環境都市・建築デザインコース実験Ⅱ(9911)

科目基礎情報

学校 八戸工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 環境都市・建築デザインコース実験Ⅱ(9911)
科目番号 0005 科目区分 専門 / 選択
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 産業システム工学専攻環境都市・建築デザインコース 対象学年 専1
開設期 後期 週時間数 1
教科書/教材 教員作成資料
担当教員 釜谷 博行,古谷 一幸,黒沢 忠輝,新井 宏忠,古川 琢磨

目的・到達目標

各実験テーマの目的を理解し、その目的を達成するための実験の進め方を理解すると共に、自ら考え実行に移せる能力を身に付ける。
グループ内での各自の役割分担を決め、責任を持って確実に遂行し実践する能力を習得する。
自専攻だけでなく、他分野の基礎的な知識と計測・実験技術を習得する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1実験テーマの目的を理解し、その目的を達成するための実験の進め方を理解すると共に、自ら考え実行に移せる。実験テーマの目的を理解し、その目的を達成するための実験の進め方を理解している。実験テーマの目的を理解しているが、その目的を達成するための実験の進め方を理解しておらず、自ら考え実行に移すこともできない。
評価項目2グループ内での各自の役割分担を決め、責任を持って確実に遂行し実践することができ、必要に応じてグループを主導することができる。グループ内での各自の役割分担を決め、責任を持って確実に遂行し実践することができる。グループ内での各自の役割分担を責任を持って遂行することができない。
評価項目3自専攻だけでなく、他分野の基礎的な知識と計測・実験技術を習得し、それらを実用できる。自専攻だけでなく、他分野の基礎的な知識と計測・実験技術を習得できる。他分野の基礎的な知識と計測・実験技術を習得できない。

学科の到達目標項目との関係

ディプロマポリシー DP2 〇 説明 閉じる
ディプロマポリシー DP3 ◎ 説明 閉じる
ディプロマポリシー DP4 〇 説明 閉じる
地域志向 〇 説明 閉じる

教育方法等

概要:
【開講学期】後期1回あたり3時間を15回(12月初旬より開始されるため不規則な時間割となる)
様々な分野が融合して新技術が生み出されている今日、エンジニアには幅広い工学基礎知識と深い専門知 識が求められている。その理解は、講義による習得だけでなく、問題点を把握して実際に試行錯誤しながら実験を進めることで深くなる。本実験は、他分野の基礎的なテーマを小人数で実施することにより、幅広い知識と技術 の習得と理解をより確かなものにすることを目標とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
他コースの基礎的なテーマについて、各テーマ当たり5回ずつ、3コースで計15回(計45時間)行う。実験テ ーマごとに担当教員の指示に従って自発的に進める。
注意点:
各実験テーマの視点を把握し、各自が積極的に考え実験を行うこと。グループ内でよくディスカッションし、協力して実験を進めるように心がけること。自分の考えを自分の言葉でレポートに書き、実験結果とその意味が正確に伝わるレポートを作成すること。レポートはできるだけ実験時間内に作成し、指定された提出期限を厳守するこ と。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 Mコーステーマ(5回)
機械材料の硬さ・衝撃試験(材料・材料加工分野)・高周波電流加温の基礎(熱工学分野)・弾性体の振動(機械力学・計測制御分野)
2週 Eコーステーマ(5回)
プログラマブルコントローラ制御(電気制御分野)
3週 Cコーステーマ(5回)
単蒸留(化学工学分野)
4週
5週
6週
7週
8週
4thQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週

評価割合

レポート等による理解度合計
総合評価割合100100
基礎的能力00
専門的能力00
分野横断的能力100100