学科到達目標

 本校の教育目標

 (1)-a  豊かな教養と国際感覚を身につけた,視野の広い技術者を養成する。 
 (1)-b  協同の精神と責任感を培い,集中力・耐久力を養い,指導者として必要な能力を育成する。 
 (1)-c  探究心を養い,身体を鍛え,先人の遺産を学び,新技術を創造できる能力を育成する。 

 電子機械工学科概要と到達目標

 最近における電子技術・コンピュータ技術の進歩は著しいものがあり,これが機械技術や計測技術と結びつき,複合化されることによって機械装置の機能が大幅に向上しています。ロボットはその代表的な存在です。さらに,IoTなどの通信伝送技術と組み合わされることにより,各種の機械装置がネットワーク化され,有機的・組織的な生産活動が展開されつつあります。本学科は,このような時代に対応するため,電気電子工学と機械工学の2分野を中心とし,これにAIの礎となる情報処理・計測制御などを含めて幅広く学習します。学習内容を基礎理論と実験実習の両面から実施することにより,応用能力の高い,実践的なメカトロニクス技術者の育成を目指しています。

 (3)-a  電気電子工学と機械工学に関する高度な知識を有する実践的技術者の育成
 (3)-b  コンピュータ・情報関連教育による高度なコンピュータ活用能力の育成 
 (3)-c  論理的文章の表現力とプレゼンテーション能力の育成
 (3)-d  福祉と環境も考慮に入れることのできる豊かな人間性と責任感の育成

 

 授業内容

 専門課程では基礎科目の学習に重点をおき,豊富な実験実習,設計製図を通じて理論の習得と技 術の融合、幅広い応用能力を養っている。また創造演習や卒業研究から、プレゼンテーション能力 や自発的研究態度を養い,真に実践的な技術者の養成を目指している。 

 (大島商船高等専門学校)JABEEプログラム

 JABEEプログラム名 システムデザイン工学プログラム System Design Engineering Program
 本プログラムで養成する技術者像
  システムデザイン工学プログラムで養成する技術者は,企業や社会での新しいシステムやものづ くりの世界で,設計したり構築をするメンバーとして活躍できる人材です。 現代のものづくり分 野では,ユーザの立場を重視した発想と,新しい技術の社会や環境に与える影響を配慮したデザイ ンができる能力が必要とされています。技術者としての確かな倫理観と対応能力を身につけ,もの づくりを通して社会貢献できる人材の育成を実現します。
 JABEEの目的と概要
 JABEE の目的は,『大学や高等専門学校などの高等教育機関で行なわれている教育活動の品質が満 足すべきレベルにあること,また,その教育成果が技術者として活動するために必要な最低限度の 知識や能力(Minimum Requirement)の養成に成功していることを認定すること』であるとされていま す。認定は,非政府団体の日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)によって行われます。
 JABEE 対応コース
 本科の電子機械工学科と情報工学科と専攻科の電子・情報システム工学専攻は,平成 26 年度から 新たに JABEE 認定に対応する JABEE 対応コースと非 JABEE コースから構成される予定です。本科の 4 年と 5 年時は全員が JABEE 対応コースですが,専攻科進学時に学生の申請に基づいて JABEE 対応コ ースと非 JABEE コースの選択が行われます。システムデザイン工学プログラムが適用される分野は, 工学(融合複合・新領域)関連分野になります。
 JABEE 対応コースの学習・教育目標
 JABEE 対応コースの学習・教育目標は,次の10項目からなります。
 1. 豊かな人間性と 責任感
 J(1) 歴史・文化・社会・環境などの教養を広く学び,地球的視野を身につける
 J(2) 技術者倫理について学び,技術者としての責任を自覚できる
 2. 工学の基礎知識
 J(3) 数学・自然科学および情報技術の知識を修得し,その知識を専門分野に応用できる専門知識を持ち ものづくりを 完遂する能力
 3. 専門知識を持ちものづくりを完遂する能力
 J(4) 自らのアイデアを基に実施計画を立案し,自主的,継続的に実行できる
 J(5) 基礎的かつ複合的な工学専門知識(設計・システム系,情報・論理系,材料・バイオ 系,力学系,社会技術系の科目群)を修得し,具体的な工学問題の解決に応用できる
 J(6) 電気・電子・情報・機械分野の基礎知識を修得し,実験,問題分析,工学的な問題解 決に応用できる
 J(7) 複合的視点による問題解決能力と対応能力を身につける
 4. コミュニケーシ ョン能力
 J(8) 日本語による論理的文章の表現力を高め,プレゼンテーションができる
 J(9) 英語で表現された文章や技術論文を理解でき,英語による簡単なコミュニケーション ができる
 J(10) 目標達成のために問題点を討議し,協働で問題解決にあたる能力
 非 JABEE コースの学習・教育目標
 非 JABEE コースの名称は「電子・情報システム工学コース」です。電子・機械・情報などの専門 技術分野をより深く修め,資格取得などにも積極的に取組み,専門分野に特化した技術者の育成を 実現します。
 「電子・情報システム工学コース」の教育目標
 (1) 電子・情報システムに関する高度な研究開発ができる実践的開発技術者の育成
 (2) IT 教育により,高度なコンピュータ支援能力の育成
 (3) 国際化教育により,語学力や文化的教養の育成
 (4) 福祉と環境も考慮に入れることのできる総合力の育成

