機械系分野【実験・実習能力】 > 機械系【実験実習】

学習内容の到達目標
実験・実習の心得(機械系【実験実習】)
実験・実習の目標と心構えを理解し、実践できる。
災害防止と安全確保のためにすべきことを理解し、実践できる。
レポートの作成の仕方を理解し、実践できる。
計測機器の取り扱い方(機械系【実験実習】)
ノギスの各部の名称、構造、目盛りの読み方、使い方を理解し、計測できる。
マイクロメータの各部の名称、構造、目盛りの読み方、使い方を理解し、計測できる。
ダイヤルゲージ、ハイトゲージ、デプスゲージなどの使い方を理解し、計測できる。
手仕上げ(機械系【実験実習】)
けがき工具を用いてけがき線をかくことができる。
やすりを用いて平面仕上げができる。
溶接(機械系【実験実習】)
アーク溶接の原理を理解し、アーク溶接機、アーク溶接器具、アーク溶接棒の扱い方を理解し、実践できる。
アーク溶接の基本作業ができる。
機械加工(機械系【実験実習】)
旋盤主要部の構造と機能を説明できる。
旋盤の基本操作を習得し、外丸削り、端面削り、段付削り、ねじ切り、テ―パ削り、穴あけ、中ぐりなどの作業ができる。
NC機械加工(機械系【実験実習】)
NC工作機械の特徴と種類、制御の原理、NCの方式、プログラミングの流れを説明できる。
少なくとも一つのNC工作機械について、プログラミングができる。
少なくとも一つのNC工作機械について、各部の名称と機能、作業の基本的な流れと操作を理解し、プログラミングと基本作業ができる。
工学実験(機械系【実験実習】)
加工学実験、機械力学実験、材料学実験、材料力学実験、熱力学実験、流体力学実験、制御工学実験などを行い、実験の準備、実験装置の操作、実験結果の整理と考察ができる。
実験の内容をレポートにまとめることができ、口頭でも説明できる。