ソフトウェア工学Ⅰ

科目基礎情報

学校 苫小牧工業高等専門学校 開講年度 2018
授業科目 ソフトウェア工学Ⅰ
科目番号 117037 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 情報工学科 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 前期:0 後期:3
教科書/教材 (教科書)小泉寿男・辻 秀一・吉田幸二・中島 毅 著「ソフトウェア開発」オーム社 (参考図書)川村一樹 著「ソフトウェア工学入門」近代科学社 國友義久 著「効果的プログラム開発技法」近代科学社 千葉雅弘監修「かんたんUML」翔泳社 OBJECT MANAGEMENT GROUP: "UML 2.0 Superstructure Specification" http://www.omg.org/ Len Base, Paul Clements, Rick Kazman:"Software Architecture in Practice (Sei Series in Software Engineering)"Addison-Wesley Pub (Sd), 2003 「情報セキュリティ白書2016」,(独)情報処理推進機構 (講義及び試験の内容水準確認のための参考資料)情報処理技術者試験 IPA セキュアプログラミング講座 本位田真一他著「オブジェクト指向分析設計」共立出版, 斎藤直樹著「データモデルとRDBMSへの実装」リックテレコム Steve McConnel著,石川勝訳「コードコンプリート」アスキー出版局 OBJECT MANAGEMENT GROUP: "UML 2.0 Superstructure Specification" http://www.omg.org/ Len Base, Paul Clements, Rick Kazman:"Software Architecture in Practice (Sei Series in Software Engineering)"Addison-Wesley Pub (Sd), 2003
担当教員 土居 茂雄

到達目標

1)ソフトウェアの役割・特徴・分類・ライフサイクルなどについて理解し,説明できること.
2)ソフトウェア開発プロセスのモデルなどについて理解し,説明できること.
3)ソフトウェア開発の分析工程における手順や内容および分析技法を理解し,説明できること.
4)ソフトウェアの設計工程における手順や技法を理解し,説明できること.
5)ソフトウェアのテスト工程・テストケース設計・妥当性評価方法・保守について理解し,説明
 できること.
6)オブジェクト指向の考え方・分析・設計・プログラミングについて理解し,説明できること.
7)ソフトウェア再利用の意義・再利用の効果・再利用の手法について理解し,説明できること.
8)ソフトウェア運用時にどのようなリスクが潜んでいるかを理解し説明できること.
9)ソフトウェア運用時のリスクを最小限に抑えるために,設計や運用で対策できる事柄を
理解し説明できること.
10)情報システムやそれに関連する事柄についてそれぞれが意見を述べ,まとめられること.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1ソフトウェアの役割・特徴・分類・ライフサイクルなどについて適切に説明できるソフトウェアの役割・特徴・分類・ライフサイクルなどについて説明できるソフトウェアの役割・特徴・分類・ライフサイクルなどについて説明できない
評価項目2ソフトウェア開発プロセスのモデルなどについて適切に説明できるソフトウェア開発プロセスのモデルなどについて説明できるソフトウェア開発プロセスのモデルなどについて説明できない
評価項目3ソフトウェア開発の要求分析における手順・内容・分析技法を適切に説明できるソフトウェア開発の要求分析における手順・内容・分析技法を説明できるソフトウェア開発の要求分析における手順・内容・分析技法を説明できない
評価項目4ソフトウェアの設計工程における手順や技法を適切に説明できる ソフトウェアの設計工程における手順や技法を説明できる ソフトウェアの設計工程における手順や技法を説明できない
評価項目5ソフトウェアのテスト工程・テストケース設計・妥当性評価方法・保守について適切に説明できる ソフトウェアのテスト工程・テストケース設計・妥当性評価方法・保守について説明できる ソフトウェアのテスト工程・テストケース設計・妥当性評価方法・保守について説明できない
評価項目6オブジェクト指向の考え方・分析・設計・プログラミングについて適切に説明できる ソフトウェアのテスト工程・テストケース設計・妥当性評価方法・保守について説明できる ソフトウェア再利用の意義・再利用の効果・再利用の手法について説明できない
評価項目7ソフトウェア再利用の意義・再利用の効果・再利用の手法について適切に説明できる ソフトウェア再利用の意義・再利用の効果・再利用の手法について説明できる ソフトウェアの運用時にどのようなリスクが潜んでいるかを説明できない
評価項目8ソフトウェアの運用時にどのようなリスクが潜んでいるかを適切に説明できる ソフトウェアの運用時にどのようなリスクが潜んでいるかを説明できる ソフトウェアの運用時にどのようなリスクが潜んでいるかを説明できない
評価項目9ソフトウェアの運用時のリスクを最小限に抑えるために,設計や運用で対策できる事柄を適切に説明できる ソフトウェアの運用時のリスクを最小限に抑えるために,設計や運用で対策できる事柄を説明できる ソフトウェアの運用時のリスクを最小限に抑えるために,設計や運用で対策できる事柄を説明できない
評価項目10情報システムやそれに関連する事柄についてそれぞれが意見を述べ,適切にまとめられる 情報システムやそれに関連する事柄についてそれぞれが意見を述べ,まとめられる 専門用語の英語⇔日本語のトランスレーションができない
評価項目11専門用語の英語⇔日本語のトランスレーションが適切にできる 情報システムやそれに関連する事柄についてそれぞれが意見を述べ,まとめられる 専門用語の英語⇔日本語のトランスレーションができる

