電気工学実験

科目基礎情報

学校 木更津工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 電気工学実験
科目番号 0057 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材
担当教員 内田 洋彰,歸山 智治

到達目標

1. マイコン(PIC、AVR)、電子回路、インターフェースを理解し、計測制御の基本について説明できる
2. マイコン(PIC、AVR)を利用したグループ毎独自の応用例の考案、設計,製作過程での各自の役割の明確化および遂行,チームで設計製作する一連のプロセスを体験する
3.アイデアから製作までのプロセスについて視聴覚機器を用いてプレゼンテーションできる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1マイコン(PIC、AVR)を用いたグループでの製作課題の計測制御システムを説明できるマイコン(PIC、AVR)を用いたグループでの製作課題において,計測制御システムの基本事項を説明できるマイコン(PIC、AVR)を用いたグループでの製作課題において,計測制御システムの基本事項を説明できない
評価項目2マイコンを用いたグループでの製作課題をグループワークで製作することができるマイコンを用いたグループでの製作課題において基本的な作業ができるマイコンを用いたグループでの製作課題において基本的な作業ができない
評価項目3グループでの製作課題について,アイデアから製作までのプロセスを,視聴覚機器を用いてプレゼンテーションできるグループでの製作課題について,アイデアから製作までの基本プロセスを,視聴覚機器を用いてプレゼンテーションできるグループでの製作課題について,アイデアから製作までの基本プロセスを,視聴覚機器を用いてプレゼンテーションできない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
1. マイコン(PIC、AVR)、電子回路、インターフェースを理解し、計測制御の基本について学習する
2. マイコン(PIC、AVR)を利用したグループ毎独自の応用例の考案、設計,製作過程での各自の役割の明確化および遂行,チームで設計製作する一連のプロセスを体験する
3.・アイデアから製作までのプロセスについて視聴覚機器を用いてプレゼンテーションする
授業の進め方・方法:
1. グループに分かれて製作課題を考案,設計,製作する
2. チームワークで製作課題を製作する
3.役割分担された作業を行う
注意点:
1.教科書やインターネットによる情報を基にマイコン(PIC、AVR)に関しては解説が行われるが、オリジナルな計測システム設計においては、身の回りに関心を持ち計測したい対象を見出すことが必要となる
2.チームで,課題に対する製作物を考案,設計,製作するので各自の役割を認識して遂行する
3.チーム内での自分の状況を常に考えて行動する必要がある

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 製作準備(1) マイコン(PIC、AVR)の概要を理解と各部品の解説と資料調査ができる
2週 製作準備(2) マイコン(PIC、AVR)の概要を理解と各部品の解説と資料調査ができる
3週 製作準備(3) マイコン(PIC、AVR)の概要を理解と各部品の解説と資料調査ができる
4週 計測制御装置の設計(1) グループ毎にマイコン(PIC、AVR)を用いた計測制御装置の考案と設計ができる
5週 計測制御装置の設計(2) グループ毎にマイコン(PIC、AVR)を用いた計測制御装置の考案と設計ができる
6週 計測制御装置の設計(3) グループ毎にマイコン(PIC、AVR)を用いた計測制御装置の考案と設計ができる
7週 計測制御装置の製作とプログラミング(1) 設計した装置の製作とプログラミングにおいて役割分担された作業ができる
8週 中間試験
4thQ
9週 計測制御装置の製作とプログラミング(2) 設計した装置の製作とプログラミングにおいて役割分担された作業ができる
10週 計測制御装置の製作とプログラミング(3) 設計した装置の製作とプログラミングにおいて役割分担された作業ができる
11週 計測動作実験(1) 製作課題の動作実験,データ整理,考察,レポート作成において役割分担された作業ができる
12週 計測動作実験(2) 製作課題の動作実験,データ整理,考察,レポート作成において役割分担された作業ができる
13週 計測動作実験(3) 製作課題の動作実験,データ整理,考察,レポート作成において役割分担された作業ができる
14週 課題発表準備(1) 製作課題の発表準備,プレゼンテーションの資料作成において役割分担された作業ができる
15週 課題発表準備(2) 製作課題の発表準備,プレゼンテーションの資料作成において役割分担された作業ができる
16週 課題発表会 課題発表ができる

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
専門的能力分野別の工学実験・実習能力機械系分野【実験・実習能力】機械系【実験実習】実験・実習の目標と心構えを理解し、実践できる。3
災害防止と安全確保のためにすべきことを理解し、実践できる。3
レポートの作成の仕方を理解し、実践できる。3
加工学実験、機械力学実験、材料学実験、材料力学実験、熱力学実験、流体力学実験、制御工学実験などを行い、実験の準備、実験装置の操作、実験結果の整理と考察ができる。3
実験の内容をレポートにまとめることができ、口頭でも説明できる。3

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオレポートその他合計
総合評価割合020000800100
基礎的能力00000000
専門的能力020 000800100
分野横断的能力00000000