 シラバスの目的と利用法について

 シラバスとは,授業科目の学習到達目標,学習内容,授業計画,成績評価方法など,授業 に関する総合的な内容を記載したものです。高等専門学校における授業形態はこれまでの中 学校におけるものと異なり,シラバスが各年度始めに公表され,授業を効率良く理解する上 で利用されます。シラバスは学生,教員,保護者は勿論のこと,本校の教育に関連する多く の人たちにも,本校における教育内容を知ってもらう上で重要なものです。従って,シラバ スには,授業科目の総合的な内容である,① 授業科目の開設学年と学期,② 学習到達目標, ③ 使用教科書や参考書,④ 授業計画と内容,⑤ 成績評価の方法や基準,⑥ 学習上の注意点 やその他の関連事項 が記載されています。
  シラバスは, 
① 学生にとっては,授業科目の学習到達目標を理解し,学習内容や計画を確認した 上で自ら学習計画を立て,積極的(予習や復習などを含む)に授業に参加する上で重 要なものとなります。 
② 教員にとっては,授業の学習到達目標を明確に位置づけることができ,授業の進 捗状況の確認や教育方法の工夫・改善などをする上で参考になる重要なものです。 
③ 保護者や地域の人たち,関係する多くの人たちにとっては,本校における教育目的 や内容,教育活動などを理解する上で重要なものとなります。
 これから本校で勉強するに当たり,授業を受ける前には必ずこのシラバスを読み,授業の 学習到達目標をしっかりと理解し,授業内容の理解を高めるために十分に利用して下さ い。そして,受けた授業の内容を十分に理解しているかどうかを自分で確認するためにも このシラバスを利用し,授業内容に関する理解のチェックに利用して下さい。
【実務経験のある教員による授業科目一覧】

学科

開講年次

共通・学科

専門・一般

科目名

単位数

実務経験のある教員名

電子機械工学科

4

学科

専門

情報処理演習

2

浅川貴史

電子機械工学科

4

学科

専門

制御工学

2

松原 貴史

電子機械工学科

4

学科

専門

インターンシップ

1

 

電子機械工学科

5

学科

専門

マイコン応用

2

浅川貴史

電子機械工学科

5

学科

専門

計算機システム

2

浅川貴史

電子機械工学科

5

学科

専門

インターンシップ

1

 

電子機械工学科

5

学科

専門

知能情報工学

2

松原 貴史

 


