応用物質工学専攻

学科到達目標

 本プログラムは,高専教育の特徴である早期7年一貫教育により,主となる専門分野(機械,電気・電子・情報,化学・生物,材料)の知識に加えて,中京地区の伝統的特徴である素材から工業製品に至る“ものづくり”に必要な生産システムに関する工学基礎知識,豊富な実験技術および新たな価値を創り出すことができる力(*注)を身に付け,国際的に活躍できる実践的技術者を育成する。
 本プログラムの修了者は,以下の姿勢・知識・能力を身に付けている必要がある。
(*注)社会のニーズに対応して有用な製品や良質のサービスを実現するため,習得した知識・技術をもとに自ら進んで,技術的諸問題の解決や新たな“ものづくり”に取り組める能力
(A) 技術者としての姿勢 (a, b, e, g)
<視野> 自己と世界の関係を理解し地球規模で物事を眺めることができる。 (a)
<技術者倫理> 生産により生じる環境と社会への影響を認識し責任を自覚できる。 (b)
<意欲> 習得した知識・能力を超える問題に備えて,継続的・自律的に学習できる。(e, g)
(B) 基礎・専門の知識とその応用力( c, d, e, h, i)
<基礎> 数学,自然科学および情報技術の知識の内容を習得し,それを活用できる。 (c)
<専門> 基礎工学および主となる専門分野に加えて,生産システムに関する専門工学(生産・素材・計測に関する工学ならびに知識に関する工学)の知識を習得し,それを活用できる。(d)
<展開> 習得した知識をもとに創造性を発揮し,協力しながら仕事を計画的に進めまとめることができる。 ( c, d, e, h, i)
(C) コミュニケーション能力(f)
<発表> 自らの取り組む課題に関する成果・問題点等を論理的に記述・伝達・討論できる。(f)
<英語> 英語による基本的なコミュニケーションができる。(f)
注:文末のアルファベットはJABEEの基準1(2)との対応関係を示す。

学科シラバス

区分 授業科目 科目番号 単位種別 単位数 学年別週当授業時数 担当教員
1年 2年
一般 必修
技術英語Ⅱ 技術英語Ⅱ
0117 学修単位 1 1 Lawson Michael
一般 必修
英語総合Ⅱ 英語総合Ⅱ
0118 学修単位 1 1 松尾 江津子
一般 必修
国際関係論 国際関係論
0119 学修単位 2 2 三瀬 貴弘
一般 選択
経営学 経営学
0120 学修単位 2 2 渡邉 潤爾,髙見 啓一,春田 要一
一般 選択
言語表現学特論 言語表現学特論
0121 学修単位 2 2 石谷 春樹
一般 選択
海外語学実習Ⅰ 海外語学実習Ⅰ
0122 学修単位 1 全学科 全教員
一般 選択
海外語学実習Ⅱ 海外語学実習Ⅱ
0123 学修単位 2 全学科 全教員
一般 選択
海外語学実習Ⅲ 海外語学実習Ⅲ
0124 学修単位 3 全学科 全教員
専門 必修
センサ工学 センサ工学
0125 学修単位 2 2 横山 春喜,西村 一寛
専門 必修
物性工学 物性工学
0126 学修単位 2 2 江﨑 尚和
専門 選択
生命工学 生命工学
0127 学修単位 2 2 田村 陽次郎
専門 選択
生産設計工学 生産設計工学
0128 学修単位 2 2 澤田 善秋,横山 春喜,飯塚 昇
専門 選択
インターンシップⅠ インターンシップⅠ
0129 学修単位 2 全学科 全教員
専門 選択
インターンシップⅡ インターンシップⅡ
0130 学修単位 4 全学科 全教員
専門 選択
インターンシップⅢ インターンシップⅢ
0131 学修単位 6 全学科 全教員
専門 選択
実践工業数学Ⅰ 実践工業数学Ⅰ
0132 学修単位 1 1 白井 達也,柴垣 寛治,箕浦 弘人,南部 紘一郎
専門 選択
実践工業数学Ⅱ 実践工業数学Ⅱ
0133 学修単位 1 1 山口 雅裕,和田 憲幸,兼松 秀行
専門 必修
特別研究Ⅱ 特別研究Ⅱ
0134 学修単位 7 3.5 3.5 全学科 全教員
専門 必修
応用物質工学輪講 応用物質工学輪講
0135 学修単位 2 2 全学科 全教員
専門 必修
応用物質工学実験2年前期 応用物質工学実験2年前期
0136 学修単位 2 2 全学科 全教員
専門 選択
生体機能工学 生体機能工学
0137 学修単位 2 2 今田 一姫
専門 選択
高分子化学特論 高分子化学特論
0138 学修単位 2 2 淀谷 真也
専門 選択
有機材料工学 有機材料工学
0139 学修単位 2 2 下古谷 博司
専門 選択
エコマテリアル エコマテリアル
0140 学修単位 2 2 小俣 香織
専門 選択
材料強度工学 材料強度工学
0141 学修単位 2 2 黒田 大介
専門 選択
細胞情報科学 細胞情報科学
0142 学修単位 2 2 山口 雅裕