10週 地域の課題を分析する 地域の課題を分析する手法(SWOT分析)を理解し、活用できる。
11週 地域の課題を解決する(1) 地域の課題を解決する、あるいは価値をより高めるための方策についてグループでアイデアを生み出すことが出来る。
12週 地域の課題を解決する(2) 事業計画書の作成方法を理解し、実際に作成できる。
13週 グループ発表の準備(1) POWERPOINTの操作を習得している。プレゼンテーションの目的と必要な事項を理解し、説明できる。
14週 グループ発表の準備(2) グループワークで生み出されたアイデアを整理し、効果的に聞き手に伝えるためのプレゼンテーションを作成できる。
15週 グループ発表 グループ発表を通じてプレゼンテーションの成果と課題を把握できる。
16週 ふりかえり ※前期末試験は実施しない。9~15週の学習事項を再確認し、地域の課題を解決する態度を身に付けている。
後期
3rdQ
1週 国際社会のしくみと成り立ち 現代の国際社会の特徴とその成り立ちについて基礎知識を理解し、説明できる。
2週 2つの世界大戦と集団的安全保障の取り組み 2つの世界大戦と集団的安全保障の取り組みについて基礎知識を理解し、説明できる。
3週 東西冷戦 東西冷戦の勃発とその特徴について基礎知識を理解し、説明できる。
4週 冷戦と戦後日本の歩み 戦後日本の歩みについて冷戦の過程と機軸に基礎知識を理解し、説明できる。
5週 冷戦後の国際政治と日本の歩み 冷戦後の国際政治と日本の歩みについて基礎知識を理解し、説明できる。
6週 現代の国際政治と課題 現代の国際政治と課題について基礎知識を理解し、説明できる。
7週 貿易ゲーム 貿易ゲームを通じて、国際経済システムや貿易のしくみを体験し、国際経済、社会の課題について基礎知識を理解し、説明できる。
8週 後期中間試験 授業内容を理解し,試験問題に対して正しく解答することができる。
4thQ
9週 科学技術と社会①歴史 科学や工学の発展と歴史について基礎知識を理解し、説明できる。
10週 科学技術と社会②社会への影響 科学や工学の発展がもたらす社会への影響について多面的な観点から理解・整理し、説明できる。
11週 科学技術と社会③最新技術
最新の科学や工学の知がどのように社会生活と結びつき、活かされているのかについて情報を収集・整理し、説明できる。
12週 科学技術と社会④役割 これまでの学習を踏まえ科学や工学が社会に果たす役割を多面的に観点から考察し、整理できる。
13週 科学技術と社会⑤日本 我が国の歴史を踏まえ、国際社会において日本の科学や工学が果たす役割について多面的な観点から考察し、整理できる。
14週 科学技術と社会⑥事例研究 学習のまとめとして、事例を通じて科学や工学と社会の結びつきについて総合的にまとめ、他人に説明できる。
15週 学年末試験 授業内容を理解し、試験問題に対して正しく解答することができる。
16週 試験返却・解答 試験問題を見直し、理解が不十分な点を解消できる。

評価割合

試験(前期中間・後期中間)小テスト、課題レポート、講義ノート提出を総合的に評価する。グループ学習(前期末、後期末の成績は定期試験の代わりにグループ演習の発表や取り組みを総合的に評価する。)合計
総合評価割合402040100
基礎的能力402040100