科学技術から見る歴史Ⅱ

学習内容の到達目標 設定
 
(1)対話としての哲学・倫理入門 (1)現代社会論 (2)社会と文化からみる歴史I (2)社会と文化からみる歴史II (3)科学技術から見る歴史Ⅰ (4)技術者のための哲学・倫理 (4)教養選択Ⅰ(生活の中の法律) (4)教養選択Ⅰ(哲学入門) (4)教養選択Ⅰ(経済史入門) (4)社会実装プロジェクトII (4)工業化学II (4)環境・エネルギー工学 (5)輪講Ⅰ (5)社会実装プロジェクトⅢ (5)卒業研究 (5)輪講Ⅱ (5)経営工学 (5)教養選択Ⅱ(科学技術論) (5)教養選択Ⅱ(金融リテラシー)
地理歴史的分野(地理歴史的分野)
世界の資源、産業の分布や動向の概要を説明できる。 3 0 0 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
民族、宗教、生活文化の多様性を理解し、異なる文化・社会が共存することの重要性について考察できる。 3 3 0 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
近代化を遂げた欧米諸国が、19世紀に至るまでに、日本を含む世界を一体化していく過程について、その概要を説明できる。 3 0 0 3 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
帝国主義諸国の抗争を経て二つの世界大戦に至る日本を含む世界の動向の概要を説明し、平和の意義について考察できる。 3 0 0 0 3 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
第二次世界大戦後の冷戦の展開からその終結に至る日本を含む世界の動向の概要を説明し、そこで生じた諸問題を歴史的に考察できる。 3 0 0 0 3 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
19世紀後期以降の日本とアジア近隣諸国との関係について、その概要を説明できる。 3 0 0 3 3 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
公民的分野(公民的分野)
人間の生涯における青年期の意義と自己形成の課題を理解し、これまでの哲学者や先人の考え方を手掛かりにして、自己の生き方および他者と共に生きていくことの重要性について考察できる。 3 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
自己が主体的に参画していく社会について、基本的人権や民主主義などの基本原理を理解し、基礎的な政治・法・経済のしくみを説明できる。 3 3 0 0 0 3 0 3 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
現代社会の考察(現代社会の考察)
現代社会の特質や課題に関する適切な主題を設定させ、資料を活用して探究し、その成果を論述したり討論したりするなどの活動を通して、世界の人々が協調し共存できる持続可能な社会の実現について人文・社会科学の観点から展望できる。 3 3 0 3 3 3 0 3 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
技術者倫理の基本と実践(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
説明責任、製造物責任、リスクマネジメントなど、技術者の行動に関する基本的な責任事項を説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 3 0 0
現代社会の具体的な諸問題を題材に、自ら専門とする工学分野に関連させ、技術者倫理観に基づいて、取るべきふさわしい行動を説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0
技術者倫理が必要とされる社会的背景や重要性を認識している。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0
社会における技術者の役割と責任を説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0
情報倫理(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
情報技術の進展が社会に及ぼす影響、個人情報保護法、著作権などの法律について説明できる。 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0
高度情報通信ネットワーク社会の中核にある情報通信技術と倫理との関わりを説明できる。 3 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
環境倫理(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
環境問題の現状についての基本的な事項について把握し、科学技術が地球環境や社会に及ぼす影響を説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0 0
環境問題を考慮して、技術者としてふさわしい行動とは何かを説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0 0
国際貢献・地域貢献(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
国際社会における技術者としてふさわしい行動とは何かを説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 3 0 0
過疎化、少子化など地方が抱える問題について認識し、地域社会に貢献するために科学技術が果たせる役割について説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
知的財産(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
知的財産の社会的意義や重要性の観点から、知的財産に関する基本的な事項を説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0
知的財産の獲得などで必要な新規アイデアを生み出す技法などについて説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0
法令順守(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
技術者の社会的責任、社会規範や法令を守ること、企業内の法令順守(コンプライアンス)の重要性について説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0 0
技術者を目指す者として、諸外国の文化・慣習などを尊重し、それぞれの国や地域に適用される関係法令を守ることの重要性を把握している。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 0 0
持続可能性(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
全ての人々が将来にわたって安心して暮らせる持続可能な開発を実現するために、自らの専門分野から配慮すべきことが何かを説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 0 0
技術者を目指す者として、平和の構築、異文化理解の推進、自然資源の維持、災害の防止などの課題に力を合わせて取り組んでいくことの重要性を認識している。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0
技術史の基本と実践(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
科学技術が社会に与えてきた影響をもとに、技術者の役割や責任を説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0
科学者や技術者が、様々な困難を克服しながら技術の発展に寄与した姿を通し、技術者の使命・重要性について説明できる。 3 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0