シミュレーション工学

科目基礎情報

学校 鶴岡工業高等専門学校 開講年度 平成26年度 (2014年度)
授業科目 シミュレーション工学
科目番号 0014 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 生産システム工学専攻 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 4
教科書/教材 遺伝的アルゴリズムプログラミング
担当教員 西山 勝彦

到達目標

遺伝的アルゴリズムの意義を理解し、山登り問題、巡回セールスマン問題へ適用できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1遺伝的アルゴリズムの意義を詳細に説明できる。遺伝的アルゴリズムの意義をほぼ説明できる。遺伝的アルゴリズムの意義を説明できない。
評価項目2
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
コンピュータシミュレーションの概要について、具体例を挙げながら概説する。理論と応用面から解説し理解を深め、シミュレーション技術者に必要な知識を身につけさせる。
授業の進め方・方法:
自学自習を目的に、遺伝的アルゴリズムに関する考察を課題とするレポートを提出すること。
レポート20%、前期期末試験80%で達成度を総合評価する。
総合評価60点以上を合格とする。
注意点:

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 1.遺伝的アルゴリズムの概要 1.遺伝的アルゴリズムの意義を理解できる。
2週 2.山登り問題への適用方法 2.山登り問題への遺伝的アルゴリズムの適用方法を理解できる。
3週 3.山登り問題のプログラミング 3.山登り問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
4週 3.山登り問題のプログラミング 3.山登り問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
5週 3.山登り問題のプログラミング 3.山登り問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
6週 3.山登り問題のプログラミング 3.山登り問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
7週 3.山登り問題のプログラミング 3.山登り問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
8週 3.山登り問題のプログラミング 3.山登り問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
2ndQ
9週 4.巡回セールスマン問題への適用方法 4.巡回セールスマン問題への遺伝的アルゴリズムの適用方法を理解できる。
10週 5.巡回セールスマン問題のプログラミング 5. 巡回セールスマン問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
11週 5.巡回セールスマン問題のプログラミング 5. 巡回セールスマン問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
12週 5.巡回セールスマン問題のプログラミング 5. 巡回セールスマン問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
13週 5.巡回セールスマン問題のプログラミング 5. 巡回セールスマン問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
14週 5.巡回セールスマン問題のプログラミング 5. 巡回セールスマン問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
15週 5.巡回セールスマン問題のプログラミング 5. 巡回セールスマン問題へ適用した遺伝的アルゴリズムをプログラムで記述できる。
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合10000000100
基礎的能力300000030
専門的能力400000040
分野横断的能力300000030