機械工学実験Ⅰ

科目基礎情報

学校 奈良工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 機械工学実験Ⅰ
科目番号 0060 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験 単位の種別と単位数 履修単位: 3
開設学科 機械工学科 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 3
教科書/教材 配布プリント/各種専門図書
担当教員 矢尾 匡永,小柴 孝,坂本 雅彦,平 俊男,酒井 史敏,谷口 幸典,須田 敦

目的・到達目標

1) 各実験の内容を理解し,関連科目に関する原理および現象などの基礎知識の理解を深めること. 
2) 機器を正しく安全に扱い実験を行うことができること.
3) 適切な方法を用いて結果整理ができること.
4) 実験によって得られた結果から適切な考察を行うことができること.
5) 次の事項に従い,充実したレポート作成ができること.
・一定の形式に従いスタイルを統一する.
・論理的で正確な表現をする.
・見やすく理解しやすい図表を作成する.
・事実に基づいた意見(考察)を述べる.
・適切な参考文献を引用する.
6) 自分で書いた文章に責任を持ち,レポート指導時に適切な意見を述べることができること.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1各実験の内容を理解し,関連科目に関する原理および現象などの基礎知識の説明できる。各実験の内容を理解し,関連科目に関する原理および現象などの基礎知識の理解できる。各実験の内容を理解し,関連科目に関する原理および現象などの基礎知識の理解できない。
評価項目2適切な方法を用いて結果を説明できる。適切な方法を用いて結果整理ができる。適切な方法を用いて結果整理ができない。
評価項目3機器を正しく安全に扱い正確な実験を行うことができる。機器を正しく安全に扱い実験を行うことができる。機器を正しく安全に扱い実験を行うことができない。

学科の到達目標項目との関係

準学士課程(本科1〜5年)学習教育目標 (2) 説明 閉じる
JABEE基準 (d-2a) 説明 閉じる
JABEE基準 (d-2b) 説明 閉じる
JABEE基準 (i) 説明 閉じる
システム創成工学教育プログラム学習・教育目標 D-1 説明 閉じる

教育方法等

概要:
講義で学んでいる機械工学基礎知識を,各テーマの実験を通じて実践することで理解を深めると同時に,各計測機器の取り扱いを習得する.さらに,実験毎に実験の意義や手法,観測された結果とその考察などをレポートとして報告することで,論理的な表現力や,理論・現象に基づいた洞察力を養う.
授業の進め方と授業内容・方法:
実験は,4週3テーマで実施する.最後の1週はレポート指導を行い,提出されたレポートの内容を基に討論を行う.第1~3講はガイダンスを行う.第4講より班(6, 7人程度)毎に各実験を受講する.
注意点:
関連科目:
 機械工学に関連した分野
学習指針:
 各実験を受講する前に,あらかじめ与えられた予習課題のレポートを作成し,実験開始前に提出すること.実験ノートを作成し,実験のポイントなどレポート作成に必要な事項についてメモをとること.
自己学習:
 基礎事項については,これまでの教科書および参考書を用いて,十分に予習を行うこと.また,レポートを通して復習し,実験中に理解できなかった部分については,次の時間までに補うこと.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス 安全実験指導,機械工学実験の必要性および受講心得について説明する.
2週 ガイダンス 実験結果の整理方法,実験レポートの重要性,実験レポートの作成要領について説明する.
3週 ガイダンス 実験結果の整理方法,実験レポートの重要性,実験レポートの作成要領について説明する.
4週 以下,グループごとに下記の実験テーマを実施する.
5週 <機械力学・材料力学実験>
・構造物の振動測定・解析(1)(2)
・軟鋼の引張試験
6週 <流体力学実験>
・流体のせん断粘度測定
・流れの可視化実験
・ベンチュリーによる流量測定
7週 <設計工学実験>
・コンピュータを用いた物体の図形処理(1)(2)
・3次元CADを用いた応力解析
8週 <熱工学実験>
・熱電対温度計の検定
・固体の熱伝導率の測定
・熱伝達率の測定
2ndQ
9週 <計測工学実験>
・表面粗さの計測(1)(2)
・旋盤の精度検査
10週 <メカトロニクス実験>
・シーケンス制御(1)(2)
・ICによる重力加速度gの測定
11週
12週
13週
14週
15週
16週
後期
3rdQ
1週
2週
3週
4週
5週
6週
7週
8週
4thQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週

評価割合

実験作業への取り組みレポートの内容レポート指導時における討論合計
総合評価割合405010100
基礎的能力2020545
専門的能力2030555
分野横断的能力0000