エンジニアリングデザインⅡ(5923)

科目基礎情報

学校 八戸工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 エンジニアリングデザインⅡ(5923)
科目番号 0002 科目区分 専門 / 選択
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 産業システム工学専攻環境都市・建築デザインコース 対象学年 専1
開設期 後期 週時間数 1
教科書/教材 教員作成プリント
担当教員 南 將人

目的・到達目標

エンジニアリングデザインⅠ(EDⅠ)に引き続くこの授業では、Ⅰで提案した地域課題に対する解決方法の実現を通して、国際的にも通用する開発思想をもち、倫理観を持った技術者の養成をを目的とする。具体的には社会的背景のより深い理解のため、関連内容を自ら学習・調査・考察し、チームで目標を達成する能力を養成する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
課題解決のため、自学する事ができる十分に解決策を自学し、説明できる解決策を自学できる解決策を自学できない
チーム内での自分の役割を理解し、課題解決に貢献できる十分にチーム内の役割を理会し、貢献できるチーム内の役割を理解している役割を理解できず、チームに貢献できない
期間内に一定の解決方法を提案・実施できる十分に期間内に現実的な解決策を提案できる期間内に解決策を提案できる解決策を提案できない

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 DP4 説明 閉じる
学習・教育到達度目標 DP5 説明 閉じる
地域志向 ◎ 説明 閉じる

教育方法等

概要:
前期後半から後期前半にかけて、複数専攻学生によるチーム編成により、担当テーマの解決を行う。外部講師の指導の下、議論を進めながら、期間内での解決を目指す。また、校外での研修により、課題のより深い理解を得る。最終回では、成果をまとめる力とプレゼン能力の養成を目的として成果報告会を開催する。
授業の進め方と授業内容・方法:
注意点:
学外研修(海外長期)との選択になる。
自ら考え、不足している知識や技術を直ぐに習得するように努める。チーム内での自分の役割・ポジションを把握し、積極的に関わる事。外部講師による講義は不定期なため連絡を見逃さない事。また、社会人のマナーを心掛ける事。前年度から引き続いてのテーマもある為、前年の担当者に状況を聞いておくと理解が深まる。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 チーム別の課題の設定と日程等の検討 問題点を明らかにし、解決方法や日程を設定する
2週 外部講師による講義①
3週 外部講師による講義②
4週 外部講師による講義③
5週 外部講師による講義④
6週 外部講師による講義⑤
7週 校外研修①
8週 校外研修②
4thQ
9週 校外研修③
10週 校外研修④
11週 校外研修⑤
12週 解決策のとりまとめ①
13週 解決策のとりまとめ②
14週 報告会用資料の作成とプレゼンの準備
15週 成果報告会
16週

評価割合

取り組み状況発表レポート合計
総合評価割合404020100
基礎的能力404020100