学科の到達目標項目との関係

JABEE基準1 学習・教育到達目標 (d)(1), JABEE基準1 学習・教育到達目標 (d)(4), JABEE基準1 学習・教育到達目標 (e), JABEE基準1 学習・教育到達目標 (g), 学習目標 Ⅱ, 学校目標 E(継続的学習), 本科の点検項目 E-ⅱ, 学校目標 F(専門の実践技術), 学科目標 F(専門の実践技術) , 本科の点検項目 F-ⅰ, 本科の点検項目 F-ⅱ, 学科目標 H(社会と時代が求める技術), 学校目標 H(社会と時代が求める技術), 本科の点検項目 H-ⅰ, 学校目標 I(チームワーク), 学科目標 I(チームワーク) , 本科の点検項目 I-ⅰ

教育方法等

概要:
ソフトウェアの設計プロセスやそれにまつわる運用方法,情報管理の原則や情報セキュリティの技術的面や運用面を講義します.
授業の進め方と授業内容・方法:
情報システムの設計開発における作業手順や作業内容,これらに適用される技術・技法を,主として開発者の観点から捉え,講義します.また,実際に用いられている技術トピックも交えながら講義します.これまでに学習したことを実践的に整理するとともに,実務で使用されている代表的な技法を理解し応用できる能力を育成します.また,情報処理実習室でグループディスカッション・調査実習を行います.
達成目標に示す試験,小テスト・レポートを100点法で採点し,中間試験35%,定期試験40%,小テスト・レポート25%の割合で評価します.
成績によっては再試験を行うことがあります.
注意点:
自学自習時間として60時間を考え,本講義項目の達成目標に相当する課題を提示します.
演習課題を自学自習として取り組み,その結果をレポートで提出してください.提出物に不備がある場合は再提出を求めます.
適宜情報処理実習室で実習を行います.ハンドアウトを必要に応じ配布するので,フォルダを持参してください.
レポートの提出期限後の提出は減点の対象となることがあります.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 ソフトウェアの性質と開発の課題
ソフトウェア開発プロセス
ソフトウェアの役割・特徴・分類・ライフサイクルなどについて適切に説明できる
ソフトウェア開発プロセスのモデルなどについて適切に説明できる
2週 ソフトウェア開発プロセス
要求分析
ソフトウェア開発プロセスのモデルなどについて適切に説明できる
ソフトウェア開発の要求分析における手順・内容・分析技法を適切に説明できる
3週 要求分析 ソフトウェア開発の要求分析における手順・内容・分析技法を適切に説明できる
4週 ソフトウェア設計 ソフトウェアの設計工程における手順や技法を適切に説明できる
5週 ソフトウェア設計
ソフトウェアテスト
ソフトウェアの設計工程における手順や技法を適切に説明できる
ソフトウェアのテスト工程・テストケース設計・妥当性評価方法・保守について適切に説明できる
6週 ソフトウェアテスト ソフトウェアのテスト工程・テストケース設計・妥当性評価方法・保守について適切に説明できる
7週 ソフトウェアテスト ソフトウェアのテスト工程・テストケース設計・妥当性評価方法・保守について適切に説明できる
8週 中間試験
9週 オブジェクト指向とモデリング オブジェクト指向の考え方・分析・設計・プログラミングについて適切に説明できる
10週 オブジェクト指向とモデリング オブジェクト指向の考え方・分析・設計・プログラミングについて適切に説明できる
11週 オブジェクト指向とモデリング オブジェクト指向の考え方・分析・設計・プログラミングについて適切に説明できる
12週 ソフトウェア再利用
情報セキュリティ・リスクマネジメント
ソフトウェア再利用の意義・再利用の効果・再利用の手法について適切に説明できる
ソフトウェアの運用時にどのようなリスクが潜んでいるかを適切に説明できる
ソフトウェアの運用時のリスクを最小限に抑えるために,設計や運用で対策できる事柄を適切に説明できる

13週 情報セキュリティ・リスクマネジメント ソフトウェアの運用時にどのようなリスクが潜んでいるかを適切に説明できる
ソフトウェアの運用時のリスクを最小限に抑えるために,設計や運用で対策できる事柄を適切に説明できる
14週 情報セキュリティ・リスクマネジメント ソフトウェアの運用時にどのようなリスクが潜んでいるかを適切に説明できる
ソフトウェアの運用時のリスクを最小限に抑えるために,設計や運用で対策できる事柄を適切に説明できる
15週 グループディスカッション 情報システムやそれに関連する事柄についてそれぞれが意見を述べ,適切にまとめられる
16週 定期試験

評価割合

中間試験小テスト・レポート定期試験態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合352540000100
専門的能力352540000100