ネットワーキングⅠ

科目基礎情報

学校 仙台高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 ネットワーキングⅠ
科目番号 0279 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 4
開設学科 情報システム工学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 4
教科書/教材
担当教員 菅野 浩徳,小林 秀幸

目的・到達目標

TCP/IP技術の基礎知識を修得すること。
ルータ・スイッチ等のネットワーク機器の基本的な設定ができるようになること。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1TCP/IP技術の基礎知識を理解し説明できる。TCP/IP技術の基礎知識を理解できる。TCP/IP技術の基礎知識を理解できない。
評価項目2ルータ・スイッチ等のネットワーク機器の基本的な設定ができ説明できる。ルータ・スイッチ等のネットワーク機器の基本的な設定ができる。ルータ・スイッチ等のネットワーク機器の基本的な設定を理解できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
ネットワーク技術及びそれらを用いたネットワーク構築技法の基礎を,Cisco Networking Academy Program等の教材を活用しながら実践的に学習・修得する。
授業の進め方と授業内容・方法:
本科目は,コンピュータリテラシ,コンピュータシステム基礎,情報システム基礎実験などと関連する。e-learning教材等を用いた学習と,パソコンやネットワーク機器を用いた演習を行う。
注意点:
授業時間外における自学自習を確実に行い,着実に理解するよう心掛けること。不明な点があれば進んで質問すること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 概要説明,NetSpaceの初期設定,予備試験
ネットワークについて
この授業の目的,学習内容,到達目標などを理解する。
NetSpace(e-learningシステム)の初期設定と使用方法を理解する。
予備試験により、現状の知識・理解の度合いを確認する。
データネットワークのプラットフォームの概要を理解する。
2週 ネットワークOSの設定 ネットワークOSの概要を理解する。
ルータおよびスイッチの基本的な操作を理解し,設定できる。
ネットワークシミュレータ(PT:Packet Tracer)の基本的な操作を理解し,操作できる。
3週 ネットワーク プロトコルと通信 ネットワークを機能させるための規格、およびネットワーク上での通信の仕組みについて理解する。
4週 ネットワークアクセス層 物理層の一般的な機能とローカル メディアを介したデータ送信を管理する規格とプロトコルについて理解する。 また,データ リンク層の機能およびそれに関連するプロトコルについて理解する。
5週 イーサネット イーサネットの特性と動作について理解する。
6週 ネットワーク層 ネットワーク層の役割,ネットワーク間の通信を可能にする仕組みについて理解する。
7週 トランスポート層 トランスポート層の役割,TCP,UDPの機能や特性について理解する。
8週 IP アドレス IP アドレスの構造,IP ネットワークおよびサブネットワークの構築とテストを行う方法を理解する。
2ndQ
9週 IP ネットワークのサブネット化 サブネット マスクを使用して IP ネットワークとサブネットワークのアドレスを作成し割り当てる方法について理解する。
10週 アプリケーション層 アプリケーション層の役割や機能,主なサービスについて理解する。
11週 ネットワークとは ネットワークを正しく機能させ,維持してゆくための方法や技術について理解する。
12週 振り返り これまでの学習内容の理解を深め定着を図る。
13週 オンライン試験
14週 試験
15週 まとめ これまでのまとめ
16週 予備日

評価割合

演習A演習Bオンライン試験試験合計
総合評価割合10203040100
基礎的能力55101030
専門的能力515203070