電子回路Ⅰ(前期)

科目基礎情報

学校 木更津工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 電子回路Ⅰ(前期)
科目番号 0070 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 電子制御工学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 岩田 聡編『新インターユニバーシティ 電子回路』オーム社、2008年、2300円(+税)
担当教員 臼井 邦人

到達目標

電子回路の基礎分野としてダイオード、トランジスタなどの半導体素子、信号等価回路、基本増幅回路などについて学び、計算や説明をすることができることを目標とする。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1・ ダイオード、バイポーラトランジスタ、FETについてその動作と特性を理解し、計算ができる。・ ダイオード、バイポーラトランジスタ、FETについてその動作と特性を理解できる。・ ダイオード、バイポーラトランジスタ、FETについてその動作と特性を理解できない。
評価項目2・ 信号等価回路の原理を理解し回路の計算ができる。・ 信号等価回路の原理を理解できる。・ 信号等価回路の原理を理解できない。
評価項目3・ 基本増幅回路の原理を理解し回路の計算ができる。・ 基本増幅回路の原理を理解できる。・ 基本増幅回路の原理を理解できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
電子回路の基礎分野としてダイオード、トランジスタなどの半導体素子、信号等価回路、基本増幅回路などについて学ぶ.
授業の進め方と授業内容・方法:
基本的に教科書に沿って講義を進めるが、教科書で不十分な項目についてはプリントを配布し補足する.
講義を行うと共に演習課題を課し、レポートとして提出させる.
授業90分に対して教科書、配布プリントなどを活用して180分以上の予習、復習を行うこととする.
注意点:

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 ・ 半導体素子 ・ ダイオードの動作と特性
2週 ・ 半導体素子 ・ バイポーラトランジスタの動作と特性
3週 ・ 半導体素子 ・ FETの動作と特性
4週 ・ 信号等価回路(1) ・ 低周波等価回路
5週 ・ 信号等価回路(1) ・ 高周波等価回路
6週 ・ 信号等価回路(1) ・ T型等価回路とhパラメータ(1)
7週 演習 ・ 前期1〜6週の内容の復習
8週 前期中間試験 ・ 前期中間試験までの学習内容
9週 ・ 信号等価回路(2) ・ T型等価回路とhパラメータ(2)
10週 ・ 信号等価回路(2) ・ T型等価回路とhパラメータ(2)
11週 ・ 基本増幅回路(1) ・ バイアス回路
12週 ・ 基本増幅回路(1) ・ バイアス回路
13週 ・ 基本増幅回路(1) ・ 基本増幅回路のバイアス設計
14週 ・ 基本増幅回路(1) ・ 基本増幅回路のバイアス設計
15週 演習 ・ 前期9〜14週の内容の復習
16週 前期定期試験 ・ 前期中間試験以降の学習内容

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオレポート合計
総合評価割合80000020100
基礎的能力0000000
専門的能力80000020100
分野横断的能力0000000