分子細胞生物学

科目基礎情報

学校 苫小牧工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 分子細胞生物学
科目番号 0004 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 創造工学科(応用化学・生物系食品・バイオコース) 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 田村隆明・浦聖恵著 「遺伝子発現機構 クロマチン・転写制御・エピジェネティクス」 東京化学同人,H.R. Horton他著 鈴木紘一他監訳 「ホートン 生化学」 東京化学同人, Gerald Bergtrom, "Cell and Molecular Biology What We Know & How We Found Out"/参考書:田村隆明監訳 「分子生物学 ゲノミクスとプロテオミクス」 東京化学同人,浜島 晃著 「ニューステージ 新生物図表 生物基礎+生物対応」 浜島書店,東京大学生命科学教科書編集委員会編 「理系総合のための生命科学」 羊土社,B. Lewin著 菊池韶彦他訳 「エッセンシャル遺伝子」 東京化学同人,Zlatanova “Molecular Biology Structure and Dynamics of Genomes and Proteomes” Gerland Science, Paul Sanghera "Molecular and Cellular Biology" Infonential, Inc.,B. Lewin“Essential Genes”Pearson Education.
担当教員 宇津野 国治

到達目標

細胞を構成する分子の構造と機能を理解することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
細胞を構成する分子の構造と機能を理解することができる。細胞を構成する分子の構造と機能を理解することができる。細胞を構成する分子の構造と機能を概ね理解することができる。細胞を構成する分子の構造と機能を理解することができない。

学科の到達目標項目との関係

Ⅰ 人間性
Ⅱ 実践性
Ⅲ 国際性

教育方法等

概要:
本講義では,細胞を構成する分子の構造と機能を理解し,どのように生命現象が起こるのかを学ぶ。
授業の進め方・方法:
授業の最初に小テストを実施し,授業の最後に授業のまとめを作成することで理解度を確認する。この科目は学修単位科目のため,授業を受ける前に4時間以上の自学自習を行い,課題を提出してもらう。成績評価は定期試験30%,中間試験30%,小テスト10%,授業のまとめ10%,課題10%,ワーク10%である。合格点は60点以上である。成績が60点未満の者に対して再試験を実施する場合がある。再試験は定期試験と中間試験の60%分とする。ただし,やむを得ない理由で再試験を受験できない場合はレポートで評価する。
注意点:
正当な理由なしに課題を提出しなかった場合には評価を60点未満とする。授業態度の悪い者や小テストが40点未満の者に対しては面談を行う。正当な理由なしに授業を休んだ場合には,その回の小テスト,ワーク,および授業のまとめの点数は0点となる。不正行為を行った場合には成績評価を0点とする。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 生命の定義 生命の定義を説明することができる。
2週 生体分子 生体分子について説明することができる。
3週 細胞 細胞の構造について説明できる。
4週 生体膜 膜輸送について説明できる。
5週 細胞周期 細胞周期について説明できる。
6週 遺伝子 転写と翻訳について説明できる。
7週 原核生物の遺伝子発現制御機構 原核生物の遺伝子発現制御機構を説明できる。
8週 中間試験
4thQ
9週 ゲノムとクロマチン構造 ゲノムとクロマチン構造について説明できる。
10週 真核生物の転写 真核生物の転写について説明できる。
11週 真核生物の遺伝子発現制御機構 真核生物の遺伝子発現制御機構を説明できる。
12週 エピジェネティクス エピジェネティクスについて説明できる。
13週 iPS細胞 iPS細胞について説明できる。
14週 がん がんについて説明できる。
15週 ゲノム編集 ゲノム編集について自分の考えを述べることができる。
16週 定期試験

評価割合

定期試験中間試験小テスト授業のまとめ課題ワーク合計
総合評価割合303010101010100
基礎的能力1515555550
専門的能力1515555550