コンピュータ応用

科目基礎情報

学校 東京工業高等専門学校 開講年度 平成28年度 (2016年度)
授業科目 コンピュータ応用
科目番号 0019 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電子工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 図解PICマイコン実習(堀桂太郎 森北出版)、プリント資料集(前期から継続)
担当教員 青木 宏之

目的・到達目標

PICマイコンを用いたものづくりができるようになることである。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1
評価項目2
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
4年前期の「プロジェクト演習」で学んだPICマイコンのハードウェアやソフトウェアに関する知識を土台として、本授業ではそれらを自分で積極的に活用して、PICマイコンを用いたものづくりができるようになることが目標である。本授業では2回のものづくり製作演習を行う。
授業の進め方と授業内容・方法:
必要な知識は前期のプロジェクト演習で学んでいるので本授業は演習中心で進めることになる。
注意点:

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 タイマ処理と割り込み処理
2週 タイマ処理と割り込み処理
3週 PICマイコンものづくり演習
4週 PICマイコンものづくり演習
5週 PICマイコンものづくり演習
6週 PICマイコンものづくり演習
7週 PICマイコンものづくり演習
8週 PICマイコンものづくり演習
4thQ
9週 PICマイコンものづくり演習
10週 PICマイコンものづくり演習
11週 PICマイコンものづくり演習
12週 PICマイコンものづくり演習
13週 PICマイコンものづくり演習
14週 PICマイコンものづくり演習
15週
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合0000000
基礎的能力0000000
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000