酵素化学

科目基礎情報

学校 秋田工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 酵素化学
科目番号 0002 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 物質工学科(生物コース) 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 参考書:酵素−科学と工業 講談社,はじめての酵素化学 シーエムシー
担当教員 伊藤 浩之

到達目標

1.酵素を構成するアミノ酸の構造と性質,高次構造を形成する結合と高次構造の形成過程を説明できる
2.酵素の効率的な精製法の基本原理を説明できる
3.酵素反応と酵素反応速度論を理解し,酵素機能解析の基本を説明できる
4.酵素反応の阻害について説明できる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安(優)標準的な到達レベルの目安(良)未到達レベルの目安(不可)
評価項目1タンパク質を構成するアミノ酸の構造と性質,高次構造を形成する結合と高次構造の形成過程を明確に理解し,説明できるタンパク質を構成するアミノ酸の構造と性質,高次構造を形成する結合と高次構造の形成過程を理解できる。タンパク質を構成するアミノ酸の構造と性質,高次構造を形成する結合と高次構造の形成過程を理解できない。
評価項目2酵素の効率的な精製法の基本原理を説明できる酵素の効率的な精製法の基本原理の概略を説明できる酵素の効率的な精製法の基本原理を説明できない
評価項目3酵素反応と酵素反応速度論について十分に理解し,酵素機能解析の基本を説明できる酵素反応と酵素反応速度論について理解できる酵素反応と酵素反応速度論について理解できない
評価項目4酵素反応の阻害について反応速度論的に説明できる酵素反応の阻害の概要について説明できる酵素反応の阻害について説明できない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
酵素の構成成分であるアミノ酸の構造と性質を理解し,生命現象に極めて重要な役割を果たす酵素の構造と機能を関連づけて学習する。また,酵素反応速度論的解析や酵素反応の阻害についてその基本を理解する。
授業の進め方と授業内容・方法:
講義形式で行う。必要に応じて適宜課題やレポートの提出を求める。
注意点:
合格点は60点である。到達度試験の結果を70%,レポートを20%,課題を10%で評価する。
総合評価 =(後期中間到達度試験+後期末到達度試験)×0.35+レポート評価点×0.2+課題評価点×0.1

(講義を受ける前):生物化学,生物化学工学,応用微生物学の内容を十分に理解しておくこと
(講義を受けた後):課題レポートおよび復習を行い,各自で授業の内容が理解できているか確認すること

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 授業ガイダンス
酵素について
授業の進め方と評価の仕方について説明する
酵素に関する歴史を説明できる
2週 酵素の構造(1) 酵素を構成するアミノ酸の構造と性質を説明できる
3週 酵素の構造(2) アミノ酸のペプチド結合,配列決定法を説明できる
4週 酵素の構造(3) タンパク質の二次構造の概要を説明できる
5週 酵素の構造(4) タンパク質の三次構造および四次構造の概要を説明できる
6週 酵素の精製(1) 生体から酵素を単離し分析する概要を説明できる
7週 酵素の精製(2) 生体から酵素を単離し分析する概要を説明できる
8週 到達度試験 学習した内容の理解度を確認する
9週 試験の解説と解答
酵素特性(1)
試験の解説と解答
酵素の性質,活性表現,分類方法などを説明できる
10週 酵素特性(2) 酵素の性質,活性表現,分類方法などを説明できる
11週 酵素反応と反応速度論(1) 酵素反応速度論を説明できる
12週 酵素反応と反応速度論(2) 酵素反応速度論を説明できる
13週 酵素反応の調節(1) 酵素の阻害様式,アロステリック酵素の特性を説明できる
14週 酵素反応の調節(2) 酵素の阻害様式,アロステリック酵素の特性を説明できる
15週 到達度試験 学習した内容の理解度を確認する
16週 試験の解説と解答 試験の解説と解答

評価割合

試験発表レポート態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合700200010100
知識の基本的な理解60010001080
思考・推論・創造への適用力100500015
総合的な学習経験と創造的思考力0050005