表現法(5004)

科目基礎情報

学校 八戸工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 表現法(5004)
科目番号 0026 科目区分 一般 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 産業システム工学専攻環境都市・建築デザインコース 対象学年 専2
開設期 前期 週時間数 1
教科書/教材 伊勢田哲治ほか『科学技術をよく考える』名古屋大学出版会
担当教員 戸田山 みどり

目的・到達目標

科学技術の社会における位置づけを理解する。科学技術に関して意見の分かれる諸課題について、対立する意見を検討し、自分たちで議論することを通して、論点を整理し、自分なりの意見を述べる方法を学ぶ。各テーマごとに、教科書等を参考にしながらテーマの要点を確認し、グループに分かれて意見交換をする。クリティカル・シンキングの技法を学ぶとともに、本科で学んだ科学技術社会論の基礎知識を応用できるようにする。


ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1建設的な討論ができる。目的にあった効果的な討論ができる。目的に応じた討論が成立しない。
評価項目2論理的な説明が的確にできる。論理的な説明がおおむねできる。論理的な説明ができない。
評価項目3多様な意見を整理して紹介できる。多様な意見を紹介できる。多様な意見をみとめることができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 DP1 地球環境と科学技術の重要性 説明 閉じる
学習・教育到達度目標 DP5 異文化理解と討議・発表力・英語基礎力 説明 閉じる
地域志向 〇 説明 閉じる

教育方法等

概要:
教科書を参考に、科学技術と社会の関係に関して、理解を深める。科学技術をめぐる対立する立場からの意見を比較・検討することで、対立の背後にあると考えられる社会的背景を読み取る。今後、工学に関わるものとしての態度決定に際して、何が重要かを考えるようにする。
授業の進め方と授業内容・方法:
講義とグループワークによる演習形式を組み合わせてすすめる。グループごとの成果発表、各自のレポート等によって評価を行う。
注意点:
討論には積極的に参加すること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 授業の概略
2週 予防原則
3週 原因推定の方法
4週 自由主義とパターナリズム
5週 二重盲検法
リスクコミュニケーション
6週 異文化コミュニケーションとしての科学コミュニケーション
7週 シミュレーションの信頼性
8週 科学コミュニケーション
科学技術政策の変遷
2ndQ
9週 科学的事実が確立するには
「予断」の必要性
10週 動物としての人間
11週 功利主義とマクシミン規則
12週 グループにわかれて発表の準備
13週 情報の整理
14週 討論
15週 グループごとの発表
16週 まとめ

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合07030000100
基礎的能力0351500050
専門的能力0000000
分野横断的能力0351500050