電気・電子系分野 > 電気回路

学習内容の到達目標 (1)技術者入門Ⅰ (1)技術者入門Ⅱ (1)電気電子工学入門 (2)電気回路ⅠA (2)実験実習ⅠA (2)工学基礎演習Ⅰ (2)電気回路ⅠB (2)実験実習ⅠB (3)日本事情ⅡA (3)日本事情Ⅲ (3)電気回路ⅡA (3)実験実習ⅡA (3)プロジェクト実習 (3)日本事情ⅡB (3)工学基礎演習Ⅱ (3)実験実習ⅡB (3)電気回路ⅡB (4)電気回路ⅢA (4)電気機器Ⅰ (4)実験実習ⅢA (4)情報伝送工学 (4)電子回路Ⅰ (4)電気回路ⅢB (4)電気機器Ⅱ (4)実験実習ⅢB (4)電子回路Ⅱ (5)電気法規 (5)電子計測 (5)電力工学Ⅰ (5)高電圧大電流工学 (5)情報通信 (5)電力工学Ⅱ
電気回路の基礎(電気回路)
電荷と電流、電圧を説明できる。 1 1 1 2 3 3 3 3 0 0 3 0 3 0 3 0 3 3 0 0 3 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
オームの法則を説明し、電流・電圧・抵抗の計算ができる。 1 1 1 3 3 3 3 3 0 0 3 0 3 0 3 0 3 3 0 0 3 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
直流回路の基礎と計算(電気回路)
キルヒホッフの法則を用いて、直流回路の計算ができる。 0 0 1 3 3 3 3 3 0 0 3 0 0 0 3 0 3 3 0 0 3 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
合成抵抗や分圧・分流の考え方を用いて、直流回路の計算ができる。 1 1 1 3 3 3 3 3 0 0 3 0 3 0 3 0 3 3 0 0 3 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
ブリッジ回路を計算し、平衡条件を求められる。 0 0 1 3 3 3 3 3 0 0 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 3 4 0 3 0 0 3
電力量と電力を説明し、これらを計算できる。 0 0 1 2 3 2 3 3 0 0 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
交流回路の基礎(電気回路)
正弦波交流の特徴を説明し、周波数や位相などを計算できる。 0 0 0 2 2 3 3 2 0 2 3 0 0 0 3 0 3 3 0 0 3 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
平均値と実効値を説明し、これらを計算できる。 0 0 0 2 2 2 3 2 0 1 3 0 0 0 3 0 3 3 0 0 3 0 3 0 0 0 4 0 3 0 0 3
正弦波交流のフェーザ表示を説明できる。 0 0 0 2 2 3 3 2 0 2 3 0 0 0 3 0 3 3 3 0 3 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
R、L、C素子における正弦波電圧と電流の関係を説明できる。 0 0 0 2 2 3 3 2 0 2 3 0 0 0 3 0 3 3 0 0 3 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
瞬時値を用いて、交流回路の計算ができる。 0 0 0 2 0 0 3 2 0 2 3 0 0 0 3 0 3 3 0 0 3 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
フェーザ表示を用いて、交流回路の計算ができる。 0 0 0 2 2 3 3 2 0 2 3 0 0 0 3 0 3 3 0 0 3 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
インピーダンスとアドミタンスを説明し、これらを計算できる。 0 0 0 2 2 3 3 2 0 2 3 0 0 0 3 0 3 3 0 0 3 3 3 0 0 3 4 0 0 0 0 3
交流回路網の計算(電気回路)
キルヒホッフの法則を用いて、交流回路の計算ができる。 0 0 0 0 2 3 3 2 0 2 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
合成インピーダンスや分圧・分流の考え方を用いて、交流回路の計算ができる。 0 0 0 0 2 3 3 2 0 2 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 3 0 0 3 4 0 3 0 0 3
共振回路(電気回路)
直列共振回路と並列共振回路の計算ができる。 0 0 0 0 0 3 3 0 0 2 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 3 4 0 3 0 0 3
結合回路(電気回路)
相互誘導を説明し、相互誘導回路の計算ができる。 0 0 0 0 0 2 3 0 0 1 0 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 3 4 0 3 0 0 3
理想変成器を説明できる。 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 0 0 0 3 0 3 0 3 0 0 3 0 0 0 3 4 0 3 0 0 3
交流電力(電気回路)
交流電力と力率を説明し、これらを計算できる。 0 0 0 0 0 3 2 0 0 2 3 0 0 0 3 0 3 0 3 0 0 0 3 3 0 3 4 0 3 0 0 3
過渡現象(電気回路)
RL直列回路やRC直列回路等の単エネルギー回路の直流応答を計算し、過渡応答の特徴を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 4 0 3 0 0 3
RLC直列回路等の複エネルギー回路の直流応答を計算し、過渡応答の特徴を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 4 0 3 0 0 3
電気回路の計算技法(電気回路)
重ねの理を用いて、回路の計算ができる。 0 0 0 2 2 3 3 3 0 2 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 3 4 0 3 0 0 3
網目電流法を用いて回路の計算ができる。 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 3 4 0 3 0 0 3
節点電位法を用いて回路の計算ができる。 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 3 4 0 3 0 0 3
テブナンの定理を回路の計算に用いることができる。 0 0 0 2 3 3 3 3 0 2 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 3 4 0 3 0 0 3