英語総合

科目基礎情報

学校 木更津工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 英語総合
科目番号 0009 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 環境建設工学専攻 対象学年 専1
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 ・ 『Fundamenral Scienecr in English I 理工系学生のための基礎英語 I』 成美堂・ 『COCET2600 理工系学生のための必修英単語2600』 成美堂
担当教員 瀬川 直美

到達目標

・実用英検準2級以上合格またはTOEIC400点以上の英語力があることを前提に、実用英検2級以上合格またはTOEIC500点以上を獲得可能となる総合的な英語力を身につける。
・語彙集『COCET2600』により、理工系英語の基礎力を固める。定期的に小テストを実施する。
・英語で書かれた英文を理解し、それに基づいた自分自身の考えを文章でまとめるとともに、口頭でわかりやすく発表できることを目指す。
・ペアやグループでディスカッションを行う活動も取り入れ、英語によるコミュニケーション能力を養う。
・最終的にh、あ前期終了時には、グループでの議論を全体に発表し、英文読解に基づいた議論を行うことを目指す。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
英文読解に基づいた理解英文を読解し、その内容をほとんど理解することができる。英文を読解し、いくつかわからないところがあるものの、内容を理解することができる英文を読むが、多くの部分の内容を理解できない
英文読解に基づいた課題や発表英文読解に基づき、自分の考えをまとめ、深い議論を行うことができる英文読解に基づき、自分の考えまとめ、発表をすることができる英文読解に基づいた発表が不十分である

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
本授業では、工学に限らない専門的な内容の英文を読解し、その理解に基づいた議論を行えるようをトレーニングする。授業形式は講義ではなく演習である。専攻科入学時の英語力を履修者が身に着けていることを前提とし、英文読解課題を提示し、履修者が各自事前に読解を行う。授業では英文読解の内容に基づき、ペアやグループで議論を行う。複数のペア、グループでの議論を通して、自らの疑問は考えを発すること身に着ける。ペア、グループでの議論を土台に、全体での議論に結び付けられる発表を行う。
授業の進め方・方法:
本授業では、事前に指定する英文の読解を、授業前に行ってくることが前提となる。この前提なしには授業への参加は認められない。授業中には自ら積極的に疑問や考えを発し、履修者同士が議論・発表を行うことが求められる。
注意点:
使用するテキストの英文を授業前に予習してこない場合、授業評価の「授業への参加」が認められない。授業中には、積極的に議論を行うことが求められ、積極的に発言する履修者は「授業中の態度」をすすんで評価を行う。

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ・ガイダンス
・基礎英語力診断テスト
・講義についての概要を理解する。
・自分の現在の基礎英語力を知る。
2週 ・Lesson 1 Numbers and Calculations Part 1, 2
・COCET2600: 2001-2050
加算・減算を正しく表現できる。How many~、How muchを正確につかうことができる。
3週 ・Lesson 1 Numbers and Calculations Part 3, 4
・COCET2600: 2051-2100
・乗算・除算を英語で正しく表現できる。To不定詞の様々な用法を活用・運用することができる。
・COCET2600を使って、語彙力を養成する。
4週 ・Lesson 2 Figures Part 1, 2
・単語テスト: COCET2600 (2051-2100)
・ 様々な図形を英語で表現できる。関係代名詞の制限用法を活用することができる。
・ so that S+Vを活用することができる。
・語彙の定着を測定する。
5週 ・Lesson 2 Figures Part 3, 4
・COCET2600: 2101-2150
・関係代名詞の非制限用法を活用することができる。
・ not A but Bを活用することができる。
・COCET2600を使って、語彙力を養成する。
6週 ・Lesson 2 Part 5
・Leson 3 Part 1
・COCET2600: 2151-2200
・ 結果を表すto不定詞を運用することができる。
・COCET2600を使って、語彙力を養成する。
7週 ・Lesson 3 Part 2, 3
・単語テスト: COCET2600 (2101-2200)
・前置詞+関係代名詞、様々な比較表現を活用・運用することができる。
・語彙の定着を測定する。
8週 ・Review Test
・Presentation (1)
・これまでに学習した内容の理解度を図る。
・準備してきたプレゼンを英語で発表する。
2ndQ
9週 ・Lesson 4 Part 1, 2
・COCET2600: 2251-2300
・ 関係副詞を正確に使うことができる。
・ 受動態の文の書き方を確認する。
・ COCET2600を使って、語彙力を養成する。
10週 ・Lesson 4 Part 3
・Presentaion (2)
・単語テスト: COCET2600 (2201-2300)
・乗数と平方根を正確に表現できる。
・語彙の定着を測定する。
・準備してきたプレゼンを英語で発表する。
11週 ・Lesson 5 Part 1, 2
・COCET2600: 2301-2350
・部分否定、不定代名詞のoneを正しく使うことができる。
・ 関係副詞の非制限用法を活用できる。
・COCET2600を使って、語彙力を養成する。
12週 ・Lesson 5 Part 3, 4
・COCET2600: 2351-2400
・ 句動詞、動名詞、進行形の受動態を正しく書くことができる。
・ COCET2600を使って、語彙力を養成する。
13週 ・Lesson 6 Part 1, 2
・単語テスト: COCET2600 (2301-2400)
・ 現在完了形を活用できる。
・ make+O+形容詞・名詞を運用できる。
・ 語彙の定着を測定する。
14週 ・Lesson 6 Part 3, 4
・Presentation (3)
・allow+O+to~を運用できる。
・準備してきたプレゼンを英語で発表する。
・COCET2600を使って語彙力を養成する。
15週 Review Test ・これまでに学習した内容の理解度を図る。
・語彙の定着を測定する。
16週

評価割合

試験(単語テストも含む)課題積極的な授業への参加発表合計
総合評価割合60201010100
基礎的能力60201010100