確率統計

学習内容の到達目標 設定
 
(4)情報数学
確率・統計(数学)
1次元のデータを整理して、平均・分散・標準偏差を求めることができる。 3 0
2次元のデータを整理して散布図を作成し、相関係数・回帰直線を求めることができる。 3 0