物理

学習内容の到達目標 (3)電磁気学Ⅰ (4)応用物理A
物体の運動(力学)
物体の変位、速度、加速度を微分・積分を用いて相互に計算することができる。 0 3
運動の法則(力学)
簡単な運動について微分方程式の形で運動方程式を立て、初期値問題として解くことができる。 0 3
角運動量(力学)
角運動量を求めることができる。 0 3
角運動量保存則について具体的な例を挙げて説明できる。 0 3
剛体(力学)
一様な棒などの簡単な形状に対する慣性モーメントを求めることができる。 0 3
剛体の回転運動について、回転の運動方程式を立てて解くことができる。 0 3
電荷(電気)
電場・電位について説明できる。 3 0
クーロンの法則が説明できる。 3 0
クーロンの法則から、点電荷の間にはたらく静電気力を求めることができる。 3 0