国際コミュニケーション

科目基礎情報

学校 苫小牧工業高等専門学校 開講年度 令和06年度 (2024年度)
授業科目 国際コミュニケーション
科目番号 0004 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 創造工学科(機械系フロンティアコース) 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 No textbook required
担当教員 アンドレア 畠山,佐藤 奈々恵

到達目標

1. 異文化コミュニケーション分野の重要な概念に関する英文を正しく理解し、内容について深く考察することができる。
2. 異文化理解・多文化共生の観点から社会を見つめ直す視点を養い、「グローバルエンジニア」として必要とされる考え方や態度を身につける。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安最低限の到達レベルの目安(可)未到達レベルの目安
評価項目1英文の意味とその内容の本質を正しく理解し、論理的な考察を加えることができる。英文の意味とその内容の本質をおおむね正しく理解し、論理的な考察を加えることができる。英文の意味内容を理解し、助言があれば論理的な考察を加えることができる。左記に満たない。
評価項目3相手の意見を適切な態度で聞くことができ、与えられたテーマについて重要語句を正確に使いながら説明できる。相手の意見を適切な態度で聞くことができ、与えられたテーマについて重要語句を使いながら説明できる。相手の意見を適切な態度で聞くことができ、助言があれば与えられたテーマについて重要語句を使いながら説明できる。左記に満たない。

学科の到達目標項目との関係

 Ⅰ 人間性  1 Ⅰ 人間性
 Ⅱ 実践性  2 Ⅱ 実践性
 Ⅲ 国際性  3 Ⅲ 国際性
 CP2 各系の工学的専門基盤知識,および実験・実習および演習・実技を通してその知識を社会実装に応用・実践できる力  5 CP2 各系の工学的専門基盤知識,および実験・実習および演習・実技を通してその知識を社会実装に応用・実践できる力
 CP3 課題の本質を理解し,正しい倫理観の下で,自分の意見を論理的に表現できる力  6 CP3 課題の本質を理解し,正しい倫理観の下で,自分の意見を論理的に表現できる力
 CP4 他者を理解・尊重し,協働できるコミュニケーション能力と人間力  7 CP4 他者を理解・尊重し,協働できるコミュニケーション能力と人間力
 CP5 国際的素養を有し,継続的に自ら学ぶ力  8 CP5 国際的素養を有し,継続的に自ら学ぶ力

教育方法等

概要:
「異文化コミュニケーション」をテーマにした英文を読み、異なる文化的背景をもつ相手とのやりとりにおける他者理解と、自己表現のための重要な概念を理解する。
授業の進め方・方法:
授業はテキストの読解・要約、音読、発表活動などを中心とする。プリントを多用するため、学期末まで保管と管理を徹底すること。
※この科目は学修単位科目のため,事前・事後学習として課題・演習などを実施し,評価の対象とします。 定期試験のための勉強時間も総合し、60時間の自学自習時間が必要です。 
注意点:
※ 課題提出において剽窃行為は一切認めない。剽窃と判断された場合は、すべての課題点を0とする。
※ 議論の対象となる文化圏・文化事象に敬意を払い、決して差別的・侮蔑的な発言や記述をしないこと。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 What is International Communication ?
The difference between verbal and nonverbal.
Communication in Japan and international
2週 Verbal Communication What is verbal communication ?
3週 Same Word, Different Meaning It's all about context
4週 Intonation How a different intonation can change everything.
5週 Sarcasm How and when to use sarcasm
6週 Language Diversity National and international
7週 Social Networking Services The past and the now
8週 達成度試験
4thQ
9週 Nonverbal Communication What defines nonverbal communication ?
10週 First Impressions How do you see others and how do they see you ?
11週 Facial Expression and Body Language Conciously and unconciously used language
12週 Paralanguage and Eye Contact Your face tell a story
13週 Visual Communication The signs around you
14週 Scenarios Situations that can happen or already have happened to all of us.
15週 Review and Conclusion
What did we learn and how do we use it ?
16週 定期試験

評価割合

定期試験達成度試験課題・小テスト等合計
総合評価割合403525100
基礎的能力403525100
専門的能力0000
分野横断的能力0000