機械系分野 > 力学

学習内容の到達目標
力の表し方(力学)
力は、大きさ、向き、作用する点によって表されることを理解し、適用できる。
一点に作用する力の合成と分解を図で表現でき、合力と分力を計算できる。
一点に作用する力のつりあい条件を説明できる。
力のモーメントと偶力(力学)
力のモーメントの意味を理解し、計算できる。
偶力の意味を理解し、偶力のモーメントを計算できる。
着力点が異なる力のつりあい条件を説明できる。
重心(力学)
重心の意味を理解し、平板および立体の重心位置を計算できる。
速度と加速度(力学)
速度の意味を理解し、等速直線運動における時間と変位の関係を説明できる。
加速度の意味を理解し、等加速度運動における時間と速度・変位の関係を説明できる。
力と運動の法則(力学)
運動の第一法則(慣性の法則)を説明できる。
運動の第二法則を説明でき、力、質量および加速度の関係を運動方程式で表すことができる。
運動の第三法則(作用反作用の法則)を説明できる。
回転運動(力学)
周速度、角速度、回転速度の意味を理解し、計算できる。
向心加速度、向心力、遠心力の意味を理解し、計算できる。
仕事(力学)
仕事の意味を理解し、計算できる。
てこ、滑車、斜面などを用いる場合の仕事を説明できる。
エネルギーと動力(力学)
エネルギーの意味と種類、エネルギー保存の法則を説明できる。
位置エネルギーと運動エネルギーを計算できる。
動力の意味を理解し、計算できる。
摩擦(力学)
すべり摩擦の意味を理解し、摩擦力と摩擦係数の関係を説明できる。
剛体の運動(力学)
剛体の回転運動を運動方程式で表すことができる。
平板および立体の慣性モーメントを計算できる。
応力とひずみ(力学)
荷重が作用した時の材料の変形を説明できる。
応力とひずみを説明できる。
フックの法則を理解し、弾性係数を説明できる。
応力-ひずみ線図を説明できる。
許容応力と安全率を説明できる。
引張と圧縮(力学)
断面が変化する棒について、応力と伸びを計算できる。
棒の自重よって生じる応力とひずみを計算できる。
ねじり(力学)
ねじりを受ける丸棒のせん断ひずみとせん断応力を計算できる。
丸棒および中空丸棒について、断面二次極モーメントと極断面係数を計算できる。
軸のねじり剛性の意味を理解し、軸のねじれ角を計算できる。
曲げ(力学)
はりの定義や種類、はりに加わる荷重の種類を説明できる。
はりに作用する力のつりあい、せん断力および曲げモーメントを計算できる。
各種の荷重が作用するはりのせん断力線図と曲げモーメント線図を作成できる。
曲げモーメントによって生じる曲げ応力およびその分布を計算できる。
各種断面の図心、断面二次モーメントおよび断面係数を理解し、曲げの問題に適用できる。
各種のはりについて、たわみ角とたわみを計算できる。
一自由度系の振動(力学)
不減衰系の自由振動を運動方程式で表し、系の運動を説明できる。
減衰系の自由振動を運動方程式で表し、系の運動を説明できる。
調和外力による減衰系の強制振動を運動方程式で表し、系の運動を説明できる。
調和変位による減衰系の強制振動を運動方程式で表し、系の運動を説明できる。