音響工学

科目基礎情報

学校 鶴岡工業高等専門学校 開講年度 平成26年度 (2014年度)
授業科目 音響工学
科目番号 0010 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 生産システム工学専攻 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 4
教科書/教材 機械系の音響工学 コロナ社
担当教員 栁本 憲作

到達目標

音響工学の基礎的分野として波動方程式の導出から、音響伝搬時に現われる種々の現象について学ぶとともに理解することを目的とする。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1平面波の波動方程式から音響管内を伝播する音を解析できる。波動方程式から平面波の式を導くことができる。波動方程式を解く事が十分にできない。
評価項目2音波が媒質内を伝播する際の種々の物理的現象について十分に理解している。音波が媒質内を伝播する際の種々の物理的現象についてほぼ理解している。音波が媒質内を伝播する際の種々の物理的現象について理解不足である。
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
電気工学をはじめ機械工学や情報工学の分野では、音響信号の利用がますます広がっており、本講義は音響工学の基礎的分野や、音響伝達時に現われる種々の現象、音響利用など具体例を学ぶとともに、音響の技術的意義を理解する。
授業の進め方・方法:
教科書に沿った内容で、パワーポイント形式による講義で行う。
注意点:
物理における音波の分野を理解しておくことが重要。

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 音響信号の基礎 自己相関関数、相互相関関数について理解できる。
2週 音響信号の種類と解析方法 フーリエ変換について理解できる。
3週 音波の基礎 基本的な音波の関係式を理解できる。
4週 波動方程式の導出 波動方程式の導出を理解できる。
5週 速度ポテンシャル 速度ポテンシャルを用いた波動方程式を理解できる。
6週 平面波の波動方程式と解 平面波の音圧、粒子速度の式を算出できる。
7週 球面波の波動方程式と解 球面波の音圧、粒子速度の式を算出できる。
8週 中間までの振り返り 演習により理解を深める。
2ndQ
9週 音響管 I 音響管について理解できる。
10週 音響管 II 音響管内部の定在波について平面波として解析できる。
11週 音の単位とレベル 音の単位と各種のレベル表示について理解できる。
12週 音の伝播 音の反射、透過、屈折、回折について理解できる。
13週 発音物体の振動 弦、方形板、円板などの発音物体からの振動について理解できる。
14週 能動騒音制御の原理 能動騒音制御の原理、手法について理解できる。
15週 期末までの振り返り 演習により理解を深める。
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合80000020100
基礎的能力0000000
専門的能力80000020100
分野横断的能力0000000