学科シラバス

科目区分 授業科目 科目番号 単位種別 単位数 学年別週当授業時数 担当教員 履修上の区分
1年 2年 3年 4年 5年
1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q
一般 必修
芸術(音楽) 芸術(音楽)
0001 履修単位 1 2 宮川 久美子
一般 必修
芸術(美術) 芸術(美術)
0002 履修単位 1 2 島﨑 こずえ
一般 必修
保健体育 保健体育
0004 履修単位 2 2 2 北 哲也
一般 必修
国語Ⅰ 国語Ⅰ
0005 履修単位 2 2 2 牛見 真博
一般 必修
国語Ⅱ 国語Ⅱ
0006 履修単位 2 2 2 大久保 健治
一般 必修
世界史 世界史
0007 履修単位 2 2 2 島田 雄一郎
一般 必修
地理 地理
0008 履修単位 1 2 藤本 義彦
一般 必修
総合英語 総合英語
0009 履修単位 3 3 3 尾上 智子
一般 必修
英語コミュニケーション 英語コミュニケーション
0010 履修単位 2 2 2 松島 亜香里
一般 必修
数学1 数学1
0011 履修単位 4 4 4 藤井 忍
一般 必修
数学2 数学2
0012 履修単位 2 2 2 岩本 敏彦
一般 必修
物理 物理
0015 履修単位 2 2 2 末次 竜
一般 必修
化学 化学
0016 履修単位 2 2 2 杉村 佳昭
一般 必修
総合科学 総合科学
0017 履修単位 1 2 杉村 佳昭
専門 必修
情報リテラシ 情報リテラシ
0003 履修単位 2 2 2 櫛田 直規
専門 必修
デザイン基礎 デザイン基礎
0013 履修単位 2 2 2 浦田 清
専門 必修
実験実習 実験実習
0014 履修単位 2 2 2 増山 新二,藤井 雅之,笹岡 秀紀,岡野内 悟,松原 貴史,中村 翼
一般 必修
保健体育 保健体育
0018 履修単位 2 2 2 幸田 三広
一般 必修
国語Ⅲ 国語Ⅲ
0020 履修単位 2 2 2 大久保 健治
一般 必修
日本史 日本史
0021 履修単位 2 2 2 島田 雄一郎
一般 必修
倫理社会 倫理社会
0022 履修単位 2 2 2 宮田 憲治
一般 必修
総合英語 総合英語
0023 履修単位 3 3 3 井口 智彰
一般 必修
英語コミュニケーション 英語コミュニケーション
0024 履修単位 2 2 2 ティム エドワーズ
一般 必修
数学3 数学3
0025 履修単位 4 4 4 四丸 直人
一般 必修
数学4 数学4
0026 履修単位 2 2 2 玉上 清
一般 必修
物理 物理
0031 履修単位 2 2 2 末次 竜
一般 必修
化学 化学
0032 履修単位 2 2 2 杉村 佳昭
専門 必修
電気基礎 電気基礎
0019 履修単位 2 2 2 藤井 雅之
専門 必修
創造工学 創造工学
0027 履修単位 1 2 浅川 貴史,増山 新二,岡野内 悟,藤井 雅之,笹岡 秀紀,神田 哲典,松原 貴史,中村 翼,平田 拓也,小林 心
専門 必修
機械工作 機械工作
0028 履修単位 2 2 2 岡野内 悟
専門 必修
プログラミング基礎 プログラミング基礎
0029 履修単位 2 2 2 小林 心
専門 必修
実験実習 実験実習
0030 履修単位 2 2 2 岡野内 悟,神田 哲典,藤井 雅之,増山 新二,松原 貴史,中村 翼,平田 拓也
一般 必修
保健体育 保健体育
0033 履修単位 2 2 2 幸田 三広
一般 必修
国語Ⅲ 国語Ⅲ
0037 履修単位 2 2 2 牛見 真博
一般 必修
政治経済 政治経済
0038 履修単位 2 2 2 野本 敏生
一般 必修
総合英語 総合英語
0039 履修単位 2 2 2 井口 智彰
一般 必修
ライティング ライティング
0040 履修単位 2 2 2 尾上 智子
