化学(一般)

学習内容の到達目標 (3)化学
化学と人間生活のかかわり(化学(一般))
代表的な金属やプラスチックなど有機材料について、その性質、用途、また、その再利用など生活とのかかわりについて説明できる。 2
洗剤や食品添加物等の化学物質の有効性、環境へのリスクについて説明できる。 2
物質の成分(化学(一般))
物質が原子からできていることを説明できる。 2
単体と化合物がどのようなものか具体例を挙げて説明できる。 2
同素体がどのようなものか具体例を挙げて説明できる。 2
純物質と混合物の区別が説明できる。 2
混合物の分離法について理解でき、分離操作を行う場合、適切な分離法を選択できる。 2
物質の三態(化学(一般))
物質を構成する分子・原子が常に運動していることが説明できる。 2
水の状態変化が説明できる。 2
物質の三態とその状態変化を説明できる。 2
気体の状態方程式(化学(一般))
ボイルの法則、シャルルの法則、ボイル-シャルルの法則を説明でき、必要な計算ができる。 2
気体の状態方程式を説明でき、気体の状態方程式を使った計算ができる。 2
原子の構造(化学(一般))
原子の構造(原子核・陽子・中性子・電子)や原子番号、質量数を説明できる。 2
同位体について説明できる。 2
放射性同位体とその代表的な用途について説明できる。 2
電子配置(化学(一般))
原子の電子配置について電子殻を用い書き表すことができる。 2
価電子の働きについて説明できる。 2
イオン(化学(一般))
原子のイオン化について説明できる。 2
代表的なイオンを化学式で表すことができる。 2
元素の周期律(化学(一般))
原子番号から価電子の数を見積もることができ、価電子から原子の性質について考えることができる。 2
元素の性質を周期表(周期と族)と周期律から考えることができる。 2
イオン結合(化学(一般))
イオン式とイオンの名称を説明できる。 2
イオン結合について説明できる。 2
イオン結合性物質の性質を説明できる。 2
イオン性結晶がどのようなものか説明できる。 2
共有結合(化学(一般))
共有結合について説明できる。 2
構造式や電子式により分子を書き表すことができる。 2
金属結合と金属の結晶(化学(一般))
自由電子と金属結合がどのようなものか説明できる。 2
金属の性質を説明できる。 2
原子量・分子量・式量と物質量(化学(一般))
原子の相対質量が説明できる。 2
天然に存在する原子が同位体の混合物であり、その相対質量の平均値として原子量を用いることを説明できる。 2
アボガドロ定数を理解し、物質量(mol)を用い物質の量を表すことができる。 2
分子量・式量がどのような意味をもつか説明できる。 2
気体の体積と物質量の関係を説明できる。 2
化学反応式(化学(一般))
化学反応を反応物、生成物、係数を理解して組み立てることができる。 2
化学反応を用いて化学量論的な計算ができる。 2
溶液の濃度(化学(一般))
電離について説明でき、電解質と非電解質の区別ができる。 2
質量パーセント濃度の説明ができ、質量パーセント濃度の計算ができる。 2
モル濃度の説明ができ、モル濃度の計算ができる。 2
酸と塩基(化学(一般))
酸・塩基の定義(ブレンステッドまで)を説明できる。 2
酸・塩基の化学式から酸・塩基の価数をつけることができる。 2
電離度から酸・塩基の強弱を説明できる。 2
pH(化学(一般))
pHを説明でき、pHから水素イオン濃度を計算できる。また、水素イオン濃度をpHに変換できる。 2
中和(化学(一般))
中和反応がどのような反応であるか説明できる。 2
中和滴定の計算ができる。 2
酸化と還元(化学(一般))
酸化還元反応について説明できる。 2
金属のイオン化傾向(化学(一般))
イオン化傾向について説明できる。 2
金属の反応性についてイオン化傾向に基づき説明できる。 2
電池(化学(一般))
ダニエル電池についてその反応を説明できる。 2
鉛蓄電池についてその反応を説明できる。 2
一次電池の種類を説明できる。 2
二次電池の種類を説明できる。 2
電気分解(化学(一般))
電気分解反応を説明できる。 2
電気分解の利用として、例えば電解めっき、銅の精錬、金属のリサイクルへの適用など、実社会における技術の利用例を説明できる。 2
ファラデーの法則による計算ができる。 2