測量実習Ⅰ

科目基礎情報

学校 秋田工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 測量実習Ⅰ
科目番号 0006 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 創造システム工学科(土木・建築系) 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 「改訂 測量学I」堤 他、コロナ社 および 「改訂 測量学II」岡林 他、コロナ社
担当教員 山添 誠隆,葛西 誠

到達目標

・距離測量における各種の測定方法の特徴を説明でき、正しく誤差の取り扱いができる
・各測量における各種の測定方法の特徴を説明でき、正しく測角儀を据え付け誤差の取り扱いができる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安(優)標準的な到達レベルの目安(良)未到達レベルの目安(不可)
評価項目1距離測量における各種の測定方法の特徴を説明でき、誤差の取り扱いを自主的に行える距離測量に用いる各種の機器を据え付けでき、測定できる距離測量の各種の機器を用いて測定できない
評価項目2測角儀を正しく据え付けることができ、誤差の取り扱いを自主的に行える測角儀を据え付けでき、測定できる測角儀を用いて測定できない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
測量は土木・建築工事の設計、施工の基礎である。測量成果を得るためには、測量機器の構造・測定方法を理解した上で適切な誤差および測定値の取り扱いが求められる。本実習では、各種測量のうち最も基本的な距離測量および角測量を対象として、機器の据え付けから測定値の扱いまで一貫して行える能力を習得する。
授業の進め方と授業内容・方法:
演習(実習)形式で行う。天候により講義形式で行うことがある。授業時間内に実技試験を実施する。適宜、課題の提出を求める。
注意点:
合格点は50点である。
実技試験の評価は50%、課題の評価は40%、実習態度を10%として評価する。特に課題の未提出者は単位修得が困難になるので注意すること。
(授業を受ける前)基礎測量学の授業内容を良く復習しておくこと。
(授業を受けた後)計測は工学の基礎である。測量に限らず、あらゆる場面で測定機器・測定方法を正しく理解した上で測定値・誤差を扱う習慣をつけること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 ガイダンス 授業の進め方と評価の仕方を理解できる。
2週 距離測量 歩測(1) 自身の歩長を調べることができる。
3週 距離測量 歩測(2) 歩測によって任意区間の長さを調べることができる。
4週 距離測量 巻尺による測定(1) 巻尺を用いて距離を測定できる。
5週 距離測量 巻尺による測定(2) 巻尺を用いて距離を測定できる。
6週 距離測量 巻尺による測定(3) 距離の測定値をもとに最確値を求めることができる。
7週 距離測量 巻尺による測定(4) 距離の測定値をもとに最確値を求めることができる。
8週 距離測量実技試験 正しく機器を用いて、要求される精度で距離測量ができる。
9週 測角儀の構造 トランシットの構造が説明できる。
10週 測角儀の据付け トランシットを正しく据付けできる。
11週 水平角(単測角)の測定(1) 単測角の測定ができ、測定値を正しく野帳に記入できる。
12週 水平角(単測角)の測定(2) 単測角の測定ができ、測定値を正しく野帳に記入できる。
13週 水平角(3倍角)の測定(1) 3倍角の測定ができる。
14週 水平角(3倍角)の測定(2) 3倍角の測定ができる。
15週 角測量実技試験 正しく機器を据付けでき、要求される精度で角測量ができる。
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合500010040100
基礎的能力3000002050
専門的能力2000002040
分野横断的能力0000000
態度000100010