量子化学1

学習内容の到達目標 設定
 
(3)物質化学実験・演習1 (3)物理化学1 (3)基礎物理学1 (4)物理学 (4)無機化学2 (4)物理化学3 (4)物理化学4 (5)半導体工学 (5)量子化学2 (5)量子化学3
物体の運動(力学)
速度と加速度の概念を説明できる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
直線および平面運動において、2物体の相対速度、合成速度を求めることができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
等加速度直線運動の公式を用いて、物体の座標、時間、速度に関する計算ができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
平面内を移動する質点の運動を位置ベクトルの変化として扱うことができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
物体の変位、速度、加速度を微分・積分を用いて相互に計算することができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
平均の速度、平均の加速度を計算することができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
力学的エネルギー(力学)
仕事と仕事率に関する計算ができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
物体の運動エネルギーに関する計算ができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
重力による位置エネルギーに関する計算ができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
弾性力による位置エネルギーに関する計算ができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
力学的エネルギー保存則を様々な物理量の計算に利用できる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
運動量(力学)
物体の質量と速度から運動量を求めることができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
運動量の差が力積に等しいことを利用して、様々な物理量の計算ができる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
運動量保存則を様々な物理量の計算に利用できる。 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0
角運動量(力学)
力のモーメントを求めることができる。 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0
角運動量を求めることができる。 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0
角運動量保存則について具体的な例を挙げて説明できる。 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0
剛体(力学)
剛体における力のつり合いに関する計算ができる。 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0
重心に関する計算ができる。 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0
一様な棒などの簡単な形状に対する慣性モーメントを求めることができる。 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0
剛体の回転運動について、回転の運動方程式を立てて解くことができる。 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0
電荷(電気)
導体と不導体の違いについて、自由電子と関連させて説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
電場・電位について説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
クーロンの法則が説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
クーロンの法則から、点電荷の間にはたらく静電気力を求めることができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
電流(電気)
オームの法則から、電圧、電流、抵抗に関する計算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
抵抗を直列接続、及び並列接続したときの合成抵抗の値を求めることができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ジュール熱や電力を求めることができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
原子核構造と放射能(物理化学)
放射線の種類と性質を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
放射性元素の半減期と安定性を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
年代測定の例として、C14による時代考証ができる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
核分裂と核融合のエネルギー利用を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
気体の性質(物理化学)
気体の法則を理解して、理想気体の方程式を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
気体の分子速度論から、圧力を定義して、理想気体の方程式を証明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
実在気体の特徴と状態方程式を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
臨界現象と臨界点近傍の特徴を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
混合気体の分圧の計算ができる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
混合物の理論(物理化学)
純物質の状態図(P-V、P-T)を理解して、蒸気圧曲線を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
2成分の状態図(P-x、y、T-x、y)を理解して、気液平衡を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
束一的性質を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
蒸気圧降下、沸点上昇より、溶質の分子量を計算できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
凝固点降下と浸透圧より、溶質の分子量を計算できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
相律の定義を理解して、純物質、混合物の自由度(温度、圧力、組成)を計算し、平衡状態を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
状態変化に伴うエネルギー(物理化学)
熱力学の第一法則の定義と適用方法を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
エンタルピーの定義と適用方法を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
化合物の標準生成エンタルピーを計算できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
エンタルピーの温度依存性を計算できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
内部エネルギー、熱容量の定義と適用方法を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
化学反応の平衡(物理化学)
平衡の記述(質量作用の法則)を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
諸条件の影響(ルシャトリエの法則)を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
均一および不均一反応の平衡を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
自発的な変化の方向(物理化学)
熱力学の第二・第三法則の定義と適用方法を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
純物質の絶対エントロピーを計算できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
化学反応でのエントロピー変化を計算できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
化合物の標準生成自由エネルギーを計算できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
反応における自由エネルギー変化より、平衡定数・組成を計算できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
平衡定数の温度依存性を計算できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
気体の等温、定圧、定容および断熱変化のdU、W、Qを計算できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
化学反応速度(物理化学)
反応速度の定義を理解して、実験的決定方法を説明できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
反応速度定数、反応次数の概念を理解して、計算により求めることができる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
微分式と積分式が相互に変換できて半減期が求められる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
反応速度の理論(物理化学)
連続反応、可逆反応、併発反応等を理解している。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
律速段階近似、定常状態近似等を理解し、応用できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
電気化学(物理化学)
電池反応と電気分解を理解し、実用例を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0