技術英語AE

科目基礎情報

学校 茨城工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 技術英語AE
科目番号 0012 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 専攻科 産業技術システムデザイン工学専攻 電気電子工学コース 対象学年 専2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 配付資料、および各種コンテンツを使用
担当教員 加藤 文武

目的・到達目標

科学技術(電気・電子工学含む)に関する英語の語彙を増やす。
科学技術(電気・電子工学含む)に関する英語のコンテンツが理解できる。
科学技術(電気・電子工学含む)に関する基本的かつ簡単な内容を英語で表現できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1科学技術(電気工学含む)に関す る英語の語彙を増やすことができ た。科学技術(電気工学含む)に関す る英語の語彙をある程度理解した 。科学技術(電気工学含む)に関す る英語の語彙を増やすことができ ていない。
評価項目2科学技術(電気工学含む)に関す る英語のコンテンツが理解できた 。科学技術(電気工学含む)に関す る英語のコンテンツがある程度理 解できた。科学技術(電気工学含む)に関す る英語のコンテンツが理解できて いない。
評価項目3科学技術(電気工学含む)に関す る基本的かつ簡単な内容を英語で 表現できた。科学技術(電気工学含む)に関す る基本的かつ簡単な内容を英語で ある程度表現できた。科学技術(電気工学含む)に関す る基本的かつ簡単な内容を英語で 表現できていない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育目標 (F) (リ) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
本講義では、専門用語、科学技術的記述等の英語表現を学ぶ。
英語の科学技術コンテンツ(文書、ビデオ等)を理解できるようにする。
英語によるリスニング、リーディング、ライティングおよび簡単なスピーキングについて学ぶ。
授業の進め方と授業内容・方法:
Reading and listening are input, writing and speaking are output. Good input makes good output. To support these activities, always be aware with contents/information in English in daily life.
注意点:

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 英語による専門用語、表現学習1 専門用語の語彙・イディオムを増やす。
2週 英語による専門用語、表現学習2 専門用語の語彙・イディオムを増やす。
3週 英語による専門用語、表現学習3 専門用語の語彙・イディオムを増やす。
4週 英語による専門用語、表現学習4 専門用語の語彙・イディオムを増やす。
5週 英語による専門用語、表現学習5 専門用語の語彙・イディオムを増やす。
6週 英語による専門用語、表現学習6 専門用語の語彙・イディオムを増やす。
7週 英語による専門用語、表現学習7 専門用語の語彙・イディオムを増やす。
8週 英語による科学技術コンテンツ学習1 英語による科学技術コンテンツを理解し、表現できるようになることを目指す
2ndQ
9週 英語による科学技術コンテンツ学習2 英語による科学技術コンテンツを理解し、表現できるようになることを目指す
10週 英語による科学技術コンテンツ学習3 英語による科学技術コンテンツを理解し、表現できるようになることを目指す
11週 英語による科学技術コンテンツ学習4 英語による科学技術コンテンツを理解し、表現できるようになることを目指す
12週 英語による科学技術コンテンツ学習5 英語による科学技術コンテンツを理解し、表現できるようになることを目指す
13週 英語による科学技術コンテンツ学習6 英語による科学技術コンテンツを理解し、表現できるようになることを目指す
14週 英語による科学技術コンテンツ学習7 英語による科学技術コンテンツを理解し、表現できるようになることを目指す
15週 (期末試験) レポート課題を提出する。
16週 総復習 これまでの要点を復習する。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオレポート合計
総合評価割合5000095100
基礎的能力000004545
専門的能力0000000
分野横断的能力500005055