機械工学演習Ⅲ

科目基礎情報

学校 東京工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 機械工学演習Ⅲ
科目番号 0104 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義・演習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 3
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 参考書を適宜指示する。
担当教員 小山 幸平,冨沢 哲雄

目的・到達目標

建物内の移動などで活用するための充電池で室内走行ができる小型電気自動車を製作することを想定し、これに使用するギアボックスを設計し、製図により必要な図面を作成することを目標とする。従来の設計・製図の授業の目標である「機械要素における最適な選択方法とその図面化」などを学ぶことに加え、本授業では、設計・製図・製作・評価の流れの中で設計・製図を学習することにより、創造性を高めることを目標とする。また、設計内容などの討論を通して、ディベート力・コミュニュケーション力を高めることを目指す。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1設計法を十分に理解し、設計製図を実践できる。設計法を十分に理解し、設計製図を指導を受けながら実践できる。設計法を十分に最低限理解し、設計製図を実践できる。設計法を十分に理解し、設計製図を実践できない。
評価項目2深く考察され十分に整理されたレポートを書くことができる。よく考察され整理されたレポートを書くことができる。ある程度考察されたレポートを書くことができる。レポートを書くことができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
建物内の移動などで活用するための乾電池で室内走行ができる小型電気自動車を製作することを想定し,これに使用するギアボックスの設計・製図・評価を行う。
授業の進め方と授業内容・方法:
学生ごとに設計条件が与えられ、それに適した設計・製図を行う。最終的に設計書および図面を成果物として提出する。
注意点:
設計中に不明な個所が出てきたら、自学自習により知識を補うこと。提出物の期限を守ること。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 仕様策定および課題に取り組むにあたり必要な知識の習得
仕様を決定する。
2週 仕様策定および課題に取り組むにあたり必要な知識の習得 動力伝達を理解し、段付歯車装置の減速比を決定する。
3週 仕様策定および課題に取り組むにあたり必要な知識の習得 歯車および軸の強度計算を行う。
4週 仕様策定および課題に取り組むにあたり必要な知識の習得 モータ特性を理解する。
5週 設計 手順に沿って作業を進める。
6週 設計 手順に沿って作業を進める。
7週 設計 手順に沿って作業を進める。
8週 設計書のとりまとめ 設計結果をまとめ、仕様を満たしているか確認する。
2ndQ
9週 組立図の製図 設計書に基づき組立図を作成する。
10週 組立図の製図 設計書に基づき組立図を作成する。
11週 組立図の製図 設計書に基づき組立図を作成する。
12週 部品図の製図 各歯車およびその他の部品を製図する。
13週 部品図の製図 各歯車およびその他の部品を製図する。
14週 部品図の製図 各歯車およびその他の部品を製図する。
15週 図面のまとめ 作成した図面をまとめ、仕様を満たしているか確認する。
16週

評価割合

小テスト提出物その他合計
総合評価割合01000100
基礎的能力050050
専門的能力050050