一般 必修
日本語(留学生補習) 日本語(留学生補習)
0041 履修単位 1 1 1 開講しない
一般 必修
日本事情(留学生補習) 日本事情(留学生補習)
0042 履修単位 1 1 1 開講しない
一般 必修
数学5 数学5
0043 履修単位 4 4 4 小原 まり子
一般 必修
数学6 数学6
0044 履修単位 2 2 2 嶋原 増男
専門 必修
電磁気学Ⅰ 電磁気学Ⅰ
0034 履修単位 2 2 2 笹岡 秀紀
専門 必修
電気回路Ⅰ 電気回路Ⅰ
0035 履修単位 2 2 2 増山 新二
専門 必修
電子回路 電子回路
0036 履修単位 2 2 2 平田 拓也
専門 必修
金属材料学 金属材料学
0045 履修単位 2 2 2 神田 哲典
専門 必修
機械設計 機械設計
0046 履修単位 2 2 2 古瀬 宗雄
専門 必修
工業力学 工業力学
0047 履修単位 2 2 2 渡邊 武
専門 必修
プログラミング応用 プログラミング応用
0048 履修単位 2 2 2 小林 心,岡野内 悟
専門 必修
実験実習 実験実習
0049 履修単位 2 2 2 浅川 貴史,岡野内 悟,藤井 雅之,神田 哲典,笹岡 秀紀,松原 貴史,平田 拓也,小林 心
専門 必修
計測工学 計測工学
0050 履修単位 2 2 2 中村 翼
専門 必修
機械工作(留学生補習) 機械工作(留学生補習)
0051 履修単位 1 2 開講しない
専門 必修
デザイン基礎(留学生補習) デザイン基礎(留学生補習)
0052 履修単位 1 2 開講しない
一般 選択
第二外国語 第二外国語
0135 履修単位 2 2 2 張 暁琳
一般 必修
保健体育 保健体育
0136 履修単位 2 2 2 平畑 幸作
一般 必修
日本語(留学生補習) 日本語(留学生補習)
0137 履修単位 1 1 1 牛見 真博
一般 必修
日本事情(留学生補習) 日本事情(留学生補習)
0138 履修単位 1 1 1 島田 雄一郎
一般 必修
英語 英語
0141 履修単位 2 2 2 石田 依子
一般 必修
哲学 哲学
0142 履修単位 1 2 野本 敏生
一般 必修
法学 法学
0143 履修単位 1 2 野本 敏生
一般 選択
技能英語 技能英語
0160 履修単位 2 2 2 石田 依子
一般 選択
日本言語文化論 日本言語文化論
0161 履修単位 2 2 2 大久保 健治,牛見 真博
専門 必修
電磁気学Ⅱ 電磁気学Ⅱ
0139 学修単位 2 2 松原 貴史
専門 必修
ディジタル回路 ディジタル回路
0140 学修単位 2 2 増山 新二
専門 必修
ディジタル信号処理 ディジタル信号処理
0144 学修単位 2 2 小林 心
専門 必修
数値計算法 数値計算法
0145 学修単位 2 2 平田 拓也
専門 選択
情報処理演習 情報処理演習
0146 履修単位 2 2 2 浅川 貴史
専門 必修
材料力学 材料力学
0148 学修単位 2 2 笹岡 秀紀
専門 必修
熱力学 熱力学
0150 学修単位 2 2 神田 哲典
専門 必修
制御工学 制御工学
0151 履修単位 2 2 2 松原 貴史
専門 必修
産業電子機械 産業電子機械
0152 学修単位 2 2 浦田 清
専門 必修
実験実習 実験実習
0155 履修単位 2 2 2 浅川 貴史,増山 新二,藤井 雅之,笹岡 秀紀,岡野内 悟,松原 貴史,神田 哲典,中村 翼,平田 拓也,小林 心
専門 選択
工業材料 工業材料
0156 履修単位 2 2 2 神田 哲典
専門 必修
キャリアデザイン キャリアデザイン
0158 履修単位 1 2 浅川 貴史,増山 新二,藤井 雅之,笹岡 秀紀,岡野内 悟,松原 貴史,神田 哲典,中村 翼,平田 拓也,小林 心
専門 選択
インターンシップ インターンシップ
