建設環境工学実験実習Ⅲ

学習内容の到達目標 設定
 
(5)地域環境学 (5)河川水文学 (5)地盤工学 (5)環境工学特論 (5)ソフトウェア特別実習Ⅲ (5)建設環境工学設計製図Ⅱ (5)卒業研究 (5)環境アセスメント (5)応用データ処理学 (5)海外英語演習 (5)海岸工学
安全(化学実験)
実験の基礎知識(安全防具の使用法、薬品、火気の取り扱い、整理整頓)を持っている。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
事故への対処の方法(薬品の付着、引火、火傷、切り傷)を理解し、対応ができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
レポート作成(化学実験)
測定と測定値の取り扱いができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
有効数字の概念・測定器具の精度が説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
レポート作成の手順を理解し、レポートを作成できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
基本操作(化学実験)
ガラス器具の取り扱いができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
基本的な実験器具に関して、目的に応じて選択し正しく使うことができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
試薬の調製ができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
代表的な気体発生の実験ができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
代表的な無機化学反応により沈殿を作り、ろ過ができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
実験・計測・分析方法(工学実験技術(各種測定方法、データ処理、考察方法))
物理、化学、情報、工学における基礎的な原理や現象を明らかにするための実験手法、実験手順について説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
実験装置や測定器の操作、及び実験器具・試薬・材料の正しい取扱を身に付け、安全に実験できる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
実験データの分析、誤差解析、有効桁数の評価、整理の仕方、考察の論理性に配慮して実践できる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
考察・レポート作成(工学実験技術(各種測定方法、データ処理、考察方法))
実験テーマの目的に沿って実験・測定結果の妥当性など実験データについて論理的な考察ができる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
実験ノートや実験レポートの記載方法に沿ってレポート作成を実践できる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
実験データを適切なグラフや図、表など用いて表現できる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
実験の考察などに必要な文献、参考資料などを収集できる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
実験・実習に関わる態度(工学実験技術(各種測定方法、データ処理、考察方法))
実験・実習を安全性や禁止事項など配慮して実践できる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
個人・複数名での実験・実習であっても役割を意識して主体的に取り組むことができる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
共同実験における基本的ルールを把握し、実践できる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
レポートを期限内に提出できるように計画を立て、それを実践できる。 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
情報の基礎(情報リテラシー)
情報を適切に収集・処理・発信するための基礎的な知識を活用できる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
論理演算と進数変換の仕組みを用いて基本的な演算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
コンピュータのハードウェアに関する基礎的な知識を活用できる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
情報ネットワーク(情報リテラシー)
情報伝達システムやインターネットの基本的な仕組みを把握している。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
アルゴリズム(情報リテラシー)
同一の問題に対し、それを解決できる複数のアルゴリズムが存在しうることを知っている。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4 0 0
与えられた基本的な問題を解くための適切なアルゴリズムを構築することができる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4 0 0
任意のプログラミング言語を用いて、構築したアルゴリズムを実装できる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4 0 0
情報セキュリティ(情報リテラシー)
情報セキュリティの必要性および守るべき情報を認識している。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
個人情報とプライバシー保護の考え方についての基本的な配慮ができる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
インターネット(SNSを含む)やコンピュータの利用における様々な脅威を認識している 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
インターネット(SNSを含む)やコンピュータの利用における様々な脅威に対して実践すべき対策を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
水の性質(水理)
水理学で用いる単位系を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
静水力学(水理)
静水圧の表現、強さ、作用する方向について、説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
平面と曲面に作用する全水圧の大きさと作用点を計算できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
浮力と浮体の安定を計算できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流れの基礎理論(水理)
完全流体の運動方程式(Eulerの運動方程式)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
連続の式を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ベルヌーイの定理を説明でき、これを応用(ベンチュリーメータなど)した 計算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
運動量保存則を説明でき、これを応用した計算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
常流と射流(水理)
比エネルギー、フルード数、常流と射流、限界水深(ベスの定理、ベランジェの定理)、跳水現象について、説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
層流と乱流(水理)
層流と乱流について、説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流体摩擦(レイノルズ応力、混合距離)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
管水路の定常流れ(水理)
管水路の摩擦以外の損失係数について、説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
各種の管路の流れが計算できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
開水路の定常流れ(水理)
開水路の等流(平均流速公式、限界水深、等流水深)について、計算できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
開水路不等流の基礎方程式を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
河川の地形学(水理)
河川の分類と流域について、説明できる。 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
河川の管理と整備について、説明できる。 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
水の循環(水理)
水の循環、雨が降る仕組み、我が国の降雨特性について、説明できる。 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
水文量の観測方法を説明でき、流域平均雨量を計算できる。 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
