中国語Ⅰ

科目基礎情報

学校 木更津工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 中国語Ⅰ
科目番号 0082 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 電子制御工学科 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 『会話で学ぼう 基礎中国語』(白帝社) 2520円
担当教員 武長 玄次郎,儲 暁菲,安 平

到達目標

1.基礎の発音・声調を正しくマスターする。
2.自力で正しく発音できる力を身につける。
3.簡単な日常の挨拶ができる。
4.自力で簡単な日常会話ができる力を身につける
5.簡単な文章を作ったり、自己意思を表明したりできる
6.中国語入門知識や文法事項を把握できる。
4.テーマに沿ったまとまりのある、論理的な文章が書ける。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1簡体字(基礎単語200程度)を正確に書くことができる。簡体字(基本単語150程度)をおおむね書くことができる。簡体字を正しく書けない。
評価項目2ピンインの読みと綴りが正確にできる。ピンインの読みと綴りがおおむねできる。ピンインの読みと綴りができない。
評価項目3単文の基本文型を理解し、簡単な日常挨拶が正確にできる。単文の基本文型を理解し、簡単な日常挨拶がおおむねできる。単文の基本文型を理解し、簡単な日常挨拶ができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
中国語の発音と、使用頻度の高い入門レベルの語彙を学ぶ。入門レベルの中国語文法のエッセンスが理解でき、活用できることを目標とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
①授業は基本的に教科書に沿って講義形式で行い、1課4~6時間の割合とする。
②講義は集中して聴き、ノートを取るのは当然である。それに加えて、メモを取るくせをつけること。
③レッスン中たくさんの音読練習を行う。そのため、自学自習を進めておくこと。
④指示された課題は、目的を理解し、丁寧に取り組むこと。
注意点:
自ら疑問点を出し、積極的に質問して授業の中で活躍していくという態度が大切である。そのためにも予習として前もって本文を読み、わからない単語等を辞書で調べてくることが望ましい。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 第一課 発音入門(1) 発音・声調を正しくマスターする。
2週 第一課 発音入門(1) 発音・声調を正しくマスターする。
3週 第二課 発音入門(2) 発音・声調を正しくマスターする。
4週 第ニ課 発音入門(2) 発音・声調を正しくマスターする。
5週 第三課 発音入門(3) 鼻音と声調変化を正しくマスターする。
6週 第三課 発音入門(3) 鼻音と声調変化を正しくマスターする。
7週 第四課 初次見面 中国語で自己紹介できる。
8週 第四課 初次見面 中国語で自己紹介できる。
9週 前期中間試験 今までの授業内容をふまえて、設問に対して正しく解答する。
10週 試験の解答と解説 試験問題を見直し、正しい答えの導き方を確認する。
11週 第五課 我們学校很大 中国語で自分の学校を紹介できる。
12週 第五課 我們学校很大 中国語で自分の学校を紹介できる。
13週 第六課 你家有几口人? 中国語で家族を紹介する。
14週 第六課 你家有几口人? 中国語で家族を紹介する。
15週 前期期末試験 今までの授業内容をふまえて、設問に対して正しく解答する。
16週 試験の解答と解説
試験問題を見直し、正しい答えの導き方を確認する。
後期
1週 第七課 宿舎在哪几? 中国語で場所を尋ねられる。
2週 第七課 宿舎在哪几? 中国語で場所を尋ねられる。
3週 第七課 宿舎在哪几? 中国語で場所を尋ねられる。
4週 第八課 今点几月几号?
中国語で日期を表現できる。
5週 第八課 今点几月几号?

中国語で日期を表現できる。
6週 第八課 今点几月几号?
中国語で日期を表現できる。
7週 第八課 今点几月几号?
中国語で日期を表現できる。
8週 後期中間試験 今までの試験内容をふまえて、設問に対して正しく解答する。
9週 試験の解答と解説 試験問題を見直し、正しい答えの導き方を確認する。
10週 第九課 暑假你打算干什公? 中国語で試験や予定などを表現できる。
11週 第九課 暑假你打算干什公? 中国語で試験や予定などを表現できる。
12週 第十課 告訴你一你个好个消息? 中国語で現在進行やニ重目的語をとる表現を把握できる。
13週 第十課 告訴你一你个好个消息? 中国語で現在進行やニ重目的語をとる表現を把握できる。
14週 第十課 告訴你一你个好个消息? 中国語で現在進行やニ重目的語をとる表現を把握できる。
15週 後期期末試験 今までの授業をふまえ、設問に対して正しく解答する。
16週 試験の解答と解説・年間の授業の間総括 試験問題を見直し、正しい解答の導き方を見直す。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合10000000100
基礎的能力10000000100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000