情報処理応用

科目基礎情報

学校 秋田工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 情報処理応用
科目番号 0003 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 創造システム工学科(電気・電子・情報系) 対象学年 2
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 「C言語によるプログラミング 基礎編 第2版」 内田智史 監修 オーム社、自製プリント
担当教員 竹下 大樹

到達目標

1.プログラミングに必要な基本的な知識を理解する.
2.簡単なアプリケーションプログラムを作成できる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1プログラミングに必要な基本的な知識を理解し,独力でプログラムを作成できる.プログラミングに必要な基本的な知識を理解し,サンプルや参考資料を参照しながら,プログラムを作成できる.プログラミングに必要な基本的な知識を理解しておらず,プログラムを作成できない.
評価項目2独力で,簡単なアプリケーションプログラムを作成できる.サンプルや参考資料を参照しながら,簡単なアプリケーションプログラムを作成できる.簡単なアプリケーションプログラムを作成できない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
C言語を使い,実際にプログラムの作成ができること.問題解決にプログラムを利用できる能力を習得する.
授業の進め方と授業内容・方法:
講義形式,および演習形式で授業を行う.レポートを課す.
注意点:
合格点は50点である.成績はレポートによって評価する.特に,レポート未提出者は単位取得が困難となるので注意すること.学年総合成績 = 後期末成績

(講義を受ける前)テキストを中心に進めていくが,教科書を予習し,講義に備えること.
(講義を受けた後)レポートを課すので,講義内容を理解し,スキルの習得に努めること.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 授業ガイダンス
関数
授業の進め方と評価の仕方について説明する.
関数の使い方がわかる.
2週 関数 関数の使い方がわかる.
3週 関数 関数の使い方がわかる.
4週 関数 関数の使い方がわかる.
5週 文字列 文字列の使い方がわかる.
6週 文字列 文字列の使い方がわかる.
7週 文字列 文字列の使い方がわかる.
8週 ポインタ メモリとアドレスの概念が理解でき,ポインタが使える.
9週 ポインタ メモリとアドレスの概念が理解でき,ポインタが使える.
10週 ポインタ メモリとアドレスの概念が理解でき,ポインタが使える.
11週 構造体とユーザ定義型 構造体の使い方が分かる.
12週 構造体とユーザ定義型 構造体の使い方が分かる.
13週 構造体とユーザ定義型 構造体の使い方が分かる.
14週 ファイル ファイル入出力を使ったプログラムが書ける.
15週 ファイル ファイル入出力を使ったプログラムが書ける.
16週

評価割合

レポート合計
総合評価割合100100
知識の基本的な理解5050
思考・推論・創造への適用力1010
分野横断的能力1010
汎用的技能1010
態度・嗜好性 (人間力)1010
総合的な学習経験と創造的思考力1010