建築デザイン演習Ⅰ

科目基礎情報

学校 秋田工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 建築デザイン演習Ⅰ
科目番号 0001 科目区分 専門 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 創造システム工学科(土木・建築系) 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 プリント配布
担当教員 鎌田 光明

到達目標

1. 建築設計で用いる基本的な製図方法と図面のきまり、表現方法を修得する。
2. 図面特有の情報伝達機能を修得する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1作業内容を理解し,それを実行し,説明することができる。作業内容を理解し,それを実行することができる。作業内容を実行することができない。
評価項目2作業内容を理解し、適切な手法において実行し、完遂することが出来る。作業内容を理解し、適切な手法において実行することが出来る。作業内容を理解し、適切な手法において実行できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
建築設計で用いる基本的な製図方法と図面のきまり、表現方法を修得し、図面特有の情報伝達機能を修得する。
授業の進め方と授業内容・方法:
各課題のはじめに授業を行い、演習形式を中心に行なう。提出物が合格点に達しない場合、再提出を課すことがある。
注意点:
合格点は50点である。総合評価は、各課題の評価の平均を全体の80%とし、授業態度を20%として総合的に行なう。特に、レポート・課題の未提出者は単位取得が困難となるので注意すること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 授業ガイダンス
1 製図のきまりと基本的方法
 (1) 製図用具とその使い方
基本的製図用具の種類と使い方がわかる。
2週  (2) 製図に用いる線の種類
製図用の線の種類と用法がわかる。
3週  (2) 製図に用いる線の種類 製図用の線の種類と用法がわかる。
4週 2 投影図法と立体表現の基礎
 (1) 投影図法の基礎
投影図法の基礎を修得できる。
5週  (1) 投影図法の基礎
投影図法の基礎を修得できる。
6週  (2) 立体表現の基礎 階段の投影図の作成と陰影を用いた立体表現手法を修得できる。
7週  (2) 立体表現の基礎 階段の投影図の作成と陰影を用いた立体表現手法を修得できる。
8週  (2) 立体表現の基礎 階段の投影図の作成と陰影を用いた立体表現手法を修得できる。
9週  (2) 立体表現の基礎 透視図の基礎を修得できる。
10週  (2) 立体表現の基礎 透視図の基礎を修得できる。
11週  (2) 立体表現の基礎 透視図の基礎を修得できる。
12週 3 透視図法の基礎
 (1) 一点透視図法の基礎
室内を想定した一点透視図法を修得できる。
13週  (1) 一点透視図法の基礎 室内を想定した一点透視図法を修得できる。
14週  (2) 二点透視図法の基礎 建物の外観を想定した二点透視図法を修得できる。
15週  (2) 二点透視図法の基礎 建物の外観を想定した二点透視図法を修得できる。
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合00020080100
基礎的能力0002004060
専門的能力000002020
分野横断的能力000002020