ドイツ語演習Ⅱ

科目基礎情報

学校 木更津工業高等専門学校 開講年度 平成28年度 (2016年度)
授業科目 ドイツ語演習Ⅱ
科目番号 0004 科目区分 一般 / 選択
授業形態 演習 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 制御・情報システム工学専攻 対象学年 専1
開設期 後期 週時間数 1
教科書/教材 Schritte plus 3 Kursbuch + Arbeitsbuch, Hueber Verlag, 2010.
担当教員 柴田 育子

到達目標

ドイツ語の読解力の向上(独検2級、およびCEFR B1レベルの読解力の習得)
ドイツ語の聞き取りの力の向上(独検2級、およびCEFR B1レベルの聞き取り力の習得)
ドイツ語の筆記力の向上(独検2級、およびCEFR B12レベルの筆記力の習得)会話力の向上
ドイツ語会話力の向上(独検2級、およびCEFR B1レベルの会話力の習得)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安あと一歩(可)もっと努力(不可)
評価項目1ドイツ語の中級レベルの文法事項を習得している。(独検2級レベル)ドイツ語の中級レベルの文法事項をほぼ習得している。(独検2級レベル)ドイツ語の中級レベルの文法事項をだいたい習得している。(独検2級レベル)ドイツ語の中級レベルの文法事項を習得していない。(独検2級レベル)
評価項目2ドイツ語発音の規則にしたがい、イントネーションに配慮してよどみなくドイツ語を読むことができる。ドイツ語発音の規則から多少逸脱することもあるが、イントネーションに配慮してドイツ語を読むことができる。ドイツ語発音の規則から多少逸脱することもあるが、内容理解を妨げないレベルでドイツ語を読むことができる。ドイツ語発音の規則からの逸脱が著しく、発しているドイツ語を聞き手が理解できない。
評価項目3ドイツ語でGER:B1(中級)レベルの会話表現ができる。ドイツ語でGER:B1(中級)レベルの会話表現がほぼできる。ドイツ語でGER:B1(中級)レベルの会話表現がだいたいできる。ドイツ語でGER:B1(中級)レベルの会話表現がほとんどできない。
評価項目4ドイツ語でGER:B1(中級)レベルの単語を習得している。ドイツ語でGER:B1(中級)レベルの単語をほぼ習得している。ドイツ語でGER:B1(中級)レベルの単語をだいたい習得している。ドイツ語でGER:B1(中級)レベルの単語をほとんど習得していない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
欧州言語共通参照枠A2+に対応したテキストSchritte. plus.com 3 を使い、ドイツ語の読解力、聴解力、筆記力、会話力の更なる向上を目指す。ドイツ語検定2級・欧州言語共通参照枠B1合格が可能となる総合的なドイツ語を身につける。本授業では、Generativ Schreiben(ジェネレイティブライティング):ドイツ語演習Ⅰのクリエイティブライティングから更にレベルアップして、ジェネレイティブなドイツ語表現ができるようになる。自らでテーマを決め、そのテーマについて、高度なドイツ語で記事を執筆できるようになる。特に論理的な構成力を持った、書き言葉としてのドイツ語表現ができるようになる。本授業の最後には、受講者が自ら決めたテーマに沿って800語程度のドイツ語作文を提出する。
授業の進め方と授業内容・方法:
4名のグループを作り、演習形式で授業を進める。授業内で提示された課題を、1)個人、2)ペア、3)グループで解いていく。
ドイツ語の聴解力を高めるため、Deutsche Welleのtelenovla,Jojo sucht das Glück(1話5分程度)を毎回視聴する(ドイツ語Ⅲからの継続視聴)。
ドイツ語の会話力を高めるため、年4回の口頭試験を実施する。
ドイツ社会と文化をより良く理解するため、年間4回程度、ドイツ人講師を招いてProjektunterrichtを実施する。
注意点:
ドイツ語Ⅱ・Ⅲからの継続受講を基本とする。ドイツ語Ⅱ・Ⅲで習得した中級レベルのドイツ語の文法事項、CEFR A2レベルの語彙力を習得しているこが必要である。
独検2級、およびGER:B1の学習内容レベルの授業を行う。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 Lektion 4 Arbeitswelt 定冠詞類・所有冠詞類の活用について理解し、実際に文章を作って表現することができる。
2週 Lektion 4 Arbeitswelt 職場をテーマとしたリスニング問題にチャレンジする。ドイツ語の聴き取り力を向上させる。
3週 Lektion 5 Sport und Fitness Sportに関する語彙を増やす(目標50語)。
4週 Lektion 5 Sport und Fitness Sportに関する資料やデータをドイツ語で読むことができる。
5週 Lektion 5 Sport und Fitness 動詞+前置詞のFeste Verbindungenのストックを増やす(目標30語)。
6週 Lektion 5 Sport und Fitness 長文"Frau Özer bleibt am Ball" を読み、自分の意見を述べる。相手の意見に対してコメントする。
7週 Lektion 6 Schule und Ausbildung Schule(学校)やAusbildung(職業教育)に関する語彙を増やす(目標50語)。ドイツの学校教育・職業教育のシステムについて理解する。
8週 Lektion 6 Schule und Ausbildung 助動詞の過去形の活用の復習、dassを使った副文の復習。ドイツ語の語順の特性について考える。
9週 Lektion 6 Schule und Ausbildung ドイツの教育システムとAusbildungについての文章を読み、ドイツの教育制度・職業教育について考え、自分の意見を述べる。
10週 Lektion 6 Schule und Ausbildung 長文"Fürs Leben lernen"を読み、自分の意見を述べる。ドイツ語で意見を述べる慣用句について学び、実際にそれを使ってみる。
11週 Lektion 7 Feste und Geschenke Feste(祝い事)やGeschenke(プレゼント)に関する語彙を増やす(目標50語)。ドイツのFesteの習慣について学ぶ。
12週 Lektion 7 Feste und Geschenke ドイツの祝日や休暇について学ぶ。日本との違いについてドイツ語の文章で表現する。(ドイツ語筆記力の向上)
13週 Lektion 7 Feste und Geschenke 3格を使った文章表現についてのストックを増やす(目標20語)。3格を取る動詞について学ぶ。
14週 Lektion 7 Feste und Geschenke ドイツのHochzeit(結婚式)についての文章を読み、日本との習慣の違いについて考え、ドイツ語の文章で表現する。(ドイツ語筆記力の向上)
15週 Lektion 7 Feste und Geschenke "Ein Fest und seine Gäste"と題するリスニング問題を解く。ドイツ語の聴き取り力を向上させる。
16週 期末試験 これまでに学習した内容の到達度を確認する。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合602000200100
基礎的能力602000200100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000