電気回路演習II

科目基礎情報

学校 東京工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 電気回路演習II
科目番号 0034 科目区分 専門 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電気工学科 対象学年 2
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 基礎電気回路ノートⅡ 小関修・光本真一著 電気書院
担当教員 舘泉 雄治,玉田 耕治

目的・到達目標

1.正弦波交流における周波数,最大値,実効値,瞬時値,角速度,角周波数,位相等の意味を理解し電気回路の計算に用いることができる.
2.正弦波交流をベクトルで取り扱うことができる.
3.RLC直列回路やRLC並列回路における電圧と電流の計算を行うことができる.
4.共振回路や電力についての基本的な計算を行うことができる.
5.記号法を用いた交流電圧や交流電流の計算を行うことができる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1周波数,実効値,位相等の意味を理解し,電気回路の計算を行うことができる.周波数,実効値,位相等を電気回路の計算に用いることができる.周波数,実効値,位相等を電気回路の計算に用いることができない.
評価項目2正弦波のベクトル表示の意味を理解し,ベクトル表示を行うことができる.正弦波のベクトル表示を行うことができる.正弦波のベクトル表示を行うことができない.
評価項目3RLC直列回路やRLC並列回路の電圧,電流の計算を行うことができる.基本的なRLC直列回路やRLC並列回路の電圧,電流の計算を行うことができる.基本的なRLC直列回路やRLC並列回路の電圧,電流の計算を行うことができない.
評価項目4共振回路や電力についての意味を理解し,それらの計算を行うことができる.共振回路や電力についての計算を行うことができる.共振回路や電力についての計算を行うことができない.
評価項目5記号法の意味を理解し,記号法を用いた電圧,電流の計算を行うことができる.記号法を用いた電圧,電流の計算を行うことができる.記号法を用いた電圧,電流の計算を行うことができない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
正弦波交流回路における取り扱い方を習得し,電気・電子工学を履修するのに必要な基本的な能力を養う.
授業の進め方と授業内容・方法:
学生が自主的にテキストの演習問題の計算と回答をノートに書き、教員が到達度をチェックする。
注意点:
A4版のノートを用意して、演習問題の計算と回答を整理する。関数電卓を使用する。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 正弦波交流の基礎 正弦波交流を決める周波数,位相,実効値,最大値を理解する.
2週 正弦波交流とベクトル 正弦波をベクトルで表すことを理解する.
3週 直交座標表示と極座標表示の変換 直交座標表示と極座標表示の変換を行うことができる.
4週 交流回路における抵抗,コンデンサ,コイルの性質 交流回路における抵抗,コンデンサ,コイルの各性質を理解する.
5週 交流回路の計算1 交流回路の電圧や電流の計算を行うことができる.
6週 交流回路の計算2 交流回路の電圧や電流の計算を行うことができる.
7週 交流回路の計算3 インピーダンスやアドミタンスの計算ができる,
8週 共振回路 R-L-C直列回路の共振現象について理解する.
4thQ
9週 並列共振 R-L-C並列回路の共振現象について理解する.
10週 交流電力の計算1 交流回路における電力の意味を理解する.
11週 交流電力の計算2 交流回路における電力の計算ができる.
12週 記号法による交流回路の計算1 記号法を用いた交流回路の計算のし方を理解する.
13週 記号法による交流回路の計算2 記号法による交流回路の計算ができる.
14週 記号法による交流回路の計算3 記号法による交流回路の計算ができる.
15週 総まとめ 授業内容全体を振り返り、理解できていな点をなくす.
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオノート提出合計
総合評価割合00000100100
基礎的能力000005050
専門的能力000005050
分野横断的能力0000000