国語ⅡA

科目基礎情報

学校 木更津工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 国語ⅡA
科目番号 0027 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 井口時男ほか『現代文B』(教育出版、2018年)、『ことばを広げる新漢字ノート』(浜島書店)
担当教員 田嶋 彩香

目的・到達目標

1.話し手の言葉を聴き取り理解することができる(聴く力)。
2.授業で扱う様々な文章を読解することができる(読む力)。
3.自分の思いや考えを表現することができる(書く力)。
4.常用漢字をほぼ読み書きできる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1話し手の言葉を正確に聴き取り、かつ真意を推し量り、対応することができる。話し手の言葉を正確に聴き取り理解することができる。話し手の言葉を正確に聴き取り理解することができない。
評価項目2常用漢字を含め、授業で扱う様々な文章を正確に読解し、かつ鑑賞することができる。常用漢字を含め、授業で扱う様々な文章を正確に読解することができる。常用漢字を含め、授業で扱う様々な文章を正確に読解することができない。
評価項目3常用漢字を使い、自分の思いや考えを的確に、かつ独創的に表現することができる。常用漢字を使い、自分の思いや考えを的確に表現することができる。常用漢字を使い、自分の思いや考えを的確に表現することができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
国語Ⅱでは、特に「読む」「書く」等の基礎学力の向上を重視する。また古典的な文章を通じ、広く日本の文化や伝統に触れ、基礎的な知識を身につけると同時に豊かな人間性を養うべく、幅広い視点から教養を深めることを目標とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
①授業は基本的に教科書に沿って講義形式で行う。
②講義は集中して聴き、ノートを取るのは当然である。それに加えて、自分の意見やアイディアを記録する癖をつけること。
③毎週1回程度、漢字テキストからプリント形式で小テストを行うので、自学自習を進めておくこと。
④指示された課題は、目的を理解し、丁寧に取り組むこと。
注意点:
自ら疑問点を出し、積極的に質問して授業の中で解決していくという態度が大切である。そのためにも予習として前もって作品を読み、わからない語句等を辞書で調べてくることが望ましい。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス テキストの使い方、漢字学習の取り組み方と注意点、提出物に関する諸注意を理解する。
2週 ①評論(1)姜尚中等を読解する。 主張の背景にある思想を学ぶ。
3週 ②評論(1)姜尚中等を読解する。 評論の論理展開を正確に読み取る。
4週 ①表現 言葉を吟味して短歌を創作しながら批評する。 短歌の表現技巧を振り返り、自らの創作を踏まえて互いに批評しあう方法を学ぶ。
5週 ①小説(1)中島敦を読解する。 小説に込められた作家独自の表現技巧と方法を学ぶ。
6週 ②小説(1)中島敦を読解する。 時代背景や思想を読み取る。
7週 言語活動 文学的文章を読んで話し合う。 文学的文章を読み、話し合うことで理解を深める。
8週 前期中間試験 今までの授業内容をふまえて、設問に対して正しく解答する。
2ndQ
9週 試験の解答と解説 試験問題を見直し、正しい答えの導き方を確認する。
10週 ②評論(2)内田樹等を読解する。 評論の論理展開を学び、筆者の意見を正確に読み取る。
11週 ②評論(2)内田樹等を読解する。 筆者の主張の背景にある言語観や思想を学ぶ。
12週 ①詩歌(1)萩原朔太郎等を読解する。 詩人特有の表現技巧を知る。
13週 ①詩歌(1)萩原朔太郎等を読解する。 時代背景や思想を読み取り、作品を鑑賞する。
14週 言語活動 文章を読んで意見文を書く。 文章を読んで自分の意見をまとめ、グループで議論する方法を学ぶ。
15週 前期期末試験 今までの授業内容をふまえて、設問に対して正しく解答する。
16週 試験の解答と解説 試験問題を見直し、正しい答えの導き方を確認する。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合80000020100
基礎的能力80000020100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000