オペレーティングシステムⅠ

学習内容の到達目標 設定
 
(1)情報基礎 (1)電気回路 (2)情報数学 (3)アナログ回路 (3)電気情報工学実験ⅡA (3)ディジタル信号処理 (3)情報理論 (4)論理回路 (4)創造工学 (5)電磁気計測 (5)オペレーティングシステムⅡ (5)情報システム論
数の体系(計算機工学)
整数を2進数、10進数、16進数で表現できる。 0 1 0 2 0 0 0 0 4 0 0 0 0
小数を2進数、10進数、16進数で表現できる。 0 0 0 2 0 0 0 0 4 0 0 0 0
論理関数(計算機工学)
基本的な論理演算を行うことができる。 0 1 0 2 0 0 0 0 4 0 0 0 0
基本的な論理演算を組合わせて、論理関数を論理式として表現できる。 0 0 0 2 0 0 0 0 4 0 0 0 0
組合せ論理回路(計算機工学)
論理ゲートを用いて論理式を組合せ論理回路として表現することができる。 0 1 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
順序回路(計算機工学)
フリップフロップなどの順序回路の基本素子について、その動作と特性を説明することができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
レジスタやカウンタなどの基本的な順序回路の動作について説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
与えられた順序回路の機能を説明することができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
順序回路を設計することができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
コンピュータのハードウェア(計算機工学)
コンピュータを構成する基本的な要素の役割とこれらの間でのデータの流れを説明できる。 0 1 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0
プロセッサを実現するために考案された主要な技術を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
メモリシステムを実現するために考案された主要な技術を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
入出力を実現するために考案された主要な技術を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
オペレーティングシステムの基礎(システムプログラム)
コンピュータシステムにおけるオペレーティングシステムの位置づけを説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
電気電子基礎(その他の学習内容)
オームの法則、キルヒホッフの法則を利用し、直流回路の計算を行うことができる。 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0
トランジスタなど、ディジタルシステムで利用される半導体素子の基本的な特徴について説明できる。 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0
リテラシー(その他の学習内容)
少なくとも一つの具体的なコンピュータシステムについて、起動・終了やファイル操作など、基本的操作が行える。 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
少なくとも一つの具体的なオフィススイート等を使って、文書作成や図表作成ができ、報告書やプレゼンテーション資料を作成できる。 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
少なくとも一つのメールツールとWebブラウザを使って、メールの送受信とWebブラウジングを行うことができる。 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
セキュリティ(その他の学習内容)
コンピュータウィルスやフィッシングなど、コンピュータを扱っている際に遭遇しうる代表的な脅威について説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
コンピュータを扱っている際に遭遇しうる脅威に対する対策例について説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
マルウェアやフィッシングなど、コンピュータを扱っている際に遭遇しうる代表的な脅威について説明できる。 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
データベース(その他の学習内容)
データモデル、データベース設計法に関する基本的な概念を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
データベース言語を用いて基本的なデータ問合わせを記述できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
メディア情報処理(その他の学習内容)
メディア情報の主要な表現形式や処理技法について説明できる。 4 1 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0
ディジタル信号とアナログ信号の特性について説明できる。 0 1 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0
情報を離散化する際に必要な技術ならびに生じる現象について説明できる。 0 1 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0