科目基礎情報

学校 一関工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 美術
科目番号 0054 科目区分 一般 / 必修
授業形態 実技 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 一般科目 対象学年 2
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 高校生の美術1、WATCH(貸出)
担当教員 金 春花

目的・到達目標

創造的な作品制作を通して豊かな感性を育て、創造する喜びを味わうとともに、ものづくりのための忍耐を養う。また、自己の意図、心情を表現するため、表現方法の基礎能力を養う。鑑賞を通し作品の良さ、美しさを感じ、それぞれの個性を発見する。
【教育目標】B  

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1
評価項目2
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
創造的な作品制作を通して豊かな感性を育て、創造する喜びを味わうとともに、ものづくりのための忍耐を養う。また、自己の意図、心情を表現するため、表現方法の基礎能力を養う。鑑賞を通し作品の良さ、美しさを感じ、それぞれの個性を発見する。
授業の進め方と授業内容・方法:
美術の幅広い創造活動を通じ基礎的な造形力を養う。作品制作を主とし、基本的内容を踏まえ、より良い作品にするために繰り返し工夫する。毎時間の積み重ね、取り組みを大切にする。授業内での完成を目指し、未完成の作品は受け付けない。鑑賞の際は指定されたレポートを提出すること。
注意点:
授業の内容は課題毎ごとに授業内で告知する。道具の取り扱い方を理解し、準備、後片付け等、丁寧に行われていたか。
【事前学習】授業開始前に取り扱う画材や道具を準備しておく。
【評価方法・評価基準】課題100%(出席、授業態度含む)で評価する。詳細は課題ごとに授業で告知する。完成作品の提出状況、時間内にやるべきことをこなし、積み重ねていくことを評価する。授業内での完成を目指し、未完成の作品は受け付けない。総合成績60点以上を単位修得とする。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 美術オリエンテーション     デザイン①レタリング 今後の授業の流れについて理解できたか。レタリングについて理解できたか。
2週 ②レタリング 下描き レタリングの特性を理解し表現できたか。
3週 ③レタリング 溝引き 溝引きの特性を理解する。道具を使いこななし、様々な太さの直線を美しく描けたか。
4週 ④レタリング 転写、仕上げ 読みやすい配置かつ、工夫できたか。今まで学習した内容を踏まえ、丁寧に色塗りできたか。
5週 ⑤レタリング 完成、鑑賞 自己と他の作品を鑑賞し、それぞれの良さを感じ取れたか。
6週 彫刻 ①立体造形 彫刻について理解できたか。自らの美しい形を探り、理想的な形を決定できたか。
7週 映像鑑賞 美術の様々な分野に視野を広げる。
8週 課題作成 課題を理解できたか。
2ndQ
9週 彫刻②立体造形 形の特性を理解し、制作をすすめることができたか。
10週 ③立体造形 形の特性を理解し、制作をすすめることができたか。
11週 ④立体造形 手の感覚を用い、歪みをなくすことができたか。自己と他の作品を鑑賞し、それぞれの良さを感じ取れたか。
12週 ④立体造形 手の感覚を用い、歪みをなくすことができたか。
13週 ⑤立体造形 完成、鑑賞 自己と他の作品を鑑賞し、それぞれの良さを感じ取れたか。
14週 鉛筆デッサン 基礎 道具の取り扱いを理解し、鉛筆による濃淡を表現できたか。
15週 まとめ これまでの学習を振りかえる。
16週
後期
3rdQ
1週 鉛筆デッサン 応用       ①石膏デッサン 対象の確認、形を観察し理解できたか。
2週 ②石膏デッサン 構図 効果的な構図や配置を理解できたか。
3週 ③石膏デッサン 描画 陰影、立体感が表現できたか。
4週 ④石膏デッサン 描画 細部を観察し表現できたか。
5週 ⑤石膏デッサン 完成、鑑賞 自己と他の作品を鑑賞し、それぞれの良さを感じ取れたか。
6週 色彩 ①色彩について 色彩について特性を理解できたか。
7週 映像鑑賞 美術の様々な分野に視野を広げる。
8週 課題制作 課題を理解できたか。
4thQ
9週 ②3原色を用いたカラーチャート作成 3原色を理解し、色の違いを表現できたか。
10週 ③3原色を用いたカラーチャート作成 3原色を理解し、色の違いを表現できたか。
11週 ④3原色を用いた着彩のためのスケッチ、デッサン、下描き 対象をよく観察し、効果的な構図をとることができたか。
12週 ⑤3原色を用いた着彩 透明水彩 道具の取り扱い方、透明水彩の特性を理解できたか。
13週 ⑥3原色を用いた着彩 透明水彩 道具の取り扱い方、透明水彩の特性を理解できたか。
14週 ⑦3原色を用いた着彩 透明水彩       背景 完成 背景を効果的に仕上げることが出来たか。
15週 ⑧透明水彩 鑑賞        まとめ 自己と他の作品を鑑賞し、それぞれの良さを感じ取れたか。これまでの学習を振りかえる。
16週

評価割合

制作(出席、態度含む)作品(レポート含む)合計
総合評価割合6040100
基礎的能力6040100
専門的能力000