環境工学基礎

学習内容の到達目標 設定
 
(1)建築学通論 (2)インテリア基礎 (4)環境社会学 (4)環境工学 (4)建築設備 (5)環境デザイン
環境計画(環境・設備)
風土と建築について説明できる。 4 1 0 2 0 0 0
屋外環境(環境・設備)
気候、気象について説明できる。 4 2 0 2 4 0 4
気温、温度、湿度および気温と湿度の形成について説明できる。 4 2 0 0 4 0 0
雨、雪による温度、湿度の関係について説明できる。 4 2 0 0 4 0 0
都市環境(環境・設備)
ヒートアイランドの現象について説明できる。 4 2 0 2 0 0 0
大気汚染の歴史と現象について説明できる。 4 0 0 2 0 0 0
都市環境における緑の役割について説明できる。 4 1 0 2 0 0 0
日照・日射環境(環境・設備)
建設地と太陽位置について説明できる。 0 2 0 0 4 0 0
日照および日射の調節方法について説明できる。 2 2 0 0 4 0 0
日照時間および日照時間図について説明できる。 0 0 0 0 4 0 0
日照と日射の使い分けについて説明できる。 0 0 0 0 4 0 0
紫外線、赤外線、可視光線の効果の違いを説明できる。 0 0 0 0 4 0 0
光環境(環境・設備)
視覚と光の関係について説明できる。 0 0 0 0 4 0 0
明視、グレアの現象について説明できる。 0 0 0 0 4 0 0
採光および採光計画について説明できる。 0 0 0 0 4 0 0
人工照明について説明できる。 0 0 0 0 4 0 0
照明計画および照度の計算ができる。 0 0 0 0 4 0 0
色彩環境(環境・設備)
表色系について説明できる。 0 0 2 0 4 0 0
色彩計画の概念を知っている。 0 0 2 0 4 0 0
熱環境(環境・設備)
伝熱の基礎について説明できる。 3 0 0 0 4 0 4
熱貫流について説明できる。 3 0 0 0 4 0 4
室温の形成について理解している。 3 2 0 0 4 0 4
温熱環境要素について説明できる。 3 2 0 0 4 0 0
温熱環境指標について説明できる。 3 0 0 0 4 0 0
湿度(環境・設備)
湿り空気、空気線図について説明できる。 3 0 0 0 4 4 0
結露現象について説明できる。 3 0 0 0 4 0 0
空気環境(環境・設備)
空気汚染の種類と室内空気環境基準について説明できる。 3 0 0 0 4 0 0
必要換気量について計算できる。 3 0 0 0 4 0 0
自然換気と機械換気について説明ができる。 3 0 0 0 4 0 0
音環境(環境・設備)
音の単位について説明できる。 2 0 0 0 4 0 0
聴覚の仕組みについて説明できる。 2 0 0 0 4 0 0
音心理の三大特性、大きさとうるささ、音の伝搬、減衰、回折について説明できる。 2 0 0 0 4 0 0
吸音と遮音、残響について説明できる。 0 0 0 0 4 0 0
遮音材料の仕組み、音響計画について説明できる。 0 0 0 0 4 0 0
給排水衛生設備(環境・設備)
給水方式について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
使用水量について把握できる。 0 0 0 0 0 4 0
給排水管の管径の決定方法について知っている。 0 0 0 0 0 4 0
給湯方式について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
敷地内外の分流式・合流式排水方式について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
浄化槽について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
衛生器具について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
空気調和・換気設備(環境・設備)
室内環境基準について説明できる。 3 1 0 0 0 4 0
熱負荷計算法、空気線図、空気の状態値について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
空気調和方式について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
熱源方式について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
必要換気量について計算できる。 0 0 0 0 0 4 0
電気設備(環境・設備)
受変電・幹線設備について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
動力設備について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
照明・コンセント設備について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
情報・通信設備について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
防災設備(環境・設備)
消火設備について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
排煙設備について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
火災報知設備について説明できる。 0 0 0 0 0 4 0
エネルギー(環境・設備)
自然再生可能エネルギー(例えば、風力発電、太陽光発電、太陽熱温水器など)の特徴について説明できる。 0 1 0 2 0 4 4
エネルギー削減に関して建築的手法(建築物の外皮(断熱、窓など))を適用することができる。 0 0 0 0 0 4 4
設備計画(環境・設備)
省エネルギー(コジェネレーション等を含む)について説明できる。 0 1 0 2 4 4 4
建築設備(配線・管、配線・管スペース、施工法など)を、設備(自然環境・電気・空調・給排水の分野)計画に適用できる。 0 0 0 0 0 4 0