国語総合III

科目基礎情報

学校 東京工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 国語総合III
科目番号 0036 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 『現代文B改訂版』上巻(大修館書店)/『セレクト漢字検定 5級―2級 確認と演習』(桐原書店)
担当教員 古明地 樹,青野 順也

目的・到達目標

1.筆者の主張と例とを峻別し,要約文を作成することができる。
2.登場人物の心情について,根拠を示したうえで説明できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安最低限の到達レベルの目安(可)未到達レベルの目安
評価項目1筆者の主張を的確にとらえたうえで全文を要約できる。筆者の主張の大概をとらえたうえで全文の要約を作成できる。筆者の主張の大概をとらえることができる。筆者の主張がわからず,全文の要約を作成できない。
評価項目2登場人物の心情がどのようなものか,根拠を示したうえで説明することができる。登場人物の心情について,その大概を説明することができる。登場人物の心情が描かれた箇所を的確に指摘することができる。登場人物の心情をまったく説明できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
我が国の近現代を代表する評論や小説の読解と鑑賞とをとおして,日本語表現の豊かさを味わい,論理的な思考法や多角的なものの見方を身につけていってもらいたい。
授業の進め方と授業内容・方法:
主として教科書を用いて講義形式で進めていく。単元によってはプリントを配付するので,事前に問題を解き,授業の時にそれを確認をすること。課題の提出を求めることもあるので,必ず期日までに提出すること。
注意点:
自学自習内容:本文をよどみなく読めるようにし,難解な語句の意味調べを必ずおこなっておくこと。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス
清岡卓行「手の変幻」1
授業の進め方について理解することができる。
構成を理解し、概略をつかむことができる。
2週 清岡卓行「手の変幻」2
筆者の主張に至る論理的な展開を理解し、要約することができる。
3週 中島敦「山月記」1 李徴が虎になるまでの経緯について,心情も含めて説明することができる
4週 中島敦「山月記」2 李徴の気持ちの推移をまとめることができる。
5週 中島敦「山月記」3 「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」とはどのようなものかを理由を説明することができる。
6週 中島敦「山月記」4 李徴が虎になった理由を説明できる。
7週 中島敦「山月記」5 この作品のテーマがどのようなものかを説明することができる。
8週 前期中間試験
ここまでの学習をふまえ,設問に対して的確に答えることができる。
2ndQ
9週 前期中間試験 返却・解説
評論の読解1
前期中間試験の結果を承け,学年末試験に向けての目標を確立することができる。
内容を捉え、論理的な展開を理解することができる。
10週 評論の読解2 筆者の主張を理解し、インターネットについて考えをまとめることができる。
11週 夏目漱石「こころ」1
あらすじを理解することができる。
12週 夏目漱石「こころ」2
「先生」と「K」を中心に、作中人物の関係性を説明することができる。
13週 夏目漱石「こころ」3 「K」の人物像を読み取ることができる。
14週 夏目漱石「こころ」4 「先生」の人物像を読み取ることができる。
15週 夏目漱石「こころ」5 作中人物の心の動きを的確に読み取ることができる。
16週 前期末試験 ここまでの学習をふまえ,設問に対して的確に答えることができる。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオ小テスト合計
総合評価割合80000020100
基礎的能力80000020100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000