図学基礎

学習内容の到達目標 設定
 
(1)工学基礎 (1)建設創造基礎実験実習Ⅰ (2)建設創造基礎実験実習Ⅱ (3)建設環境工学実験実習Ⅰ (4)建設環境工学実験実習Ⅱ (4)建設環境工学設計製図Ⅰ (5)建設環境工学実験実習Ⅲ (5)建設環境工学設計製図Ⅱ
図の描き方(製図)
線と文字の種類を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 4
平面図形と投影図の描き方について、説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 4
CAD(製図)
CADソフトウェアの機能を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 4
図形要素の作成と修正について、説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 4
画層の管理を説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 4
土木製図の規約(製図)
図の配置、尺度、表題欄、寸法と寸法線の規約について、説明できる。 0 0 0 0 0 0 4 0 4
設計製図(製図)
与えられた条件を基に設計計算ができる。 0 0 0 0 0 0 4 0 4
設計した物をCADソフトで描くことができる。 0 0 0 0 0 0 4 0 4
測量(建設系【実験実習】)
距離測量について理解し、器具を使って測量できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0
トラバース測量について理解し、器具を使って測量できる。 0 0 0 4 0 0 0 0 0
水準測量について理解し、器具を使って測量できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0
セオドライトによる角測量について理解し、器具を使って測量できる。 0 0 4 0 0 0 0 0 0
材料(建設系【実験実習】)
骨材のふるい分け試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 0
骨材の密度、吸水率試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 0
コンクリートのスランプ試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 0
コンクリートの空気量試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 0
コンクリートの強度試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 4 0 0 0 0
構造(建設系【実験実習】)
各種構造形式(コンクリート、金属などによる)による試験体を用いた載荷実験を行い、変形の性状などを力学的な視点で観察することができる。 0 0 0 0 0 4 0 0 0
地盤、土質(建設系【実験実習】)
土粒子の密度試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 4 0 0 0
液性限界・塑性限界試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 4 0 0 0
粒度試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 4 0 0 0
透水試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 4 0 0 0
突固めによる土の締固め試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 4 0 0 0
一軸圧縮試験について理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 4 0 0 0
水理(建設系【実験実習】)
層流・乱流を観測してレイノルズ数を算出できる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0
各種の流量測定の方法を理解し、器具を使って実験できる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0
常流・射流・跳水に関する実験について理解し、実験ができる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0
環境(建設系【実験実習】)
DO、BODに関する実験について理解し、実験ができる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0
pHに関する実験について理解し、実験ができる。 0 0 0 0 0 0 0 4 0