情報工学(後期)

科目基礎情報

学校 木更津工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 情報工学(後期)
科目番号 0091 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 1
教科書/教材 山口和紀編『情報』第2版 東京大学出版会、2017年、1900円(+税)  情報セキュリティ人材育成事業により開発された教材を補助教材として使用する。
担当教員 臼井 邦人

目的・到達目標

・ 計算モデルについて理解できる
・ データモデルについて理解できる
・ コンピュータの仕組みについて理解できる
・ ユーザインターフェースについて理解できる
・ 情報技術と社会との関係について理解できる
・ 情報セキュリティーについて理解できる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1・ 計算モデルについて大変理解できる ・ データモデルについて大変理解できる ・ コンピュータの仕組みについて大変理解できる ・ 計算モデルについて理解できる ・ データモデルについて理解できる ・ コンピュータの仕組みについて理解できる ・ 計算モデルについて理解できない ・ データモデルについて理解できない ・ コンピュータの仕組みについて理解できない
評価項目2・ ユーザインターフェースについて大変理解できる ・ 情報技術と社会との関係について大変理解できる ・ 情報セキュリティーについて大変理解できる ・ ユーザインターフェースについて理解できる ・ 情報技術と社会との関係について理解できる ・ 情報セキュリティーについて理解できる ・ ユーザインターフェースについて理解できない ・ 情報技術と社会との関係について理解できない ・ 情報セキュリティーについて理解できない
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
計算モデル、データモデル、コンピュータの仕組み、 ユーザインターフェース、 情報技術と社会との関係、情報セキュリティーについて学ぶ
授業の進め方と授業内容・方法:
基本的に教科書に沿って講義を進めるが、項目によってはプログラミングやシミュレーションなどの演習を行う。
講義を行うと共に演習課題を課し、レポートとして提出させる.
授業90分に対して教科書、配布プリントなどを活用して180分以上の予習、復習をおこなうこと
注意点:

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 ・計算の理論 ・計算のモデル化
2週 ・計算の理論 ・計算のモデル化
3週 ・データの扱い ・データモデル
4週 ・データの扱い ・データモデル
5週 ・コンピュータの仕組み ・コンピュータの基本構成
6週 ・コンピュータの仕組み ・ハードウェア構成
7週 ・コンピュータの仕組み ・ハードウェア構成
8週 ・後期中間試験 ・前期定期試験以降の学習内容
4thQ
9週 ・コンピュータの仕組み ・オペレーティングシステム
10週 ・ユーザインターフェース ・ユーザインターフェースの定義と事例紹介
11週 ・ユーザインターフェース ・ユーザインターフェースの定義と事例紹介
12週 ・ユーザインターフェース ・ユーザインターフェースの定義と事例紹介
13週 ・情報技術と社会 ・情報技術と社会との関係における問題点と事例紹介
14週 ・情報技術と社会 ・情報技術と社会との関係における問題点と事例紹介
15週 ・情報技術と社会 ・情報セキュリティー
16週

評価割合

試験発表相互評価態度レポートその他合計
総合評価割合80000200100
基礎的能力0000000
専門的能力80000200100
分野横断的能力0000000