河川と治水(水理)
河道およびダムによる洪水対策を説明できる。 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
都市型水害と内水処理の対策について、説明できる。 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
河川と利水(水理)
日本の水資源の現況について、説明できる。 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
河川構造物(水理)
河川堤防・護岸・水制の役割について、説明できる。 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
海岸防災(水理)
津波と高潮の特徴を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
波の基本的性質を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
地球環境問題(環境)
地球規模の環境問題を説明できる。 0 4 0 0 4 0 0 0 4 0 0 0
環境と人の健康(環境)
環境と人の健康との関わりを説明できる。 0 4 0 0 4 0 0 0 4 0 0 0
過去に生じた公害の歴史とその内容(環境要因と疾病の関係)について、説明できる。 0 4 0 4 4 0 0 0 4 0 0 0
水質汚濁(環境)
水の物性、水の循環を説明できる。 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0
水質指標を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
水質汚濁の現状を説明できる。 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0
水質汚濁物の発生源と移動過程を説明でき、原単位、発生負荷を含めた計算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
水域生態系と水質変換過程(自浄作用、富栄養化、生物濃縮等)について、説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
水質汚濁の防止対策・水質管理計画(施策、法規等)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
物質循環と微生物の関係を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
上水道(環境)
水道の役割、種類を説明できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0
水道計画(基本計画、給水量、水質、水圧等)を理解でき、これに関する計算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
浄水の単位操作(凝集、沈澱凝集、濾過、殺菌等)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
下水道(環境)
下水道の役割と現状、汚水処理の種類について、説明できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0
下水道の基本計画と施設計画、下水道の構成を説明でき、これに関する計算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
生物学的排水処理の基礎(好気的処理)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
汚泥処理・処分について、説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
微生物の定義(分類、構造、機能等)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
大気汚染・悪臭(環境)
大気汚染の現状と発生源について、説明できる。 0 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
騒音・振動(環境)
騒音の発生源と現状について、説明できる。 0 4 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
廃棄物(環境)
廃棄物の発生源と現状について、説明できる。 0 4 0 4 4 0 0 0 0 0 0 0
廃棄物の収集・処理・処分について、説明できる。 0 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
廃棄物の減量化・再資源化について、説明できる。 4 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
廃棄物対策(施策、法規等)を説明できる。 0 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
環境影響評価(環境)
環境影響評価の目的を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
環境影響評価の現状(事例など)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
環境影響指標を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
リスクアセスメントを説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
ライフサイクルアセスメントを説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
生態工学(環境)
生物多様性の現状と危機について、説明できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 4 0 0 0
生態系の保全手法を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
生態系や生物多様性を守るための施策を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
物質循環と微生物の関係を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
地盤汚染(環境)
土壌汚染の現状を説明できる。 0 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
測量(建設系【実験実習】)
距離測量について理解し、器具を使って測量できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
トラバース測量について理解し、器具を使って測量できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
水準測量について理解し、器具を使って測量できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
セオドライトによる角測量について理解し、器具を使って測量できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
材料(建設系【実験実習】)
骨材のふるい分け試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
骨材の密度、吸水率試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
コンクリートのスランプ試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
コンクリートの空気量試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
コンクリートの強度試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
構造(建設系【実験実習】)
各種構造形式(コンクリート、金属などによる)による試験体を用いた載荷実験を行い、変形の性状などを力学的な視点で観察することができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
地盤、土質(建設系【実験実習】)
土粒子の密度試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
液性限界・塑性限界試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
粒度試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
透水試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
突固めによる土の締固め試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
一軸圧縮試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
水理(建設系【実験実習】)
層流・乱流を観測してレイノルズ数を算出できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
各種の流量測定の方法を理解し、器具を使って実験できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
常流・射流・跳水に関する実験について理解し、実験ができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
環境(建設系【実験実習】)
DO、BODに関する実験について理解し、実験ができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
pHに関する実験について理解し、実験ができる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0