0159 履修単位 1 集中講義 笹岡 秀紀
専門 必修
材料力学演習 材料力学演習
0162 履修単位 1 2 笹岡 秀紀
専門 必修
流体力学 流体力学
0163 学修単位 2 2 山口 康太
専門 必修
センサ工学 センサ工学
0164 学修単位 2 2 平田 拓也
専門 必修
応用数学 応用数学
0165 履修単位 2 2 2 小田 裕美
一般 必修
第二外国語(ドイツ語) 第二外国語(ドイツ語)
0167 履修単位 2 2 2 野村 卓史
一般 必修
第二外国語(中国語) 第二外国語(中国語)
0168 履修単位 2 2 2 張 暁琳
一般 必修
保健体育 保健体育
0169 履修単位 2 2 2 平畑 幸作
一般 選択
日本文学 日本文学
0180 学修単位 2 2 開講しない
一般 選択
経営学 経営学
0181 学修単位 2 2 石原 良晃
一般 選択
実践英会話 実践英会話
0182 学修単位 2 2 開講しない
一般 選択
英語特論 英語特論
0183 学修単位 2 2 開講しない
一般 選択
日本語学 日本語学
0184 学修単位 2 2 開講しない
一般 選択
日本史特論 日本史特論
0185 学修単位 2 2 開講しない
一般 選択
企業と法 企業と法
0186 学修単位 2 2 野本 敏生
一般 選択
国際文化論 国際文化論
0187 学修単位 2 2 島田 雄一郎
専門 必修
電子機械演習 電子機械演習
0170 履修単位 2 2 2 増山 新二,浅川 貴史,岡野内 悟,藤井 雅之,笹岡 秀紀,神田 哲典,中村 翼,平田 拓也,松原 貴史,小林 心
専門 必修
センサ画像工学 センサ画像工学
0171 学修単位 2 2 平田 拓也
専門 必修
応用物理 応用物理
0172 学修単位 2 2 中村 翼
専門 選択
電気機器 電気機器
0173 履修単位 1 2 中村 翼
専門 選択
電子機械特論Ⅰ 電子機械特論Ⅰ
0174 履修単位 1 2 岡野内 悟
専門 選択
電子機械特論Ⅱ 電子機械特論Ⅱ
0175 履修単位 1 2 増山 新二
専門 選択
電子機械特論Ⅲ 電子機械特論Ⅲ
0176 履修単位 1 2 平田 拓也
専門 選択
超電導工学 超電導工学
0177 履修単位 1 2 増山 新二
専門 選択
電子応用 電子応用
0178 履修単位 1 2 藤井 雅之
専門 必修
工業英語 工業英語
0179 学修単位 2 2 中村 翼
専門 必修
知能情報工学 知能情報工学
0188 学修単位 2 2 松原 貴史
専門 必修
マイコン応用 マイコン応用
0189 学修単位 2 2 浅川 貴史
専門 必修
計算機システム 計算機システム
0190 学修単位 2 2 浅川 貴史
専門 選択
通信システム 通信システム
0191 履修単位 1 2 浅川 貴史
専門 選択
ディジタル画像処理 ディジタル画像処理
0192 履修単位 1 2 杉野 直規
専門 必修
機械力学 機械力学
0193 履修単位 1 2 笹岡 秀紀
専門 選択
システム制御工学 システム制御工学
0194 履修単位 1 2 増井 詠一郎
専門 選択
熱機関 熱機関
0195 履修単位 1 2 古瀬 宗雄
専門 選択
デザイン応用 デザイン応用
0196 履修単位 1 2 藤井 雅之
専門 選択
熱流体工学 熱流体工学
0197 履修単位 1 2 山口 康太
専門 選択
ロボット工学Ⅰ ロボット工学Ⅰ
0198 履修単位 1 2 岡野内 悟
専門 選択
ロボット工学Ⅱ ロボット工学Ⅱ
0199 履修単位 1 2 平田 拓也
専門 選択
インターンシップ インターンシップ
0200 履修単位 1 集中講義 笹岡 秀紀
専門 必修
卒業研究 卒業研究
0201 履修単位 8 8 8 増山 新二,浅川 貴史,岡野内 悟,藤井 雅之,笹岡 秀紀,神田 哲典,中村 翼,平田 拓也,松原 貴史,小林 心