環境アセスメント

学習内容の到達目標 設定
 
(5)地域環境学 (5)河川水文学 (5)地盤工学 (5)環境工学特論 (5)建設環境工学実験実習Ⅲ (5)卒業研究 (5)校外実習 (5)技術科学フロンティア概論 (5)海外英語演習
技術者倫理の基本と実践(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
説明責任、製造物責任、リスクマネジメントなど、技術者の行動に関する基本的な責任事項を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
現代社会の具体的な諸問題を題材に、自ら専門とする工学分野に関連させ、技術者倫理観に基づいて、取るべきふさわしい行動を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
技術者倫理が必要とされる社会的背景や重要性を認識している。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
社会における技術者の役割と責任を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 3 3 0
情報倫理(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
情報技術の進展が社会に及ぼす影響、個人情報保護法、著作権などの法律について説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
高度情報通信ネットワーク社会の中核にある情報通信技術と倫理との関わりを説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
環境倫理(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
環境問題の現状についての基本的な事項について把握し、科学技術が地球環境や社会に及ぼす影響を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 3 0
環境問題を考慮して、技術者としてふさわしい行動とは何かを説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
国際貢献・地域貢献(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
国際社会における技術者としてふさわしい行動とは何かを説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 3 0 0
過疎化、少子化など地方が抱える問題について認識し、地域社会に貢献するために科学技術が果たせる役割について説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
知的財産(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
知的財産の社会的意義や重要性の観点から、知的財産に関する基本的な事項を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
知的財産の獲得などで必要な新規アイデアを生み出す技法などについて説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
法令順守(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
技術者の社会的責任、社会規範や法令を守ること、企業内の法令順守(コンプライアンス)の重要性について説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 3 0 0
技術者を目指す者として、諸外国の文化・慣習などを尊重し、それぞれの国や地域に適用される関係法令を守ることの重要性を把握している。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
持続可能性(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
全ての人々が将来にわたって安心して暮らせる持続可能な開発を実現するために、自らの専門分野から配慮すべきことが何かを説明できる。 3 0 0 0 0 0 4 0 0 0
技術者を目指す者として、平和の構築、異文化理解の推進、自然資源の維持、災害の防止などの課題に力を合わせて取り組んでいくことの重要性を認識している。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
技術史の基本と実践(技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史)
科学技術が社会に与えてきた影響をもとに、技術者の役割や責任を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
科学者や技術者が、様々な困難を克服しながら技術の発展に寄与した姿を通し、技術者の使命・重要性について説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0
地球環境問題(環境)
地球規模の環境問題を説明できる。 4 4 0 0 4 0 0 0 0 0
環境と人の健康(環境)
環境と人の健康との関わりを説明できる。 4 4 0 0 4 0 0 0 0 0
過去に生じた公害の歴史とその内容(環境要因と疾病の関係)について、説明できる。 4 4 0 4 4 0 0 0 0 0
水質汚濁(環境)
水の物性、水の循環を説明できる。 0 0 0 0 4 4 0 0 0 0
水質指標を説明できる。 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
水質汚濁の現状を説明できる。 0 0 0 0 4 4 0 0 0 0
水質汚濁物の発生源と移動過程を説明でき、原単位、発生負荷を含めた計算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
水域生態系と水質変換過程(自浄作用、富栄養化、生物濃縮等)について、説明できる。 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0
水質汚濁の防止対策・水質管理計画(施策、法規等)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
物質循環と微生物の関係を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
上水道(環境)
水道の役割、種類を説明できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0
水道計画(基本計画、給水量、水質、水圧等)を理解でき、これに関する計算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
浄水の単位操作(凝集、沈澱凝集、濾過、殺菌等)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
下水道(環境)
下水道の役割と現状、汚水処理の種類について、説明できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0
下水道の基本計画と施設計画、下水道の構成を説明でき、これに関する計算ができる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
生物学的排水処理の基礎(好気的処理)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
汚泥処理・処分について、説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
微生物の定義(分類、構造、機能等)を説明できる。 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
大気汚染・悪臭(環境)
大気汚染の現状と発生源について、説明できる。 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0
騒音・振動(環境)
騒音の発生源と現状について、説明できる。 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0
廃棄物(環境)
廃棄物の発生源と現状について、説明できる。 0 4 0 4 4 0 0 0 0 0
廃棄物の収集・処理・処分について、説明できる。 0 4 0 4 0 0 0 0 0 0
廃棄物の減量化・再資源化について、説明できる。 0 4 0 4 0 4 0 0 0 0
廃棄物対策(施策、法規等)を説明できる。 0 4 0 4 0 0 0 0 0 0
環境影響評価(環境)
環境影響評価の目的を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
環境影響評価の現状(事例など)を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
環境影響指標を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
リスクアセスメントを説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ライフサイクルアセスメントを説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
生態工学(環境)
生物多様性の現状と危機について、説明できる。 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0
生態系の保全手法を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
生態系や生物多様性を守るための施策を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
物質循環と微生物の関係を説明できる。 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
地盤汚染(環境)
土壌汚染の現状を説明できる。 0 4 0 4 0 0 0 0 0 0