専攻科研究Ⅰ

科目基礎情報

学校 鶴岡工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 専攻科研究Ⅰ
科目番号 0106 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 学修単位: 8
開設学科 専攻科一般科目・共通専門科目 対象学年 専1
開設期 通年 週時間数 4
教科書/教材 指導教員が適宜指示
担当教員 渡部 誠二

目的・到達目標

研究課題の解決に向けた研究遂行能力と研究発表能力を身につける。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1他者と協調・協働して自主的、計画的、継続的に研究に取り組むことができる。自主的、計画的、継続的に研究に取り組むことができる。自主的、計画的、継続的に研究に取り組むことができない。
評価項目2わかりやすく説明でき、質疑に対して適確に応答できる。他者の模範となる発表である。わかりやすく説明でき、質疑に対して適確に応答できる。説明がわかりにくくき、質疑に対しても適確に応答できない。
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

②自ら考え計画し、能力を総合的に発揮して問題を解決できる能力 説明 閉じる

教育方法等

概要:
学生毎にテーマが定められ、多面的な知識・技術を統合して創造力や応用力を発揮し、自主的に研究課題の解決に取り組む。専攻科研究Ⅰでは、2年次の専攻科研究Ⅱにおける最終的な目標達成に向けた調査研究や予備的実験を行う。
授業の進め方と授業内容・方法:
研究ノートに記載した研究計画や日常の研究記録などをもとに研究遂行能力を、研究発表会における発表をもとに能力を評価する。
注意点:

事前・事後学習、オフィスアワー

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 研究テーマの選定と内容説明 自主的、計画的、継続的に研究を推進でき、課題解決のために発想できること。そして、結果に対して客観的に評価し、考察できること。
2週 実施計画の立案と研究ノートの作成 同上
3週 研究の遂行と進捗管理 同上
4週 同上 同上
5週 同上 同上
6週 同上 同上
7週 同上 同上
8週 同上 同上
2ndQ
9週 同上 同上
10週 同上 同上
11週 同上 同上
12週 同上 同上
13週 同上 同上
14週 同上 同上
15週 同上 同上
16週
後期
3rdQ
1週 同上 同上
2週 同上 同上
3週 同上 同上
4週 同上 同上
5週 同上 同上
6週 同上 同上
7週 同上 同上
8週 同上 同上
4thQ
9週 同上 同上
10週 同上 同上
11週 同上 同上
12週 同上 同上
13週 同上 同上
14週 同上 同上
15週 研究発表会 わかりやすい説明と、質疑に対する適確な応答ができること。
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合03000700100
基礎的能力0000000
専門的能力03000700100
分野横断的能力0000000