電子計算機Ⅱ(前期)

科目基礎情報

学校 木更津工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 電子計算機Ⅱ(前期)
科目番号 0072 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 電子制御工学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 川口拓之ら著,Linuxコマンドブック ビギナーズ第4版,ソフトバンククリエイティブ出版,2015年,1900円(+税)
担当教員 大橋 太郎

到達目標

UNIX システムの歴史と概念を理解し、ファイルの作成や表示、移動などの基本的な操作を実行できる。
UNIX システムにおけるプロセスやシェル、標準入出力の概念を理解し、ジョブ制御、リダイレクトやパイプの機能を適切に利用できる。
データ処理のためにインタープリタ言語のスクリプトおよびシェルスクリプトを記述し実行できる。
ウィンドウシステムとネットワークの基礎的事項を理解し、それらを用いるプログラムを利用できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1UNIX システムの歴史と概念を理解し、ファイルの作成や表示、移動などの基本的な操作を実行できる。UNIX システムの歴史と概念、ファイルの作成や表示、移動などの基本的な操作を参考書を見ながら実行できる。UNIX システムの歴史と概念をや、ファイルの作成や表示、移動などの基本的な操作を実行できない。
評価項目2UNIX システムにおけるプロセスやシェル、標準入出力の概念を理解し、ジョブ制御、リダイレクトやパイプの機能を適切に利用できる。UNIX システムにおけるプロセスやシェル、標準入出力の概念や、ジョブ制御、リダイレクトやパイプの機能を参考書を見ながら説明できる。UNIX システムにおけるプロセスやシェル、標準入出力の概念を理解し、ジョブ制御、リダイレクトやパイプの機能を適切に利用できない。
評価項目3データ処理のためにインタープリタ言語のスクリプトおよびシェルスクリプトを記述し実行できる。データ処理のためにインタープリタ言語のスクリプトおよびシェルスクリプトを参考書を見ながら実行できる。データ処理のためにインタープリタ言語のスクリプトおよびシェルスクリプトを記述できない。
評価項目4ウィンドウシステムとネットワークの基礎的事項を理解し、それらを用いるプログラムを利用できる。ウィンドウシステムとネットワークの基礎的事項を理解し、それらを用いるプログラムを参考書を見ながらできる。ウィンドウシステムとネットワークの基礎的事項を理解し、それらを用いるプログラムを記述できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
この授業ではUNIXのオペレーティングシステムについて実践的に学習するものである。UNIXの歴史、背景を学習し、それほど多くないコマンドを理解し、コマンド入力で目的の操作が達成できるようにする授業である。
基礎を理解し、使い方を理解してしまえば、容易にわかる内容である。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業90分に対して教科書でそれぞれ45分以上の予習、復習を行うこと。
ライブCD、ライブDVD、VNWareやVitual PCなど仮想マシン実行環境を効果的に利用して自学自習の学習環境を整えること。
この科目は学修単位科目のため、事前・事後学習として、講義内容に適したテキストを配布すると共に、理解度を確認するためのレポート課題を実施する。
注意点:
近年の計算機環境では、グラフィカルなユーザインタフェースが一般的である。一方この授業では、長い歴史を有し、強力なデータ処理能力を発揮できるコマンド行インターフェースを主に用いる。前者に比べ後者では、論理的な思考に基づく計算機の動作原理の理解が必要とされる。 このような理解は、講義内容の復習や演習内容の反復により深まるものである。関連する書籍や雑誌、ウェブサイトを参照し、重要事項を確実に理解することを心掛けて欲しい。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 ガイダンス 授業全体の概要、演習用システムの使用法について理解する。
2週 UNIXの歴史とOSの種類 UNIXの歴史について学習し、使用しているOSのほかに、どのような種類があるのか説明できる。
3週 コマンド行インターフェースの基礎1 タッチタイピングがすらすらでき、nanoエディタを使い文章が簡単に書けることができる。
4週 コマンド行インターフェースの基礎2 ファイル・ディレクトリの作成や削除に用いる基本的なコマンドがわかる。
5週 コマンド行インターフェースの基礎3 絶対パスや相対パスやファイルの操作に関するコマンドがわかる。
6週 コマンド行インターフェースの基礎4 リダイレクション、ファイルのトリミング、ジョブ、プロセスに関するコマンドがわかる。
7週 コマンド行インターフェースの基礎5 ワイルドカードやパイプなどに関するコマンドがわかる。
8週 前期中間試験
9週 コマンド行インターフェースの基礎6 検索や置換のコマンドがわかる。
10週 コマンド行インターフェースの基礎7 並び替えやフィルタのコマンドがわかる。
11週 コマンド行インターフェースの基礎8 シェルに関するコマンドがわかる。
12週 コマンド行インターフェースの基礎9 シェルスクリプトの記述の方法がわかる。
13週 コマンド行インターフェースの基礎10 目的に応じた処理をシェルスクリプトを記述し、実行ができる。
14週 コマンド行インターフェースの基礎11 awkやsedなど、インタープリタ型言語がつかえるようになる。
15週 前期期末試験
16週 コマンド行インターフェースの基礎12 管理者と一般ユーザの違いについて説明ができる。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合60000400100
基礎的能力0000000
専門的能力60000400100
分野横断的能力0000000