体育実技Ⅱ

科目基礎情報

学校 奈良工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 体育実技Ⅱ
科目番号 0049 科目区分 一般 / 必修
授業形態 実技 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 『保健体育概論増補版』近畿地区高専体育研究会編、晃洋書房
担当教員 森 弘暢

目的・到達目標

主体的にスポーツ文化を享受し、運動を楽しむ態度を身に付ける。また、生涯スポーツの実践者としての資質や能力を養う。実技とレポートの作成を通してスポーツに対する独自の見解をもてるようにする。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1 実技課題への取組種々のスポーツ種目を創意工夫しながら実践できる。種々のスポーツ種目を実践できる。「保健・体育Ⅰ~Ⅲ」以上のスポーツ体験がない。
評価項目2 習熟度必要な技能の向上ができており、課題も理解できている。必要な技能の向上が認められる。必要な技能の向上が得られていない。
評価項目3 スポーツの文化論的理解スポーツに対する独自の見解が持てる。スポーツの歴史的・文化的背景を理解できている。スポーツの歴史的・文化的意義を理解できていない。

学科の到達目標項目との関係

準学士課程(本科1〜5年)学習教育目標 (1) 説明 閉じる
JABEE基準 (a) 説明 閉じる
JABEE基準 (b) 説明 閉じる
システム創成工学教育プログラム学習・教育目標 A-1 説明 閉じる
システム創成工学教育プログラム学習・教育目標 A-2 説明 閉じる

教育方法等

概要:
第3学年までに習得した「保健・体育」の基礎学力、および第4学年で学修した種々のスポーツ文化に対する知識や技能をいっそう高めるとともに、スポーツ文化の比較研究を通して、その多様性と具体的な取り組み方法について学ぶ。
授業の進め方と授業内容・方法:
種目選択性を導入することにより、自主的に運動を楽しむ態度やそれに伴う社会的責任について考える力を養う。
注意点:
関連科目:保健・体育Ⅰ~Ⅲ、体育実技Ⅰ
学習指針:日頃より、健康的な生活を過ごせるよう留意し、身近なスポーツ文化に対する関心をもつようにすること。
自己学習:文化としてのスポーツに対する関心を高め、それらに関する情報収集を主体的に行っていく必要がある。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 体力・運動能力調査 文部科学省が定める「新体力テスト」を実施し、自己の体力・運動能力を把握する。
2週 体力・運動能力調査 文部科学省が定める「新体力テスト」を実施し、自己の体力・運動能力を把握する。
3週 ソフトボール 4年次までの習得した技能を生かし、ゲームを行える。
4週 バレーボール 4年次までの習得した技能を生かし、ゲームを行える。
5週 バスケットボール 4年次までの習得した技能を生かし、ゲームを行える。
6週 バドミントン 4年次までの習得した技能を生かし、ゲームを行える。
7週 テニス 4年次までの習得した技能を生かし、ゲームを行える。
8週 サッカー 4年次までの習得した技能を生かし、ゲームを行える。
2ndQ
9週 卓球 4年次までの習得した技能を生かし、ゲームを行える。
10週 選択制 自ら種目を選択することにより、スポーツを愛好する態度を持つ。
11週 水泳(水球等)
4年次までの習得した技能を生かし、ゲームを行える。
12週 選択制 自ら種目を選択することにより、スポーツを愛好する態度を持つ。
13週 選択制 自ら種目を選択することにより、スポーツを愛好する態度を持つ。
14週 選択制 自ら種目を選択することにより、スポーツを愛好する態度を持つ。
15週 比較スポーツ文化論 レポートの執筆方法及びまとめ方について理解する。
16週 まとめ 15週の取り組み状況を総括できる。

評価割合

習熟度レポート実技課題態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合202060000100
基礎的能力202060000100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000