電気・電子系分野 > 電気回路

学習内容の到達目標 (3)電気電子工学Ⅰ
電気回路の基礎(電気回路)
電荷と電流、電圧を説明できる。 2
オームの法則を説明し、電流・電圧・抵抗の計算ができる。 2
直流回路の基礎と計算(電気回路)
キルヒホッフの法則を用いて、直流回路の計算ができる。 2
合成抵抗や分圧・分流の考え方を用いて、直流回路の計算ができる。 2
ブリッジ回路を計算し、平衡条件を求められる。 2
電力量と電力を説明し、これらを計算できる。 2
交流回路の基礎(電気回路)
正弦波交流の特徴を説明し、周波数や位相などを計算できる。 2
平均値と実効値を説明し、これらを計算できる。 2
正弦波交流のフェーザ表示を説明できる。 2
R、L、C素子における正弦波電圧と電流の関係を説明できる。 2
瞬時値を用いて、交流回路の計算ができる。 2
フェーザ表示を用いて、交流回路の計算ができる。 2
インピーダンスとアドミタンスを説明し、これらを計算できる。 2
交流回路網の計算(電気回路)
キルヒホッフの法則を用いて、交流回路の計算ができる。 2
合成インピーダンスや分圧・分流の考え方を用いて、交流回路の計算ができる。 2
共振回路(電気回路)
直列共振回路と並列共振回路の計算ができる。 2
結合回路(電気回路)
相互誘導を説明し、相互誘導回路の計算ができる。 2
理想変成器を説明できる。 2
交流電力(電気回路)
交流電力と力率を説明し、これらを計算できる。 2
過渡現象(電気回路)
RL直列回路やRC直列回路等の単エネルギー回路の直流応答を計算し、過渡応答の特徴を説明できる。 2
RLC直列回路等の複エネルギー回路の直流応答を計算し、過渡応答の特徴を説明できる。 2
電気回路の計算技法(電気回路)
重ねの理を用いて、回路の計算ができる。 2
網目電流法を用いて回路の計算ができる。 2
節点電位法を用いて回路の計算ができる。 2
テブナンの定理を回路の計算に用いることができる。 2