現代社会A

科目基礎情報

学校 木更津工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 現代社会A
科目番号 0082 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 3
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 『高等学校 新現代社会』帝国書院
担当教員 小谷 俊博

到達目標

現代社会を構成するさまざまな制度を理解し、さまざまな情報から、より信頼できる情報を取捨選択できる力を養う。また、技術者という視点から現代社会を捉え、特に技術者に要請される倫理的問題への適切な取り組み方が判別できるよう、技術者倫理の入門レベルの知識の習得も目指す。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安(優)標準的な到達レベルの目安(良)未到達レベルの目安(不可)
評価項目1技術者の社会的使命について説明できる技術者の社会的使命を認識できる技術者の社会的使命を認識できない
評価項目2技術がもたらす利益と損害について説明できる技術がもたらす利益と損害について認識できる技術がもたらす利益と損害について認識できない
評価項目3憲法や法の役割、平等や権利の意義を説明できる憲法や法の役割、平等や権利の意義を理解できる憲法や法の役割、平等や権利の意義を認識できない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
技術者倫理の諸問題を理解すること、そして社会がどのようなものであるべきかについての多様な考えを理解することを目指す。
授業の進め方と授業内容・方法:
講義形式で行うが、授業内で自らの意見を書く作業が毎回必ず用意される。
注意点:
授業内での作業を真剣に行い、問題の理解に努めること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 オリエンテーション・社会とは何か 授業の方針・目的について理解する
2週 技術者倫理1 製造物責任等を例に、技術者の社会的責任、プロフェッショナルとしてのあり方を理解する
3週 技術者倫理2 個人情報、著作権、知的財産権について理解する
4週 技術者倫理3 環境問題について持続可能性を中心に問題を理解する
5週 技術者倫理4 グローバル化の課題として生じた技術移転や公害輸出の問題等を理解する
6週 技術者倫理5 諸国の文化を理解する重要性について理解する
7週 技術者倫理6 内部告発、ハラスメント等の企業内での倫理問題について理解する
8週 中間試験
9週 民主社会の原理と日本国憲法① 近代立憲主義、日本国憲法に関する基本的な知識を習得する。
10週 民主社会の原理と日本国憲法② 法についての基本的な考え方を習得する。
11週 民主社会の原理と日本国憲法③ 平等権についての基本的な知識を習得する。
12週 民主社会の原理と日本国憲法④ 自由権についての基本的な知識を習得する。
13週 民主社会の原理と日本国憲法⑤ 人権についての基本的な知識を習得する。
14週 差別 映像作品を通して差別の問題を考える。
15週 期末試験
16週 現代という時代 映像作品を通して現代という時代について考える。

評価割合

レポート発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合10000000100
基礎的能力10000000100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000